講座: 2012年6月アーカイブ

audiovisualmaterials.jpg

 

身近にありながら、なかなか基本的な知識を得る機会の少ない視聴覚メディアについて学ぶシリーズ。第1回は録音テープとビデオテープを取り上げ、その種類、歴史、記録と再生の仕組み、適切な取り扱いと保存の方法などを概説します。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時:2012720日(金) 19:00-20:30

会場:日本図書館協会2階研修室

   100-0033 東京都中央区新川1-11-14(東京メトロ茅場町駅より徒歩5分)

    http://www.jla.or.jp/traffic_guide/tabid/75/Default.aspx

 

講師:児玉優子(公益財団法人放送番組センター・JLA資料保存委員会委員)

 

問合せ先:日本図書館協会 高橋宛 電話 03-3523-0812

      E-mail takahashijla.or.jp(☆を@に置き換えてください)

現時点では、日本図書館協会のサイトには載っていません。資料保存委員会のメンバーからいただいたメールをもとにお知らせいたしました。(文責 神谷)

 

追記: 視聴覚資料の保存セミナ―のシリーズは、今後、下記のテーマを取り上げる予定だそうです。

・CD,DVD,BD

・(映画)フィルム

・レコード

・デジタルファイル

 

日本図書館協会 図書館イベントカレンダーに掲載されました。:

http://www.jla.or.jp/calendar/tabid/92/Default.aspx

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index120618.jpg

 2011年78日(金)に開催された、公文書館機能普及セミナーin沖縄の公文書講演会「公文書管理の現場から―いま、私たちができること」の記録が沖縄県公文書館のサイトにアップされました。当日のレジュメや講演内容(動画)、セミナーのアンケート結果が載っています。(文責 神谷)

 

(掲載内容)

・アンケート結果

・基調講演 「公文書管理の現場から―いま、私たちができること」 竹内 啓(札幌市文化資料室)

・報告 「評価選別―シリーズ評価選別と基準表選別について」 富永一也(沖縄県文化振興会)

・報告 「公文書館機能について」 新井浩文(埼玉県立文書館)

・報告 「沖縄県市町村の事例報告」

外間より子(北谷町公文書館)、恩河尚(沖縄市総務部総務課市史編集担当)、泉川良彦(読谷村村史編集室)

・パネルディスカッション

 

沖縄県公文書館オンデマンド講座:

http://www.archives.pref.okinawa.jp/event_information/on_demand/556

 


| | コメント(0) | トラックバック(0)

index120612.jpg

 

東京国立博物館の東洋館は耐震補強工事のため休館中で、201312日(水)にリニューアルオープンの予定です。同館では、館内の様子をいち早く見ることができるプレオープンツアーを9月に開催します。研究員が青銅器の大型展示ケース、耐震補強工事のポイントなどを解説しながら館内を案内してくれます。各回の定員は15名です。(文責 神谷)

 

プレオープンツアー「東洋館をめぐる旅」(1)~(4

日時: 2012915日(土) 1100~ (1

                   1400~ (2

     2012919日(水) 1100~  (3

                   1400~  (4

1)~(4)の内容はすべて同じです。

 

お申込み詳細は:

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=6161

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=1#1338433564-458396.jpg

 

特定非営利活動法人 文化財保存支援機構(略称JCP,東京都台東区)が、保存修復専門家養成の実践セミナーを開催します。参加資格は、現役の文化財保存修復専門家や大学で文化財コースを履修中、もしくは卒業し専門家を目指している方々です。定員は30名、受講時間は2年間で120時間。平成24年度の実施期間は下記の10日間です。東京国立博物館小講堂がおもな開催場所になります。

 

2カ年連続受講生に修了証書が授与されます。JCP会員技術者は、今後の修復事業参加を検討する際の目安となったり海外における文化財保存事業への派遣などの可能性があるそうです。

 

平成24年度実施期間<レベル1・Bコース>

2012825日(土)~29日(水)    (930123014001700

2012831日(金)~94日(火)  (930123014001700

 

平成24年度の参加費は、会員種別に応じて30,00080,000円になります。

応募締切は2012725日(水)。(文責 神谷)

 

お申込み詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1338433564-458396

 

 

カリキュラム(予定)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

レベル1・B(後期コース)合計60時間

Ⅰ.調査診断法【6時間】

・有機分析(3時間)

・カルテ(3時間)

Ⅱ.環境保全概論【9時間】

・文化財の梱包と輸送(3時間)

・地震と転倒(3時間)

・生物生息(3時間)

Ⅲ.基礎修理設計【15時間】

・洋紙(3時間)

・彫刻(3時間)

・東洋書跡(3時間)

・漆工(3時間)

・金工(3時間)

Ⅳ.基礎材料論【6時間】

・接着剤(3時間)

・顔料染料(3時間)

Ⅴ.特講【9時間】

・被災文化財対応について(3時間)

・油彩画技術(3時間)

・東博と臨床保存学(3時間)

Ⅵ.見学【15時間】

・都内美術館見学(6時間)

・町並み保存NPOと交流(6時間)

・その他(3時間)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hirameki120605.jpg

 

一橋大学社会科学古典資料センターは中学生・高校生を対象に、書籍の保存と修復の講座を開きます。募集人員は8名、申込締め切りは6/29(金)、主な内容は下記の通りです。(文責 神谷)

 

「本を残す 本を伝える~書籍の保存と修復」

日時: 2012716日(月) 12301630

プログラム:

1230~ 受付

1300~ 開講式

1320~ 講義(センター書庫見学、資料紹介)

1400~ 休憩

1410~ 実習(ページ修理と簡易製本、修復工房の見学)

1550~ 修了式(アンケート記入、ブックマイスター号授与)

16001630 茶話会・解散

 

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/hirameki.html

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事