講座: 2012年8月アーカイブ

event120822.jpg

 

東日本大震災後に「saveMLAK」という図書館等の被災・救援情報サイトを立ち上げた、アカデミック・リソース・ガイドの岡本 真氏がITを用いた図書館の防災についてお話しします。データのバックアップやWebITによる災害復興支援など、一人一台のパソコンを使いながら演習するそうです。

 

日時: 2012920日(木)18002000

会場: 日本図書館協会会館2F研修室

    (東京都中央区新川1-11-14

講師: 岡本 真氏(アカデミック・リソース・ガイド㈱代表取締役、Code4Lib JAPAN事務局長)

参加費: 会員は無料、非会員は3,000円 学生は1,000

定員: 20

 

お申込み詳細は:

https://www.sentokyo-kanto.org/info/event.php?eid=58

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

data_preserve31.jpg

 

各種図書館員向けの資料保存研修です。講義と実習があります。定員は各日21名、参加費は無料、お申込み締め切りは9/13日(木)です。

 

日時: 20121018日(木)・19日(金) 9301630

(両日とも同内容です。

会場 国立国会図書館東京本館 新館3階研修室

(東京都千代田区永田町1-10-1

 

内容:

講義 「図書館資料の保存」

図書館における「利用のための資料保存」の基本的な考え方について、講義を行います。

実習 「あなたにもできる図書館資料の簡易な補修」

1)簡易補修、(2)無線綴じ本の修理、(3)外れた表紙と本体をつなぐ修理、(4)簡易帙の作製

一般的な図書館資料の軽微な破損に対する簡易な補修手当ての実習です。

 

昨年度のテキストは下記ページでご覧いただけます。

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preservation-activity01.html

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/data_preserve31.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

p499476.jpg

 

7月22日(日)に開催された神奈川県立公文書館の「アーカイブズ講座」の記録と講座スライドがサイトにアップされています。

タイトルは「アーカイブズ講座~公文書館が結ぶ過去、現在そして未来~」。講義内容は①アーカイブズ制度について ②アーカイブズを使ってみませんか―戦時下の建物疎開を調べる― ③公文書館利用法―記憶から記録への道―の3本です。(文責 神谷)

 

「アーカイブズ講座を開催しました」:

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f1040/p499476.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hititsubashikoushuukai.jpg

 

図書館員や西洋社会科学の研究者たちを対象に、西洋書誌学、西洋社会科学古典資料の保存・管理、西洋社会科学古典研究の講習会が下記の通り開催されます。全課程修了者には修了証書が授与されます。定員は30名、申込締め切りは831日(金)です。(文責 神谷)

 

期間: 2012117日(水)~9日(金)

会場: 一橋大学佐野書院(東京都国立市中2-17-35

対象者: 国公私立大学図書館及び大学その他の研究機関に所属するもので、西洋社会科学古典資料の整理または調査研究に従事している者。

受講料: 6,000

 

講習会の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/7(水)

書誌学(Ⅰ)「記述書誌を"読む"面白さ(仮)」武者小路信和(大東文化大学文学部准教授)

資料展示論「展示の方法論と歴史的変遷―西洋近代美術史からの視点」小泉順也(一橋大学大学院言語社会研究科准教授)

古典研究(Ⅰ)「フランス啓蒙思想をめぐって―J.-J.ルソ-を中心にして(仮)」山崎耕一(一橋大学社会科学古典資料センター教授)

懇親会

118日(木)

書誌学(Ⅱ)「西洋古典資料の目録作成(仮)」床井啓太郎・福島知己(一橋大学社会科学古典資料センター専門助手)

古典研究(Ⅱ)「ドイツ哲学と書籍流通ネットワーク(仮)」加藤泰史(一橋大学社会学研究科教授)

保存修復(Ⅰ)「歴史的製本の修理と保存の基礎技術(仮)」岡本幸治(製本家、書籍修復家)

センター見学

119日(金)

図書館見学

保存修復(Ⅱ)「材料と環境」増田勝彦(昭和女子大学大学院生活機構研究科教授)

書誌学(Ⅲ)「中世英詩と書物―手書き写本と初期印刷本に見られる作者像の変遷」小林宜子(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

古典研究(Ⅲ)「アダム・スミスと現在経済学(仮)」木村雄一(埼玉大学教育学部准教授)

修了式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック