講座: 2012年10月アーカイブ

index121017.jpg

 

九段生涯学習館(東京都千代田区九段南1-5-10)の九段L..Lカフェ講座「図書館の舞台裏ツアーを通して考える大人のための本・紙の保存~保存箱作りの楽しさを添えて~」が開催されます。定員は20名、参加費は4,500円(一般の方)、締め切りは1120日(火)です。

 

日時: 121日(土)/14:0015:30/日比谷図書文化館

日比谷図書文化館へお出かけ~本と長くおつき合いするための方法~

大事な本や紙と長くお付き合いできるようなレクチャーです。日比谷図書文化館特別研究室にて、100年以上前の紙資料(本)に実際触れて頂きながら、どうしたら自分の好きな本と長くお付き合いできるのか?広く、紙や本の構造の話、保存の方法等をお話いたします。

  

日時: 125日(水)/14:0016:00/国立国会図書館

国立国会図書館へお出かけ~資料保存の職人さんの現場へ~

国立国会図書館は、昔からの資料や、全国の本を収集した書庫の設置もあり、街にある図書館とは機能も違います。資料保存課にて、実際の保存修復現場を見学。通常の書庫見学も行い、どのような収集・保存をしているかを体感していただきます。

 

日時: 1215日(土)/14:0016:00/九段生涯学習館

保存箱を作製してみよう~自分の大事な本と向き合う~

実際に、ご自分のお好きな本に合わせた保存箱(カイルラッパー)を作成します。ワークショップを通して、参加者ご自身が、紙や本と豊かにお付き合いできるキッカケとしていただきます。

※ご自分の本に合わせたカイルラッパー(保存箱)を作成!お持ち帰りいただけます。

講師 眞野節雄(東京都立中央図書館資料保全専門員)

 

お申込み詳細は:

http://www.kudan-ll.info/modules/studyinfo/index.php?page=article&storyid=9100

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

archivist2012.jpg

 

 

 

女性史関係者、女性関連施設職員、図書館の実務担当者向けの女性に関わる原資料(女性アーカイブ)の基礎的な保存技術や整理方法の研修会です。今年から実技コースが加わりました。期日は12/5(水)~12/7(金)、お申込みの締め切りは11/12(月)です。(文責 神谷)

 

期日: 2012125日(水)~7日(金)

    ①入門 125日(水)~126日(木) 12日(定員30名)

    ②実技コース 126日(木)~127日(金) 12日(定員10名)

    実技コースは過去に入門講座を受講された方、もしくは今回①、②とも受講する方に限る。

会場: 国立女性教育会館(〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地)

 

主な研修内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

12/5(水) 13001700 (入門)

開会・挨拶・オリエンテーション 内海房子(国立女性教育会館理事長)

女性アーカイブ概論 久留島典子(東京大学史料編纂所教授)

写真の保存の実際 荒木臣紀(東京国立博物館保存修復課主任研究員)

アーカイブの活用Ⅰ 甲斐賢治(せんだいメディアテーク企画・活動支援室長)

情報交換会(希望者のみ)

 

12/6(木) 9001200 (入門)

アーカイブと著作権 川瀬 真(横浜国立大学准教授)

アーカイブの活用Ⅱ 市村櫻子(国立女性教育会館情報課長)

女性教育情報センター、女性アーカイブセンター見学(希望者のみ)

 

12/6(木) 14001630(実技コース)

開会・オリエンテーション

アーカイブの実践 牟田静香(エセナおおた)

デジタルアーカイブシステムについて 栗原 浩(インフォコム㈱)

資料のデジタル化実習 中嶋聡子(㈱極東書店)

 

12/7(金) 9001500 (実技コース)

紙資料保存の実践 木部 徹(㈱資料保存器材)

閉会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.nwec.jp/jp/archive/archivist2012.html

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

toukyoteichisaigaishi.jpg

特別展「東京低地災害史」を葛飾区郷土と天文の博物館で開催中

 

葛飾区は区制施行80周年記念の特別展として、葛飾区郷土と天文の博物館において「東京低地災害史 地震、雷、火事?・・・教訓!」を開催中です。

17世紀以降、東京低地が立地する関東平野における歴史災害の検証を試みています。(文責 神谷)

 

会期: 2012107日(日)~1125日(日)

開館時間: 9001700(金曜日・土曜日は2100まで)入館は閉館の30分前まで。

休館日: 月曜日(祝日は開館)、第24火曜日

入館料: 大人100円・小中学生50

 

主な展示内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.東京低地の自然環境

2.関東平野災害史(地震・津波、水害と高潮、火山)

3.東日本大震災の教訓

 

期間中の併催企画・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■記念講演会 1020日(土)14001600

 「東日本大震災の津波の教訓と安政江戸地震による詳細震度分布」

都司嘉宣氏(元東京大学地震研究所准教授)

■歴史教養講座 1118日(日)14001600

 「関東山地の大規模土砂災害と下町東京」

 井上公夫氏(砂防フロンティア整備推進機構技術長)

●津波被害を語る会 1027日(土)、1124日(土)

 午前の部 11001150 午後の部 15001550

 いいおか津波語りつぐ会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/exhibition/index.php

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index121012.jpg

 

東日本大震災後に実施された文化財調査の成果を中心に「大槌町の文化財」について考える講座が開かれます。入場無料、申し込み締め切りは1126日(月)です。

 

日時: 121日(土)13301530(受付開始1310

     122日(日)10001200(受付開始940

会場: 大槌町中央公民館 3階第一会議室

講座内容:

    12/1(土)

「大槌町における文化財の確認調査」 佐藤由紀男氏(岩手大学教育学部教授)

「前川家の民俗伝承―虎舞の伝播をめぐって」 大石泰夫氏(盛岡大学文学部教授)

12/2(日)

「大槌町の現存資料とその活用」 安田隼人氏(盛岡市都南歴史民俗資料館指導員)

「救出資料にみる前川家と盛岡藩政」 兼平賢治氏(東北大学大学院文学研究科研究助手)

 

お申し込みは:

http://www.town.otsuchi.iwate.jp/docs/2012100100014/

 (文責 神谷)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 annai.jpg

 

日本の近代文学や現代文学を本格的に学ぼうという学部学生や大学院生向けの企画です。普段はなかなか見られない原稿類や特別資料の閲覧、書庫内の見学などもあります。定員は各30名程度、参加費は500円です。(文責 神谷)

 

日時: 2012106日(土)13001500

     20121123日(金・祝)13001500

場所: 日本近代文学館(東京都目黒区駒場4-3-55

内容: 

・日本近代文学館とは?(館の歴史と活動の紹介、利用法のアドバイス)

・特別資料を身近に見る(普段はなかなか見られない原稿類など、貴重な特別資料の紹介)

・書庫内の見学(通常は職員しか入れない書庫の見学会)

・その他秋の特別展やミニレクチャー

 

お申込み詳細は:

http://www.bungakukan.or.jp/annai/annai.htm

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック