資料保存の現場から: 2013年9月アーカイブ

 

school130927.jpg

 

一橋大学では、第33回西洋社会科学古典資料講習会を116日(水)~8日(金)に開催します。913日(金)の申し込み期限を延長し、受講希望者を募集中です。

 

受講料: 6,000

 

全国の図書館員や西洋社会学の研究者などを対象にした講習会です。

内容は、書誌学、古典研究、保存修復、センター見学、図書館見学などです。

 

WEB上で過去の講習会テキストを読むことができます。

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

shuuhukunoosigoto.jpg

 

1993年に始まった東京・谷中地区の活性化のイベント「芸工展」は今年で21回目になります。

日頃あまり交流のない各分野の修復家が交流できる場としてスタートした「修復のお仕事展」は今回で5回目です。入場無料。

 

会期: 20131013日(日)~20日(日)11001700(最終日は1600まで)

会場: 旧平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)邸アトリエ

     110-0002 東京都台東区上野桜木2-20-3

 

参加者:

油絵修復 武田恵理・中右恵理子

建造物保存活用もば建築文化研究所

紙本保存修復 鈴木 香里

染織品修復 山崎真紀子

テンペラ画模写 大場詩野子

東洋書画修復伝世舎

保存修復支援 NPO法人 文化財保存支援機構

保存修復品製造販売㈱パレット

仏像彫刻修復・制作㈱東京文化財センター(柿田喜則)

壁画模写 室伏麻衣

埋蔵文化財修復武蔵野文化財修復研究所(石原道知)

 

以上のほかにもワークショップなども開催されます。

詳細はチラシ(pdf 1066KB)をご覧ください。 

shuuhukunoosigoto.pdf

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

archivist2013.jpg

 

女性史関係者、女性関連施設職員、図書館の実務担当者向けの女性に関わる原資料(女性アーカイブ)の基礎的な保存技術や整理方法の研修会です。期日は12/4(水)~12/6(金)、お申込みの締め切りは11/15(金)です。(文責 神谷)

 

1. 

2013124()126()

「入門」:124()125() 12  ※どちらか1日のみの参加も可能です

「実技コース」:125()126() 12

 

2.募集人員

女性関連施設職員、図書館の実務担当者、女性史関係者など

(機関・団体の図書館/室・資料室等に所属している方を優先します)

 

「入門」:30

「実技コース」:10

※ただし、次のa),b)いずれかの条件を満たす方を対象とします。

応募者多数の場合は、a)の方を優先。

 a)平成25年度(入門)と同時受講が可能

 b)平成21/22年度「女性情報アーキビスト入門講座」または

  平成23/24年度「女性情報アーキビスト養成研修(入門)」を受講済

 

3.日程・内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<124()>

 入門 第1

   受 付                             12301300

(1)開 会                             13001310

   挨 拶        国立女性教育会館理事長                  内海 房子

(2)オリエンテーション                      13101315

(3)女性アーカイブ概論                     13151415

   女性に関わる原資料および組織の役割とその可能性について学びます。

   講 師        立教大学共生社会研究センター学術調査員        平野 泉

(4)アーカイブと著作権                     14251540

   著作権の基礎知識や、デジタルアーカイブ構築時に役立つポイントについて学びます。

   講 師        東京六本木法律特許事務所弁護士         早稲田 祐美子

(5)アーカイブの活用とネットワーク              15501650

    様々な事例から、アーカイブの構築と連携に関して学びます。

   1)国立国会図書館東日本大震災アーカイブ゙「ひなぎく」の紹介

   2)NWEC情報事業および女性アーカイブセンター関連事例(NWEC災害復興支援女性

     アーカイブ゙ほか)の紹介

   講 師        1)国立国会図書館電子情報部               長崎 理絵

                2)国立女性教育会館情報課長               大澤 正男

(6)女性教育情報センター、女性アーカイブセンター見学(希望者のみ)

                                       17001745

 

(7)情報交換会(希望者のみ)                  19152015

   参加者相互の情報交換やネットワークづくりの場を提供します。     

 

<125()>

 入門 第2

(8)アーカイブの実践報告                    9001000

   実践事例から、アーカイブ作成の必要性や制作のプロセスを学びます。

   1)デジタルアーカイブ゙による企業デザイン

   2)女性アーカイブの構築

   講 師        1)株式会社レ・サンク                  坂本 洋代

                2)YWCA総幹事                      平城 智恵子

(9)資料の保存・管理方法(紙資料編)            10101110

   紙資料の保存について、基礎的な知識と具体的な方法を学びます。

   講 師       有限会社紙資料修復工房代表               花谷 敦子

(10)資料の保存・管理方法(フィルム・写真編)       11201220

   フィルム・写真の保存について、基礎的な知識と具体的な方法を学びます。

   講 師       株式会社堀内カラー                       肥田 康

(11)閉 会                            12201225

 

 実技コース 1

   受 付                             13451400

(1)開 会                             14001415

   オリエンテーション                    

(2)アーカイブ展示の手法                    14151700

   デジタルアーカイブ構築の実践事例を紹介します。

   講 師        空間演出コンサルタント                    尼川 ゆら

 

<126()>

 実技コース 第2

(3)紙資料修復の実践(1)                     9001200

   実技を通して紙資料の保存・修復方法の基礎を学びます。

   講 師        国立公文書館業務課修復係               阿久津 智広

  昼休み                              12001300

(4)紙資料修復の実践(2)                    13001500

   午前の実習の続きを行います。

   講 師        国立公文書館業務課修復係               阿久津 智広

(5)閉 会                              15001505

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4. 

独立行政法人 国立女性教育会館

5. 

国立女性教育会館

355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地

(東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12)

6.所要経費 

(1)参加費  「入門」:無料、 「実技コース」:実習材料費等実費

(2)宿泊費  研修期間中は11,000(前・後泊についても11,000円です)

(3)食費  1食あたり 800円程度(カフェテリア方式)

(4)情報交換会費  500

※研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。

 

お申込み詳細は:

http://www.nwec.jp/jp/archive/archivist2013.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

文化庁の要請に基づいて2011330日に結成、活動した東北地方太平洋沖被災文化財等救援事業は、2013331日に終結しました。2年間の活動については、年次報告書および201312月にかけて実施された公開討論会報告書の計3冊にまとめられていますが、東京文化財研究所がPDFでアップしました。

サイトでは、活動した場所を地図上で確認できるようにしたほか、各地での活動の概要を年表形式にもしています。

 

東北地方太平洋沖被災文化財等救援事業の報告:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/rescue_report.html

 

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130919.jpg

 

神戸大学で災害資料フォーラム「阪神・淡路大震災から東日本大震災へ」が開催されます。参加費無料、事前申し込みは不要です。

 

日時: 20131020日(日)13:0017:30

会場: 神戸大学瀧川記念学術交流会館

(兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報告

佐々木和子氏(神戸大学地域連携推進室)

「資料をのこす―阪神・淡路大震災の経験から―」

リズ・マリ氏(人と防災未来センター研究部)

「災害研究とアーカイブ―1906 年サンフランシスコ大地震を事例として―」

吉野高光氏(双葉町教育委員会)・白井哲哉氏(筑波大学図書館情報メディア研究科)

「双葉町役場埼玉支所における東日本大震災関係資料の保全作業について」

柴山明寛氏(東北大学災害科学国際研究所)

「東北大学「みちのく震録伝」の取り組みと宮城県内の震災アーカイブについて」

池田勝彦氏(国立国会図書館)

「国立国会図書館東日本大震災アーカイブの取り組みについて」

 

コメント

塩崎賢明氏(立命館大学政策科学部)

本間宏氏(福島県文化振興財団)

矢田俊文氏(新潟大学人文学部)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201310-kobe-univ/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

network105.jpg 

日本図書館協会の資料保存委員会が発行している冊子「ネットワーク資料保存」の第105号が下記の通り発行されました。今号はアーカイブズ特集です。

 

「ネットワーク資料保存」第105

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

文書館施設ってなんですか(新井浩文)

福岡共同文書館について(小原康弘)

