資料保存の現場から: 2008年4月アーカイブ

  book-washinorekishi12[1].jpg

 

著者は、旧特種製紙(現特種東海製紙) 総合技術研究所に勤務、製紙用の植物繊維の研究に従事していました。現在は独立し宍倉ペーパー・ラボで紙の繊維分析を行っています。

本書は、製紙用の植物繊維と製法を中心に、じっさいに紙漉きを行っている著者の研究に基づく和紙の歴史を解説しています。

 

主な内容は、

まえがき

第1章      古代の和紙

第2章      中世の和紙

第3章      近世の和紙

第4章      近代の和紙

索引

 

『和紙の歴史 製法と原材料の変遷』 

著者: 宍倉佐敏

発行: (財)印刷朝陽会

http://www.choyokai.or.jp/syup-washinorekisi.html

発行日: 20061115

判型: B5判、141

定価: 2,000円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事