講座: 2016年3月アーカイブ

archives160310.jpg

 

下記のとおり開催されます。

 

期間

■長期コース(東京会場)

平成28719日(火)~85日(金)、平成28822日(月)~99日(金)

■短期コース(高知会場)

平成281114日(月)~1119日(土)

 

会場

■長期コース:国文学研究資料館

■短期コース:高知県立大学永国寺キャンパス(1114日~17日)

         高知市立自由民権記念館(1118日~19)

申込資格

(1)   大学院在学中または大学卒業以上の学歴を有する者で、アーカイブズ学に強い関心を持つ者

(2)   文書館などの歴史資料保存利用機関をはじめとして、官公署・大学・企業等の文書担当部局及び歴史編纂部局、又はアーカイブズを取り扱う必要のあるその他の組織に勤務し、アーカイブズの収集・整理・保存・利用等の業務に従事している者。

定員

■長期コース30

■短期コース35(両コースとも特別聴講若干名を含む)

※いずれも定員を上回る応募があった場合は、全コースの応募者を優先し、選考を行います。

受講料は無料。ただし、横浜開港資料館の観覧料(200円程度)は受講者の負担となります。

 

お申込み詳細は:

https://www.nijl.ac.jp/pages/event/seminar/2016/archives.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

06160309.jpg

 

平成271015日(木)~16日(金)に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京)で開催された、第101回全国図書館大会の第11分科会(図書館の自由)と第15分科会(資料保存)の参加報告が、国立国会図書館の情報誌「びぶろす」に掲載されています。

 

「びぶろす」該当ページは:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/2016/1/06.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb160309.jpg

 

国立国会図書館が図書館向けに資料保存に関する講義と実習「図書館における資料保存」の講師派遣の募集を開始しました。

 

研修時間は3時間で、「図書館における資料保存の考え方に関する講義」と「図書館資料の軽微な破損(ページの破れ、12ページ程度の脱落など)に対する簡易な補修手当ての実習が行われます。

募集期間: 平成2832日(水)~25日(金)

実施期間: 平成2841日(金)~平成29331日(金)

講師の旅費(交通費、宿泊費)は依頼者の負担です。

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1214522_1485.html#theme4

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事