天草アーカイブズの活動紹介(金子久美子)

ASJとアーキビストカフェ(アーキビスト・サポート)

図書館員のためのアーカイブズ入門書(新井浩文)

<参加報告>資料保存セミナー 

「水に濡れた塗工紙の対処方法」(青木留美子)

IFLA大会紹介(岡橋明子)

Editor's desk

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ネットワーク資料保存」第105

編集・発行: 日本図書館協会 資料保存委員会

104-0033 東京都中央区新川1-11-14

発行年月: 20139

判型: A412

年間購読料: 2,000円(年4回刊行、送料込み)

定価: 500円(税込)

 

購読のお申し込みは、日本図書館協会 資料保存委員会事務局まで:

http://www.jla.or.jp/committees/hozon/tabid/96/Default.aspx

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

happyoukai.jpg

下記の通り研究室発表会が開催されます。

日 時: 20131024() 13001740

場 所:東京藝術大学 美術学部 第1講義室(中央棟1F)

         (〒110-8714東京都台東区上野公園128 )

        問合せ先: TEL:050-5525-2285 FAX:03-5685-7780 桐野まで

             E-mail: fkirinofa.geidai.ac.jp (@は半角に)

 

プログラム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 【研究発表】

   13001310  開会の挨拶および研究室紹介         教 授  稲葉政満

   13101350 依頼講演「迎賓館天井絵画の調査報告」 

保存修復油画研究室 教授 木島隆康

   13501405 「経年劣化紙資料の強制劣化」          博士3年 イ・ガン

   14051420 「煮熟強度の異なる薄美濃紙の湿熱劣化」   修士2年 内田優花

   14201435 「セルロースの分子量への超音波処理の影響」 修士2年 新田 香

   14351450  休 憩

   14501550 招待講演「大津波で被災した文化財の再生に果たす保存科学の役割」

岩手県立博物館 学芸第二課長 赤沼英男

   15501610  休 憩

   16101625 「文化財に用いられた螺鈿の色彩の検討」    博士3年 田口智子

   16251640 「三代豊國の浮世絵版画に使用された『緑』に使用された色材の同定」

修士2年 正保五月

   16401655 「膠の溶解方法による微生物劣化の違い」    博士2年 橋本麻里

   16551705  休 憩

   17051720 「木造建築用和釘の特徴 -和釘の酸素の状態-」 博士2年 古主泰子

   17201735 「桃山時代に制作されたと伝えられる永楽銀銭の作製技法」   

教授 桐野文良

   17351740  閉会の挨拶                       教授 桐野文良

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 【交流会】

   18001900 交流会   大浦食堂 (中央棟正面、大学美術館1F、参加費無料)

 

お申込み用紙(pdf 170KB):  happyoukaiannnai.pdf 

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

kokuritukoubunnshokann.jpg

 

体験ツアーチラシ: 130913_01.pdf

 

独立行政法人国立公文書館が、下記の通り体験ツアーを実施します。和装本の製作体験や修復の現場見学、日ごろは入ることのできない書庫の見学もあります。参加費は無料、事前申し込み制・先着順(各回40名)です。対象は18歳以上ですが、児童または生徒を同伴する親子等の参加は可能。

 

タイトル: 国立公文書館体験ツアー

日時: 20131014日(月・祝)

     1回目 11001300

     2回目 14301630

場所: 国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園3-2

内容: 

①国立公文書館紹介(DVD)

②書庫見学

③修復見学

④和綴じ体験

⑤秋の特別展「旗本御家人Ⅲお仕事いろいろ」見所紹介

 

お申込み詳細は国立公文書館トップページの「公文書館ニュース」から:

http://www.archives.go.jp/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

shashinndetunagaru.jpg 

セミナーチラシ(pdf 278KB): shasinndetunagaru.pdf

 

「写真でつながるプロジェクト」は、東日本大震災で東北沿岸部を中心とする各地を襲った津波の被害により行方が分からなくなった思い出のアルバムや写真プリントを見つけ出し、水や海水、泥で汚れた写真を洗浄し救済するボランティア活動を支援するために立ち上がりました。

