講座: 2011年9月アーカイブ

 108.jpg

 

講師は、1980年代にルーブル美術館の絵画修復員として勤務したのち帰国し、1992年に「鎌倉美術修復工房」(神奈川県藤沢市)を設立した加賀優記子氏です。画材の扱い方や絵画の効果的な保存などのお話を聞くことができます。受講料は、一般が1,000円、学生が500円。

 

タイトル: 「修復家が語る画材の使い方」

日時: 2011108日(土) 14001600

会場: 名古屋国際センター センタービル3階 第一研修室

愛知県名古屋市那古野1丁目471

http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/aramashi/nicaccess

 

講師: 加賀優記子(鎌倉絵画修復工房代表)

主催: 中部の文化芸術を育む会

協賛: ㈱島本画材、ペベオ・ジャパン㈱

お申込み詳細は:

http://fashionjp.net/creatorsblog/suzuki/2011/09/108.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

old_books.jpg

日本の古典籍を所蔵する機関に勤める職員対象に講習会が開かれます。経験年数は概ね3年以内。

 

日程: 2012118日(水)~20日(金)

場所: 国文学研究資料館 大会議室(2階)、国立国会図書館 東京本館 研修室(新刊3階)

参加費無料、テキスト代500円、お申込み締め切りは1031日(月)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1/18(水)

開講式・オリエンテーション

講義 日本古典籍の基礎知識と問題点

講義 近世の出版と流通

講義 写本について

見学 国文学研究資料館の閲覧室と書庫

1/19(木)

講義 くずし字の読み方

講義 蔵書印の見方・読み方

講義 国文学研究資料館和古書目録データベースの作成

実習 国文学研究資料館和古書目録の作成

質疑応答・意見交換

1/20(金)

事務連絡

国立国会図書館主題情報部古典籍課長挨拶

講義 国立国会図書館における和古書書誌データ作成

講義 国立国会図書館における古典籍資料の電子化

資料保存関係の展示資料解説

講義・実習 資料保存の考え方・綴じの実習

国立国会図書館古典籍資料書庫の見学・資料紹介

質疑応答・意見交換

閉講式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://www.nijl.ac.jp/pages/event/seminar/2011/old_books.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

110920.jpg

 

201199日(金)に国会図書館で行われた「平成23年度都道府県及び政令指定都市議会事務局等図書室職員を対象とする研修」の資料が同館のサイトにアップされました。

内容は、「調査業務の進め方―情報収集から報告書作成まで」や「インターネットで使えるレファレンスツール」、「図書館資料の保存―予防的な対策」などです。

 

「図書館資料の保存―予防的な対策」の講義内容は、資料劣化・破損の予防や実際に傷んだ資料への対策、保管環境の管理や適切な取り扱い、劣化要因を取り除くことなどです。写真やイラスト入りで分かりやすく解説しています。

 

PDFで読める資料は下記の通り。

「予防的な対策 講義資料(1)」「予防的な対策 講義資料(2)」「実習1 クリーニング」

「実習2 簡易帙」

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/material/1192179_1486.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック