デジタルアーカイブ: 2015年10月アーカイブ

consery_s151022.jpg

 

東京文化財研究所が発行する研究報告書『保存科学』は、昭和39年に創刊されました。本日、平成26年度の第54号がサイトにアップされました。掲載誌はpdfファイルです。

 

主な内容は、

〔報文〕

鳥取県・花見潟墓地赤碕塔に見られるハニカム状風化

朽津信明・森井順之・佐藤円香・西山賢一

 

増裏打ち作業における古糊と打刷毛の接着効果について

岡泰央・早川典子・高井由佳・後藤彰彦

 

日岡古墳の保存施設内における温熱環境の調査

犬塚将英・森井順之・石井茉依・吉田東明

 

日光東照宮唐門および透塀の塗装彩色材料に関する調査

 北野信彦・本多貴之・佐藤則武・浅尾和年

 

 〔報告〕

福島県文化財センター白河館「まほろん」に設置された被災文化財仮保管施設内の保存環境

佐野千絵・山本友紀

 

津波による被災植物標本のカビ被害調査

久米田裕子・坂田淳子・高鳥浩介・木川りか ・佐藤嘉則・佐久間大輔

 

キトラ古墳の微生物調査報告(2012年~2013年)および2004年から2013年までの微生物調査結果概要

木川りか・喜友名朝彦・立里臨・佐藤嘉則 ・佐野千絵・杉山純多

 

パイロシーケンス法によるキトラ古墳石室内の微生物群集構造解析

佐藤嘉則・木川りか・喜友名朝彦・立里臨・西島美由紀・ 杉山純多

 

虎塚古墳公開保存施設の管理方法変更による微生物汚染状況の推移

佐藤嘉則・犬塚将英・森井順之・矢島國雄・木川りか

 

紙本,絹本の湿度差によるカビ発生

高鳥浩介・柳田連太郎・久米田裕子・高橋淳子・ 早川典子・加藤雅人・佐藤嘉則・木川りか

 

歴史的木造建造物を加害するオオナガシバンムシ幼虫のセルラーゼ活性について

木川りか・雪真弘・佐藤嘉則・遠藤力也・小峰幸夫・原田正彦・大熊盛也

 

低酸素濃度殺虫法―25℃,27.5℃,30℃における処理期間の検討―

小野寺裕子・小峰幸夫・木川りか

 

M icrobial Flora Analysis of Neolithic Tree Remains from the Yenikapi Excavation Site in Istanbul, Turkey, Using Denaturing Gradient Gel Electrophoresis

Tomoko WADA, Yuji NAKADA, Dilek DOGU, Coskun KOSE, Nural YILGOR, Kamile Tirak HIZAL,Makoto YOSHIDA, Kiyohiko IGARASHI,S. Nami KARTAL and Ken OKADA

 

膠の主成分ゼラチンの蛍光特性変化について―濃度依存性と硫酸アルミニウムカリウムの影響―

吉田直人

 

LED 照明を用いた展示ケースにおける温湿度分布とその要因について

間渕創・久岡伸功・林良典・犬塚将英

 

試験用実大展示ケースを用いたケース内ガス濃度の解析

 古田嶋智子・呂俊民・林良典・須賀政晴・佐野千絵

 

ハギア・ソフィア大聖堂をはじめとした歴史的建築物の内壁の劣化と材料に関する調査

 佐々木淑美・吉田直人・小椋大輔・安福勝・水谷悦子・石崎武志

 

ハギア・ソフィア大聖堂モザイクの金テッセラの分析―色彩と組成からの制作年代の推定―

佐々木淑美・佐野千・石崎武志

 

PDF版『保存科学』のページ:

http://www.tobunken.go.jp/~ccr/pub/cosery_s/consery_s.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事