講座: 2016年5月アーカイブ

5th_tenjiannai_symbol_032.jpg

 

山梨県立博物館は、下記のとおり展示会を開催します。関連して講演会やスペシャルギャラリートーク、ワークショップなども開催されます。

 

タイトル: 「よみがえる、ふるさとの宝たち―3.11被災資料の再生―」

会期: 201664日(土)~74日(月)

時間: 9001700(入館は1630まで)

主催: 山梨県立博物館、津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会

観覧料: 常設展観覧料(一般通常料金510円)でご覧いただけます。

 

■関連講演会とスペシャルギャラリートーク

開催日:2016611日(土) 

1330~  生涯学習室にて

講演「ふるさとの宝は失われていない―陸前高田の文化財レスキュー」

         熊谷 賢(陸前高田市立博物館主任学芸員)

1430~ 企画展示室にて

       スペシャルギャラリートーク

以上は事前申し込み不要です。(入場料は必要です。)

 

■ワークショップ 「ぬれた資料を救え!―水損資料の応急処置―」

開催日: 2016612日(日) 現時点で時間は未定です。

内容: 講義「被災博物館資料の救出と安定化処理」

     講師 赤沼英男(岩手県立博物館 首席専門学芸員)

ワークショップは事前申し込みが必要です。

 

以上のほかにも担当学芸員によるギャラリートークなど関連イベントがあります。

詳細は:

http://www.museum.pref.yamanashi.jp/5th_tenjiannai_symbol_032.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事