活動の背景や実作業の模様を、プロジェクトリーダーの板橋祐一氏よりご紹介いただきます。

参加費無料、事前申し込みは不要です。

 

日時: 20131011日(金) 19:00-20:30

会場: 日本図書館協会2階研修室

100-0033東京都中央区新川1-11-14

講師: 板橋 祐一氏 (富士フイルム株式会社)

「写真でつながるプロジェクト」: http://fujifilm.jp/support/fukkoshien/

 

お問い合わせは:

日本図書館協会 高橋氏

電話: 03-3523-0812

E-mail: takahashijla.or.jp (@は半角に)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130912.jpg

 

IPM(Integrated Pest Management)とは総合的有害生物管理ともいわれます。近年では、世界の美術館・博物館・図書館などの虫菌害対策が化学薬剤処置から日常の環境管理を基本とするようになってきました。我が国でも、ガス燻蒸に用いる特効薬がオゾン層破壊物質として全廃されたことを機に、化学薬剤だけに頼らない「モノ・ヒト・環境にやさしい」IPMに取り組む館が増えています。

美術館博物館等において文化財保存にかかわる活動を行う市民団体、専門家、一般市民の方々を対象にシンポジウムが開催されます。

 

タイトル: 公開シンポジウム「市民と共に ミュージアムIPM

日 程: 20131012日(土)10001630

参加費: 無料

会 場: 一ツ橋講堂(東京都千代田区)

主催: 市民と共にミュージアムIPM実行委員会/九州国立博物館

後援(予定): (公財)文化財虫菌害研究所・(社)国宝修理装こう師連盟

        (社)文化財保存修復学会・(社)ミュージアム支援者協会

         NPO法人文化財保存支援機構・九州文化財国際交流基金

 

お申込み詳細は:

http://www.kuba.co.jp/ipm2013/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130911.jpg

 

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(略称 全史料協)の第39回全国大会 が下記の通り東京で開催されます。テーマは、「地域社会とともに歩むアーカイブズ-公文書管理法時代の資料保存-」です。お申込み締め切りは10月4日(金)必着です。

 

1 期 日 20131114日(木)・15日(金)

2 主 催 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会

3 共 催 学習院大学

4 後 援 独立行政法人国立公文書館,東京都,東京市町村自治調査会

5 協 賛 情報保存研究会

6 会 場 学習院創立百周年記念会館

171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 TEL: 03-3986-0221

東京都公文書館

158-0094 東京都世田谷区玉川1-20-1 TEL: 03-3707-2601

板橋区公文書館

173-0001 東京都板橋区本町24-1 TEL: 03-3579-2291

7 内 容

(1) 総会

(2) 大会テーマ研究会,自由論題研究会

(3) 研修会(東京都公文書館,板橋区公文書館視察を含む)

(4) 機関会員・協賛企業展示,ポスターセッション

(5) 交流会

 

第1日/1114日(木)

■研修会 視察( A・B 9301100

A 東京都公文書館

B 板橋区公文書館

■研修会 ( C・D 13001400 / E・F 14101510

C 「アーカイブズと歴史資料」

中野目 徹 氏 (筑波大学大学院人文社会科学研究科教授)

D 「公文書の保存とその課題」

佐藤 勝巳 氏 (戸田市アーカイブズ・センター専門員)

E 「福島県国見町における資料の保全に向けた取り組み」

大栗 行貴 氏 (国見町教育委員会生涯学習課主事)

F 「文書館専門職(アーキビスト)」

辻川 敦 氏 (尼崎市立地域研究史料館長)

■交 流 会

会場: 東武バンケットホール

東武百貨店池袋本店14F 食堂街「スパイス」内

JR山手線池袋駅西口 (目白駅より1駅)

時間: 18:00 - 20:00

会費: 6000円 (大会受付時に同時徴収)

 

2/1115日(金)

■大会テーマ

地域社会とともに歩むアーカイブズ ― 公文書管理法時代の資料保存 ―

■自由論題研究会 ( A・B 9301040 / C 10501200

A 「小平市史編さんの経過と多摩地域の新しい市史編さんについて」

蛭田 廣一 氏 (小平市企画政策部(市史編さん))

B 「宮内省図書寮・宮内府図書寮・宮内庁書陵部における公文書管理の過去と現在」

宮間 純一 氏(宮内庁書陵部図書課宮内公文書館公文書調査室)

C 「歴史資料の保存と利用の基盤としてのディジタルアーカイブ」

杉本 重雄 氏

(筑波大学図書館情報メディア系知的コミュニティ基盤研究センター)

■大会趣旨説明(13301340

大会・研修委員会

■全体会 (13401620

13401445

報告① 「新庁舎移転に向けた豊島区の文書管理への取り組み」

髙橋 邦夫 氏 (豊島区政策経営部情報管理課長)

14501555

報告② 「文書館における公文書管理と資料保存」

太田 富康 氏 (埼玉県立文書館公文書担当部長)

質疑討論 15551620

■閉会行事 (16201630

■機関会員出版物等展示・協賛企業展示・ポスター展示 (3F小講堂)

ポスターセッションは,コアタイムを14()11:3013:0015()12:0013:30に設定しました。

 

(大会参加費)

会員は無料、非会員は1,000円です。

資料代は1,000円、交流会参加費は6,000円です。(会員・非会員とも)

お申込み詳細は:

http://www.jsai.jp/taikai/tokyo/index.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130910.jpg

 

吹田市立博物館では98日から企画展「さわって楽しむ はくぶつかん in すいた」が始まっています。期間中の催し物として、下記の要領で「古文書の虫くい穴の補修をやってみよう」が開催されます。お申込み締め切りは918日(水)です。

 

日時: 2013928日(土) 13:00-14:00

講師: 平田正和氏(工房レストア)

http://www.kobo-restore.com/

定員: 20

会場: 吹田市立博物館 講座室

 

お申込み方法詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201309-suita-city-museum/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

nissya_e_syosai_104.jpg

 

下記の通り開催されます。定員は150名、お申込み締め切りは1015日(火)です。

 

日時: 20131031() 特別講演12 18:00-20:201730受付)

        2013111()    講 演38 9:55-17:40930受付)

場所: 東京都写真美術館ホール

東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

主催: 一般社団法人 日本写真学会

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1031()

17:30 受付開始

17:55 開会挨拶   セミナー実行委員長

18:00 特別講演1.写真資料の保護に向けて

       九州国立博物館 館長 三輪嘉六

18:50 特別講演2.写真コレクションの予防的保存

      (日本語通訳付き)

       フランス国立コレクション保存研究センター所長

       ベルトラン・ラヴェドリン

 

11 1()

 9:30 受付開始

10:00 講演3.カラー写真のはじまり:オートクロームの誕生

(日本語通訳付き)

       フランス国立コレクション保存研究センター所長

      ベルトラン・ラヴェドリン

11:35 講演4.フィルム保存のためのケミカル対策

     ~ケミカル除去シートによる酢酸低減法と、館内ケミカル

       対策の事例紹介~

       日本無機株式会社 商品開発知財部 増田竜司

 - 昼食休憩(60)-

13:30 講演5.長期保存用光ディスクの保存性能に関して

   株式会社アルメディオ 新規事業部 技術部 宮長貴旨

14:30  講演6.超長期保存技術「デジタルロゼッタストーン」

      慶應義塾大学理工学部 黒田忠広

- 休憩(15)-

15:40 講演7.市民ボランティアとの協働作業よる被災写真

       群の整理事業

       十日町市教育委員会 生涯学習課 髙橋由美子

16:40 講演8.デジタル画像を用いた歴史史料管理体系の

       再構築~東京大学史料編纂所の取り組み~

    東京大学史料編纂所 古文書古記録部 井上 聡

17:45 閉会挨拶   日本写真学会副会長

 

*閉会後、講演者と参加者の自由な情報交換の場として懇親会(会費3,000円)

 が行われます。

セミナー参加費:

日本写真学会および協賛学協会々員 6,000

非会員 8,000円 学生 2,000

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申込み詳細は:

http://www.spstj.org/event/nissya_e_syosai_104.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック