資料保存の現場から: 2011年1月アーカイブ

geppo1101.jpg

 

国会図書館は、図書館・文書館の実務担当者向けにマイクロフィルムと写真(フィルムとプリント)の取り扱い、長期保存に関する研修を実施します。近年、資料のデジタル化が各館で進められていますが、すでに撮影したマイクロフィルムをデジタル化する例も多く、特別研修は、実演を含むマイクロフィルムなどの基本的知識の習得を目指しています。(文責 神谷)

 

日時: 2011年318日(金)14001700

会場: 国立国会図書館 東京本館 新館大会議室

内容: 

1)国立国会図書館報告「マイクロ資料保存に係る国立国会図書館の取組」

  報告者 村本聡子氏(収集書誌部資料保存課主査)

2)講演「マイクロフィルム・写真の取り扱いと保存について」(仮題)

  講師 黒木信宏氏 (日本画像情報マネジメント協会検定試験委員会委員、富士フイルム株式会社産業機材事業部テクニカルサポートグループ主任技師)

3)質疑応答・意見交換

対象: 図書館・文書館でマイクロフィルム・写真の保存・管理に携わる実務者。(定員50名)

参加費: 無料

 

お申込み方法:

電子メールかFAXで、氏名、所属機関、所在地、電話番号を記入して311日(金)までに下記へ。

国立国会図書館 収集書誌部資料保存課保存企画係

Mail:  film2011@ndl.go.jp (@は半角に)

FAX: 03-3581-3291

TEL: 03-3506-5219(直通)

 

国会図書館ホームページへの研修会開催お知らせの掲載は2月初旬の予定ですが、

「国立国会図書館月報598号 2011.1」34pに「お知らせ」として掲載されています。

月報のページ: http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/index.html

月報598号(pdf 3.43MB): http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/pdf/geppo1101.pdf

月報はpdfをダウンロードできるほか、日本図書館協会などから印刷版(525円、税込)の購入もできます。

日本図書館協会: http://www.jla.or.jp/

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

bunnkazaihozonn2011.jpg(pdf 384KB)

 一般社団法人文化財保存修復学会は第33回大会のファーストサーキュラーを発表しました。会期は201164日(土)~5日(日)で、会場は奈良県新公会堂(奈良市春日野町)です。例年の通り、研究発表の申し込みの受け付けも始まりました。

 

文化財保存修復学会は文化財の保存と修復にかかわる研究者、修復家、学芸員などさまざまな会員から構成される団体で、会員数は1,000名を超えています。(文責 神谷)

 

詳細は下記ページで(pdf 384KB)

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsccp/dai33kaitaikai1st.pdf

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsccp/data/event/con33_nara_fc.pdf

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

naramuseum.jpg

 

奈良国立博物館(奈良市)は、201129日(水)に文化財保存修理所を特別公開します。公開時間は、1000130015003回、定員は各40名です。参加費は無料。

 

申込みは往復はがきで同館総務課企画推進係まで。申込締切りは120日(木)。応募者多数の場合は抽選です。

 

文化財保存修理所は2002年にオープン、奈良国立博物館から委託された三つの会社が仏像彫刻や絵画書跡、漆器工芸品などの保存修理と調査研究を行っています。特別公開は2009年に一般公開して以来3回目です。(文責 神谷)

 

お申込み詳細は:

http://www.narahaku.go.jp/news/01.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック