紙に関すること: 2017年1月アーカイブ

  npobook236-12.jpg

 

NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会(板倉正子代表)が『図書館修理虎の巻』という本をクラウドファンディングで出版予定です。

クラウドファンディング(Ready for)は1/27(土)1000にスタートし、現時点で99,000円集まりました。目標金額は500,000円、残り日数は38日です。書籍の修理にご興味のある方々にお知らせいただければ幸いです。

 

クラウドファンディング開始6日目(2/1)にプロジェクトが成立しました。

情報を拡散していただいた多くの方々、支援していただいた方々にお礼を申し上げます。(神谷)

 

大切な本を未来に残す。傷んだ本の修理技法書を作ります!:

https://readyfor.jp/projects/npobook236-1

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

lecture.jpg

 

下記の通り開催されます。お申込み先着50名、席に余裕があれば当日参加も可。

 

日時: 2017215日(水) 130017001230開場)

場所: 一橋大学附属図書館会議室(西キャンパス時計台棟1階)

プログラム: 

1300 開会挨拶 中野 聡(一橋大学副学長)

1305趣旨説明 屋敷二郎(一橋大が鵜社会科学古典資料センター教授)

1315:講演「洋書の紙質と本の寿命について」

吉川也志保(一橋大学言語社会研究科特別研究員)

1410 講演「洋紙の原材料を観察する」宍倉佐敏(女子美術大学特別招聘教授)

1500 講演「『モノ』が持つ情報とその保全~科学・技術の限界~」

加藤雅人(東京文化財研究所文化遺産国際センター国際情報研究室長)

1600 全体討論 質疑応答 

    コーディネーター 江夏由樹(帝京大学教授・一橋大学名誉教授)

1700 閉会挨拶 山部俊文(一橋大学附属図書館・社会科学古典資料センター長)

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/lecture.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

npobook236-1a.jpg

 

NPO法人書物の歴史と保存修復に関する研究会(板倉正子代表)が『図書館修理虎の巻』という本をクラウドファンディングで出版予定です。

一般の図書館員など専門家ではない方々に向けた、傷んだ本の修理マニュアル本は、2000年に『図書館員のための図書補修マニュアル』(小原由美子著)が出版されましたが、すでに絶版となっているため、新たに得られた知見なども加え上梓したいとのことです。

クラウドファンディングのページ"Ready for"は現時点では準備中ですが,2017127日(土)1000に正式にスタートします。

 

「傷んだ本の修理技法書を作り、適切な方法広めたい」Ready forページ:

https://readyfor.jp/projects/npobook236-1

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事