デジタルアーカイブ: 2016年10月アーカイブ

indexa161031.jpg 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第8回が歴史資料ネットワークのブログに掲載されました。

 

8回 修復家たちの奮闘 [3]:ディーノ・ディーニとエンツォ・フェッローニ ―― 傷ついたフレスコ画群への介入。

フィレンツェの洪水後の新たなフレスコ画修復技術の改革と進展について述べられています。

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-08/

 

過去の連載は以下の通りです。

•はじめに

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-00/

•第1回「前夜―113日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-01/

•第2回「あふれた川―11月4日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

•第3回「天使の誕生―115日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

•第4回「荒れ果てた聖堂、水浸しの作品群、涙―11月6日からの闘い」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-04/

•第5回「修復家たちの奮闘[1]:ウンベルト・バルディーニとウーゴ・プロカッチ(前編)」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-05/

•第6回「修復家たちの奮闘[2]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-06/

・第7回「修復家たちの奮闘[3]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」(後編--「支持体の構造の強化」そして「補彩」へ)

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-07/

(文責 秋田)





 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa161019.jpg

 

下記の通り開催されます。定員200名、参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。

 

日時: 20161128日(月) 14001800(開場・受付1330

会場: 東京大学(本郷キャンパス)福武ホール

 

プログラム:

1.御挨拶

  (1) 佐倉統(東京大学大学院情報学環長・教授)

  (2) 長尾真(京都府公立大学法人 理事長・京都大学名誉教授)

  (3) 調整中(大日本印刷㈱)

  (4) 増田義一 (内閣府知的財産戦略推進事務局次長)

2.基調講演:ヨーロピアーナの成果と今後の課題

  ・Harry VerwayenDeputy Director of Europeana)(逐次通訳あり)

3.報告:デジタルアーカイブの理論的スキーム構築に向けて

 (1)「我が国のデジタルアーカイブをめぐる諸状況」

     柳与志夫(東京大学大学院情報学環 特任教授)

  (2)「海外におけるデジタルアーカイブの状況」

     時実象一(東京大学大学院情報学環 高等客員研究員)

  (3)「デジタルアーカイブ論構築に向けた課題整理」

     生貝直人(東京大学大学院情報学環 客員准教授)

4.パネルディスカッション:課題解決の方向性とデジタルアーカイブ論の確立

  <パネリスト>

      井上透(岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所長・教授)

      高野明彦(国立情報学研究所 教授):司会

      野口進一(IMAGICA 映画・CM制作事業部 部長)

      林和弘(文部科学省科学技術・学術政策研究所 上席研究官)

      福井健策(骨董通り法律事務所 代表パートナー弁護士)

      細井浩一(立命館大学アートリサーチセンター長・教授)

      吉見俊哉(東京大学大学院情報学環 教授・副学長)

5.提言:デジタルアーカイブ学会設立に向けて

 ・吉見俊哉(東京大学大学院情報学環 教授・副学長)

 

お申込みお問い合わせは:

http://dnp-da.jp/events/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%881/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ro3mup0000001lzt.jpg

 

DMC研究センター(慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター)が、昨年に引き続き下記の通りシンポジウムを開催します。

 

タイトル: 「デジタル知が広げる文化財の可能性」

日 時: 20161122日(火)14:00 - 17:00 (研究交流会を除く)

会 場: 慶應義塾大学日吉キャンパス西別館1

プログラム:

13:00 開場・受付開始 技術展示開始(スタジオ、展示室)

14:00 挨拶(慶應義塾常任理事 長谷山彰)

14:05 挨拶(慶應義塾大学大学院文学研究科委員長・

文学部教授・DMC研究センター所長 松田隆美)

14:10 講演「大学博物館が広げる文化財の可能性(仮題)」

    (東京大学総合研究博物館インターメディアテク研究部門 寺田鮎美)

14:50 講演「文化財の可能性とは? --デジタル技術への期待--(仮題)」

    (慶應義塾大学文学部教授・DMC研究センター研究員 安藤広道)

15:30 休憩

15:45 パネルディスカッション

「文化財の可能性を広げるデジタル知とは?」

       (寺田鮎美、安藤広道、金子晋丈、石川尋代、重野 寛)

17:00 パネルディスカッション終了 研究交流会準備

17:30 研究交流会

19:00 研究交流会終了

定 員: 70名 (先着順)

参加費:無料(要事前申し込み)

 

お申込み詳細は:

http://www.dmc.keio.ac.jp/topics/events/ro3mup0000001lzt.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexxx161006.jpg

 

カナダ・アルバータ州のASA(Archives Society of Alberta)は、20136月にアルバータ州を襲った洪水を機に6百万ドル(約46千万円)の政府支援を受け、「洪水助言プログラム(The Flood Advisory Programme)」を策定、ウェブサイトで公開しています。

 

主な内容は下記の通りです。

■スタッフ・トレーニングのシナリオ

差し迫った洪水や火災、漏水など実際に災害が発生した場合を想定した緊急時の対応について書かれています。

How toビデオ

濡れた文書を乾燥させるための準備、濡れた文書を一時的に梱包するための準備と手順、文書を乾燥させる方法、カビの除去、紙を湿らせて平らにする方法、フィルム・エンキャプシュレーション(脆弱な一枚もの資料などを2枚の透明フィルムに資料を挟み、保護する方法)の実演。

■緊急時の相談先

スマートフォンのアプリ紹介、復興支援のサイト紹介、緊急時の計画についての参考サイト、救出と復旧に関する参考サイト

ASAブログ

関連する情報を隔週でアップしています。

■アーカイブズ用品の販売店

販売会社17軒を紹介しています。

■異常気象などを監視している機関の一覧

洪水、異常気象、火災、緊急警報、アルバータ州の緊急計画、過去の災害データベースなどのサイト紹介。

■緊急対応キットの例

最低限必要な41点の製品リストを掲載しています。

■デジタル・データの保存についての情報源

北米を中心とした、デジタル・データ保存に関する情報源

■デジタル化の前の準備

デジタル化のためのアイテム選択、デリケートな媒体の順位づけ、緊急時の一時的な梱包、

デリケートな媒体の取り扱い、デジタル化の方法と情報源の紹介。

■火災に遭った文書から臭気を除去する方法

■災害対策ワークショップ

■洪水助言プログラム・リーフレット

など。

 

Flood Advisory Programme archives Society of Alberta(英語):

http://archivesalberta.org/programs-and-services/flood-assistance/

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

7791-l-icomos-lance-sa-banque-d-images-collaborative-2.jpg

 

ICOMOS(International Council on Monuments and Sites:国際記念物遺跡会議)が"Photobank"を開設しました。専門家だけでなく一般からも広く文化遺産の写真を募集しています。登録された写真は、クリエイティブ・コモンズのライセンスに基づき一部は著作権フリーになるそうです。写真の選択から事前の画像調整、アップロードの方法までのチュートリアル動画もあります。

 

ICOMOS launches its collaborative photobank!(英語):

http://www.icomos.org/en/178-english-categories/news/7791-l-icomos-lance-sa-banque-d-images-collaborative-2

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20161103.jpg

 

下記の通り開催されます。お申し込み締め切りは20161031日です。参加費は、会員が1,500円、非会員が2,000円(美術館の入館料込)です。プログラム終了後に近辺で懇親会が開催されます。(有料です)

 

日時: 2016113日(木・祝) 10301645

会場: 東京都写真美術館

 

プログラム:

10301035 開会の挨拶】 前田富士男(アート・ドキュメンテーション学会会長)

10351245 午前研究発表】

 [発表1]上田 啓未(合同会社AMANE研究員)

   「金沢市教育プラザ所蔵のフィルム資料について」

[発表2]阿児雄之(東京工業大学博物館)・嘉村哲郎

((東京藝術大学 芸術情報センター)・小林美貴

  「ICOM Milano 2016 参加報告」

[発表3]竹内俊貴(九州国立博物館学芸部文化財課アソシエイトフェロー)

  「九州国立博物館における文化財情報システムの活用」

[発表4]丸川雄三(国立民族学博物館先端人類科学研究部准教授)

 「文化遺産オンラインにおける制作者情報の統合研究」

[発表5]研谷紀夫(関西大学総合情報学部准教授)

「電子書籍と映像を用いた写真原板に関するリサーチプロファイルの作成

-西園寺公望・小泉策太郎関係写真資料を中心に-

 

13451415 レクチャー】

[レクチャー1] 丹羽晴美(東京都写真美術館学芸員)

 「東京都写真美術館リニューアル・オープンと総合開館20周年記念展について」

[レクチャー2] 来代紀子・菱村宏子(東京都写真美術館図書室司書)

 「東京都写真美術館図書室について」

 

14151545  見学会】

 [見学会1]リニューアル・オープン記念写真展「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展および館内見学。

[見学会2]会員限定図書室見学会(会員限定/定員20名/受付終了)

A班:14:30-14:45 B班:15001515 班分けは当日ご案内いたします。

15451635 午後研究発表】

 [発表6]島田 匠子(NHK放送文化研究所メディア研究部)

 「放送関連資料のデジタル・アーカイブの試み~「放送文化アーカイブ」の現状と課題~」

[発表7]阿児雄之(東京工業大学博物館)

 「博物館・美術館フロアガイドの記載語句とピクトグラム使用分析-- ウェブサイト掲載物を対象に」

16351640 閉会の挨拶】 研谷 紀夫(アート・ドキュメンテーション学会幹事長)

 

お申込み詳細は:

http://www.jads.org/news/2016/20161103.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事