講座: 2011年11月アーカイブ

main02_01.jpg

 

山梨県立文学館では、年2回、普段皆さんが見ることのできない書庫を

御案内しています。

今回の日程は、以下のとおりです。先着40名限定。申し込みは不要です。

お気軽にどうぞ!(ご案内より転載)

 

 日 時: 20111120日(日)

     ① 午前1030分~午前1115

     ② 午後 130分~午後 215

場 所: 閲覧室(1階)

内 容: 担当職員が、書庫に収蔵している芥川龍之介や太宰治・樋口一葉などの        

図書・雑誌を紹介しながら案内します。

      その他、画像情報として収録されている原稿の閲覧方法や検索システム       

の操作法を案内します。

 

山梨県立文学館のご案内ページ:

http://www.bungakukan.pref.yamanashi.jp/info/main02_01.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

archivist2011.jpg

 

本研修は、女性アーカイブの具体的な保存技術や整理方法をご紹介し、実務者同士の情報交換を行うことを目的としています。今年度は『災害経験を通して災害に備える』をテーマとし、資料の保存・管理方法と災害との関わりに重点を置いたプログラム編成となっています。アーカイブの保存や整理について新しい情報をお求めの方、これから業務にとりくむ方、関心をお持ちの方の御参加をお待ちしております。(開催要項から抜粋)

 

期日: 平成23121日(木)~122日(金) 12

募集人数: 女性史関係者、女性関連施設職員、図書館職員、女性史や女性アーカイブの保存・整理に関心をお持ちの方など30

3.日程・内容

 

第1日121日(木)

(1)開会13301345

挨拶 国立女性教育会館理事長 内海房子

オリエンテーション

(2)アーカイブと情報発信13451445

大規模災害時における情報の記録・保管・公開およびアーカイブの役割を学びます。

講師 常磐大学教授 坂井和志

(3)アーカイブと著作権15001600

情報の公開・発信と著作権についての理解を深めます。

講師 放送大学教授 尾崎史郎

(4)資料の保存・管理方法~紙資料編~ 16151715

媒体の保存管理と修復の基礎知識を身につけるとともに、被災資料への対応・事前にできる対策等を紹介します。

講師 株式会社資料保存器材 木部徹

(5)女性教育情報センター、女性アーカイブセンター見学17301800

(6)情報交換会(希望者のみ) 19002030

参加者相互の情報交換やネットワークづくりの場を提供します。

 

■第2122日(金)

(7)アーカイブの危機管理9451045

防災計画の立案および実施、配架・収納の手段等、災害対策の具体的な方法について学びます。

講師 国文学研究資料館准教授 青木睦

(8)女性アーカイブ概論11001200

女性に関わる原資料の定義と意義について、歴史学の視点から捉えます。

講師 上智大学教授 大澤正昭

(9)資料の保存・管理方法~フィルム・写真編~ 13001400

媒体の保存管理と修復の基礎知識を身につけるとともに、被災資料への対応・事前にできる対策等を紹介します。

講師 株式会社堀内カラー 肥田康

(10)事例報告および閉会挨拶14151445

国立女性教育会館女性アーカイブセンターの事例から女性アーカイブの普及・広報・活用の方法を学びます。

講師 国立女性教育会館情報課長 市村櫻子

4.主催 独立行政法人国立女性教育会館

5.会場 国立女性教育会館

3550292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728 番地

(東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12分)

URL: http://www.nwec.jp/

 

詳細は:

http://www.nwec.jp/jp/archive/archivist2011.html

 (文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック