講座の最近の記事

sfjbd top.jpg


日仏図書館情報学会では、1月の講演会として下記の通り開催するとのことです。

参加費は無料ですが、事前申し込みが必要となります(定員50名、先着順)。


タイトル: フランス国立図書館・国立文書館建築の伝統と革新からみる資料保存

日時: 2018120日(土)14001600

会場: 日仏会館501号室

後援: 日本図書館協会

講師: 吉川也志保氏(一橋大学言語文化研究科特別研究員、専門:文化財保存学)

内容: フランスは世界で最初に納本制度を導入し、また近代的文書館制度を先駆的に確立した国として知られています。その伝統を継承して、フランスの国立図書館と国立文書館は、史資料の管理・保存のため、これまで建物の増築、改修を繰り返してきました。そして、国立図書館は1990年代にフランソワ・ミッテラン館、国立文書館は今世紀に入ってピエールフィット=シュル=セーヌ館を新設。

これらの館の実情に詳しい講師から、国立図書館・国立文書館の建物の側面及び変化する資料保管条件・国際規格の観点から、史資料の保存と活用の過去・現在・未来について講演していただきます。


お申込詳細は:

http://sfjbd.sakura.ne.jp

※パンフレットはこちら

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb170212.jpg

 

下記の通り開催されます。定員は先着50名、資料代は100円です。

 

日時: 平成29325日(土)午後130分~4

場所: 尼崎市中央地域振興センター コミュニティホール

    尼崎市開明町2-1-1開明庁舎内

     http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/siminsanka/013tyuotiikisinko/

内容: 報告1「下張り文書はがし作業とは」

         尾立和則氏(文化財保存修復家)

     報告2「下張り文書の保全と活用」

         松下正和氏(姫路大学人文学・人権教育研究所准教授)

     報告3「地域研究史料館のふすま下張り文書はがし作業とその成果」

         河野未央(尼崎市立地域研究史料館)

     ディスカッション

 

お申込み詳細は:

http://kaeru.la.coocan.jp/kobe_hanshin_history/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事