講座: 2009年11月アーカイブ

Basitakaradekiru.JPG

日本図書館協会 資料保存委員会は、下記の日程で研修会を開催します。 

テーマ : 明日からできる「資料保存の基礎技術」PART7

日 時 : 20091214日(月)9301630

会 場 : 日本図書館協会研修室

内 容:

①資料保存の基礎知識(スライド上映と解説)

②修理についての基本的知識(解説)と基礎的な修理(実習)

③無線綴じ本の修理(実習)

④保存と修理についての質疑応答と相談

講 師 : 資料保存委員会委員

定 員 : 20名(申込先着順)

持参用具:カッターナイフ、直定規(30cm以上)、ハンドタオル、ハサミ

参加費 : 日本図書館協会会員500円、非会員1,000円(当日会場でお支払い)

図書館協会の施設会員は一名まで会員扱い

申込方法:氏名、住所、電話番号、所属、会員・非会員の区別を明記の上、電子メールかFAXで下記まで。

 

申込先:日本図書館協会資料保存委員会(担当:高橋)

104-0033 東京都中央区新川1-11-14 TEL 03-3523-0812 FAX 03-3523-0842

E-mail : takahashijla.or.jp (@は半角に)

 

この記事は日本図書館協会のサイトには掲載されていません。

写真は記事とは関係ありません。

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

tokubetu-1.jpg

 

滋賀県立安土城考古博物館では、特別陳列 『よみがえった文化財―琵琶湖文化館の収蔵品と修復の世界―』を開催中です。

文化財の保護には、保存環境を整えて虫菌害から守ったり、防災・防犯に努めるなどさまざまな取り組みがあります。この中で、文化財の経年劣化による崩壊や損傷を防ぐ最終手段が「修復」です。今回の展覧会では、琵琶湖文化館収蔵の文化財公開と修復工程の様子をパネル紹介します。会期中には、滋賀県立琵琶湖文化館学芸員による修復事業の講演会やシンポジウム、修理報告などが開催されます。

 

琵琶湖文化館は滋賀県の財政状況悪化や施設の耐震強度診断ができていないことなどを理由に200841日より休館していますが、展覧会や定期的な文化財講座などの活動を県内施設で続けています。(文責 神谷)

 

(展覧会)

会 期 : 20091121(土)~2010117日(日)

会 場 : 滋賀県立安土城考古博物館 http://www.azuchi-museum.or.jp/

 

(記念講演会)

日 時 : 20091129日(日)13301500

会 場 : 滋賀県立安土城考古博物館

講 師 : 井上ひろ美(滋賀県立琵琶湖文化館学芸員)

タイトル : 「琵琶湖文化館と修復の世界」

 

(シンポジウム)

日 時 : 2009125日(土)13001630

会 場 : 滋賀県立安土城考古博物館

パネラー : 池野 保(県教育委員会事務局文化財保護課建造物担当)

        中井 均(県教育委員会文化財アドバイザー)

        井上 優(県教育委員会事務局文化財保護課美術工芸担当)

        井上ひろ美(県立琵琶湖文化館学芸員)

コーディネーター : 古川史隆(県教育委員会事務局文化財保護課美術工芸担当)

タイトル : 「文化財を残し伝える―修復・復元・複製―」

 

(修理報告)

日 時 : 20091219日(土)13301500

会 場 : 滋賀県立安土城考古博物館

講 師 : 古川史隆(県教育委員会事務局文化財保護課美術工芸担当)

タイトル : 「新宮神社薬師十二神将像の修復について」

 

 

詳細は安土城考古博物館 特別陳列のページで:

http://www.azuchi-museum.or.jp/img/h21tokubetu.pdf (pdf 535kb)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック