講座: 2014年7月アーカイブ

index140727a.jpg

 

阪神・淡路大震災の記憶の共有と継承を目的に、映像資料の「洗浄ワークショップ」、「新長田まち歩き」、「講座 定点観測写真で振り返る、神戸の20年」のイベントが開催されます。

参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。

 

テーマ: 「神戸・新長田の震災学習──映像資料篇」

日時: 201482日(土)1300~1730

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

13001450 洗浄ワークショップ

会場:神戸市立地域人材支援センター

講師:鈴木伸和・中川望(NPO法人映画保存協会 災害対策部)

15001545 新長田 まち歩き

ガイド:山住勝利(神戸市立地域人材支援センター)

16001645 講座「定点観測写真で振り返る、神戸の20年」

会場:神戸映画資料館

講師:高森順子(阪神大震災を記録しつづける会 事務局長)

17001730 まとめ~解散

会場:神戸市立地域人材支援センター

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は下記ページから:

http://kobe-eiga.net/kdff/

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

training_h26.jpg

 

国会図書館が国内の図書館員等を対象に、資料保存に関する基礎的な知識と技術の習得を目的として、下記のとおり資料保存研修を実施します。参加費は無料、定員は東京本館42名(各日21名)、関西館16名です。お申込期間は、2014818日(月)900827日(水)1700です。

 

日時: 20141023日(木)、1024日(金) 9301630

会場:  国立国会図書館東京本館 新館3階研修室

(東京都千代田区永田町1-10-1

     2014117日(金)930分~1630

 国立国会図書館関西館 第3研修室

(京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

※各日とも同じ内容です。

 

内容:

講義と実習

 講義:「図書館資料の保存」

 図書館における「利用のための資料保存」の基本的な考え方について、講義を行います。

 実習:「あなたにもできる図書館資料の簡易な補修」

(1)簡易補修、(2)無線綴じ本をなおす、(3)外れた表紙と本体をつなぐ、

(4)簡易帙をつくる 図書館資料の軽微な破損を直すための実習を行います。

*資料保存研修の最新テキストは研修・保存フォーラムのページをご覧ください。

持ちものはえんぴつ、エプロン、文庫本です。

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/training_h26.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140709b.jpg

 

2014823日~25日に開催される「第9回映画の復元と保存に関するワークショップ」の参加申し込みが始まりました。定員は講義が100名、実習が(120名、(27名、(35名です。お申込みの締め切りは87日(木)ですが、定員に達し次第締め切りとなります。受講料は、全日程一般8,000/学生5,000円、講義のみ(2日間)一般5,000/学生3,000円、(1日目もしくは2日目のみ)一般3,000/学生2,000円です。

 

日程: 2014823日(土)~25日(月)

会場と内容: 

12日目 講義 京都府京都文化博物館

604-8183 京都府京都市中京区高倉通三条上る東片町623-1

1日目 10301755(受付開始1000

・開会の辞 太田米男(大阪芸術大学)

・講義1 森脇清隆(京都府京都文化博物館)

「京都府京都文化博物館の取り組み」

・講義2 大傍正規(東京国立近代美術館フィルムセンター)

「東京国立近代美術館フィルムセンターにおける復元の取り組み」

・映画上映1

・ライトニングト-ク

 

・懇親会(希望者のみ、有料3,500円)18152030

 

2日目 10301750(受付開始1000

・講義3 岩槻 歩(川崎市市民ミュージアム)

「地域映像アーカイブの現状:川崎市市民ミュージアムの場合」

・基調講演 佐伯知紀(文化庁)

「映画振興と文化庁:収集・復元・上映と普及振興について」

・映画上映2

・講義4 板倉史明(神戸大学)・田中範子(神戸映画資料館)

「神戸における民間アーカイブと大学の連携」

・講義5 松本圭二(福岡市総合図書館)

「無声映画『義民 冨田才治』復元プロジェクト」

・講義6 吉岡徳行(株式会社吉岡映像)

「小型映画の修復とテレシネ」

・講義7 遠藤和彦(ナックイメージテクノロジー)

「アーカイブとDI機器」

・閉会の辞 太田米男(大阪芸術大学)

 

3日目 実習 

(1) 株式会社IMAGICAウェスト [映画フィルム取り扱いの基礎] 9301330

(2) 株式会社吉岡映像 [小型映画フィルム修復] 9301330

(3) 神戸映画資料館 [映画フィルム上映の基礎と実践](初心者向き) 10301500

 

お申込み詳細は:

http://filmpres.org/whatsnew/3689/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

workshop_konofilmni.jpg

 

フィルムをデジタル変換し、パソコンをビューワー代わりにして、その場で画像を見ることができる「手テレ」の実演とエル・ライブラリーのフィルム保存の実践ワークショップです。

定員12名(先着順、お申込み締切は725日)、参加費は無料。

下記の通り開催されます。

 

日時: 201484日(月)14301700

会場: エル・ライブラリー

(〒540-0031大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか4階)

ワークショップの内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.手テレの実演(イマジカウエスト社担当者)

2.エル・ライブラリーの16ミリフィルム保存の実践について

 (エル・ライブラリー 千本沢子)

3.手テレの可能性と課題-これまでの実践から (イマジカウエスト社担当者)

4.参加者討議

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://shaunkyo.jp/workshop_konofilmni.html

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

hirameki140711.jpg

 

貴重書庫や保存修復工房の見学、書籍のページ修理や簡易製本などの実習があります。対象は中学生・高校生で定員10名です。

 

日時: 2014915日(月祝・敬老の日)

スケジュール:

9:30-10:00 受付(一橋大学社会科学古典資料センター集合)

10:00-10:20 開講式(あいさつ、オリエンテーション、科研費の説明)

10:20-10:40 講義(今日の概要)

10:40-11:20 講義(センター書庫見学、資料紹介)

11:20-11:30 休憩・移動

11:30-12:00 附属図書館見学

12:00-13:00 昼食

13:00-15:50 講義(修復工房の見学、道具の説明)と実習(ページ修理と簡易製本、保存箱の作成)(途中10分休憩)

15:50-16:00 修了式(アンケート記入、ブックマイスター号授与)

16:00 解散

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/hirameki.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

310.jpg

 

同じタイトルで昨年12月に東京で開催されましたが、今回は岩手県で開催されます。

昨年12月のご案内:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2013/11/post-338.html

今年は下記の通り開催されます。参加費無料、事前申込制(定員50名)で締め切りは815日(金)です。

 

日時: 2014820日(水) 133016001300開場)

場所: 岩手県庁12階特別会議室(岩手県盛岡市内丸101号)

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

13301430講演 「新潟県長岡市における避難所資料の整理と保存

                 ~市民ボランティアと災害・復興をかたりつぐ~」

          田中洋史氏(長岡市立中央図書館資料室主査)

14451545 避難所資料を用いたワークショップ

15451600 質疑応答

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://kn.ndl.go.jp/information/310

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック