講座: 2015年5月アーカイブ

?p=1#1432522430-847849.jpg

 

特定非営利活動法人 文化財保存支援機構が、今年度の文化財保存修復専門家養成実践セミナーを下記の通り開催いたします。

 

    「陸前高田学校」(文化財保存修復専門家養成セミナー・レベル?B

日程: 2015727日(月)〜82日(日)の7日間

会場: 陸前高田市立博物館ほか(岩手県)

参加資格: レベルⅠ・A、Bコースを修了、または27年度に修了予定の者(有料)

       東日本大震災被災区域の文化財保存修復従事者(無料)

 

    「文化財保存修復専門家養成セミナー・レベルIA

日程: 2015829日から98日の10日間

会場: 黒田記念館 セミナー室(東京都)/ その他

参加資格: 現役の文化財保存修復専門家

      大学等で文化財コースを履修中、あるいは卒業した者(専門家を目指す者)

      ※希望者多数の場合は監修者と委員会が選抜

 

お申込み詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1432522430-847849

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

722fc990-9e16-73a1-3880-552f36656565.jpg

 

絵画修復にかんする講義と実技体験を通じて、絵画鑑賞に新たな視点を取り入れようとする講座です。

 

講師名 文化財保存修復学会会員・絵画修復家 尾形 純

講座内容

1 講義:絵画修復とは/ビジュアルで眺める絵画の組成と技法の歴史

2 講義:修復に先立つ絵画の観察技術と調査/スライド講義

3 講義:油彩画の修復技術と実技の実習を解説/スライド講義

4 実技:修復を体験する1

5 実技:修復を体験する2

6 実技:修復を体験する3

   ※実技にお持ちいただくものは教室で説明します。 

 

日時・期間

月曜 16:00-17:30  

日程

2015727日~928日までの6

7/27, 8/10, 8/24, 8/31, 9/14, 9/28

 

受講料(税込み)

7月~9(6) 会員 17,496円 一般 21,384 

教材費 500

 

お申込み詳細は:

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/722fc990-9e16-73a1-3880-552f36656565

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

b-gallery.jpg

 

下記の通り展示会が開催されます。会期中にはレセプションパーティーや岩井希久子さんのトークショーも開かれます。

 

タイトル: 「絵画保存修復家 岩井希久子と私たち」

日時: 2015515() 614() 11:00-20:00 (会期中無休)

会場:B GALLERY (新宿 / BEAMS JAPAN 6F) TEL03-5368-7309

 

【レセプションパーティー】

日時:2015515() 18:00-20:00

*どなたでもご参加頂けます。

 

【岩井希久子 トークショー 開催】

日時: 201566() 15:0016:30 / B GALLERY

予約定員制:先着30名様  ※ご予約はBギャラリーまでお問合せください。

ゲスト: 秋元雄史 (東京芸術大学大学美術館 館長 教授、金沢21世紀美術館 館長)

 

【千葉大学博物館実習B講義 開催】

「絵画保存修復について ~人類の文化財を未来に残す~」

日時: 2015524() 11:0015:30

※上記日時は、岩井希久子講師による、千葉大学の課外授業を行います。

 一般のお客様はギャラリー外からの観覧となりますので、予めご了承ください。

 

お申込みなど詳細は:

http://www.beams.co.jp/labels/detail/b-gallery

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

126624378.jpg

 

保存修復に関する米国の研究所"NEDCC(Northeast Document Conservation Center)"がオンラインセミナーを開催、サイトにセミナースライドをアップしました。音声つきです。収録時間は4345秒。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.コンサベーションとは何か?

・調査、記録化、処置、予防的ケア

 

.修復に際して何が決断ポイントになるか?

・保存のニーズがどこにあるか?

・コレクションのレベルや項目別の評価をする

 

.修復家の仕事に何を期待するか?

・調査-専門家に助言を求める

 構造を調べる、媒体を分析する、どのように修復するか専門家に相談する

・修復の最終着地点を相談する

・問題の本質は何か?

・修復後にどのような使われ方をするのか?

・保存環境は?収納方法は?

・修復処置による成果として何を求めるか?

・いつまでに修復を完了するか?

・資料の情報を細かく記録する

・紙資料の表面をドライクリーニングする

・本の綴じをはずす

・粘着テープを除去する

・水性処置

・有害な支持体を除去する

・補修と裏打ち

・補彩する

・本文を綴じ直す

・背固めをする

・処置は資料に合わせた調整をする

・修復処置のさまざまな提案をする

・修復処置記録と修復前後の写真を撮る

・クライアントと着地点を決める

・予防的ケア

 しっかりした棚に保存用フォルダや保存箱に収納しておさめる、保存箱をたくさん重ねない、

 保存に適した場所で保管する、巻いた資料やサイズのはみ出した資料を別置きにする、

 保護用の収納容器を用意する、

・環境を管理する

 コレクションに影響を与える季節要因や気候変動を考慮する、特に高温は大きな損傷につながる、

 地下室や屋根裏、ガレージなどは保管場所としては避ける、1621℃の涼しい環境がオススメ、

 湿度は3060%の範囲を推奨、

・光からの影響を和らげる、

 光からのダメージを取り返しがつかなくなる、写真類は光を避け保存箱に収納する、

 資料を利用していないときは消灯しておく、窓際ではブラインドなどを利用し影をつくる、

 UVフィルターのある蛍光管やLEDを使うこと

・複製やコピーをつくる

.修復家をみつける

 AICのサイトから選ぶ、

 

NEDCC Conservation Demystified(英語):

https://vimeo.com/126624378

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20150508113702.jpg

 

「国際アーカイブズの日」記念講演会が国立公文書館で開催されます。入場無料、先着50名でどなたでも参加できますが事前申し込みが必要です。お申込み締め切りは522日(金)です。

 

日時: 201568日(月) 14301550

演題: 現代日本の公文書管理-歴史家の視点から

講師: 加藤 陽子氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

会場: ベルサール飯田橋駅前

     〒102-0072

     東京都千代田区飯田橋3-8-5住友不動産飯田橋前ビル1階

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.go.jp/news/20150508113702.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150508.jpg

 

資料保存講座(関東地区)

日 時: 2015520日(水) 14:3017:30

場 所: 日本図書館協会会館 2階 研修室

テーマ: 講義と実習:「図書館における資料保存」

1.     はじめに: 講義

 「図書館における資料保存の基本的な考え方」(30分)

2.     実習「傷んだ資料への手当て」

 ページの破れ、12ページ程度の脱落など

 図書館資料の軽微な破損に対する簡易な補修手当の実習

定 員: 20名(申込み先着順)

参加費: 会員無料、 非会員 3,000

 

お申込み詳細は:

http://www.jsla.or.jp/5-20/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc150507.jpg

 

下記の通り、和紙文化研究会の年度総会が行われますが、総会に合わせて動画の放映や特別講義も開催されます。見学代1,000円、事前登録制です。

 

月例会

日 時: 2015516 日(土) 1300 1700

会 場: 小津和紙本社ビル 6階会議室

1300 1320  「明暗」(早稲田大学會津八一記念博物館蔵)修復作業動画放映

1330 1440 特別講義「百万塔陀羅尼の料紙」  宍倉佐敏 会員

1500 1650  「2015年度第26期定期総会」

 

お申込み詳細は:

http://washiken.sakura.ne.jp/meeting/2670/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック