紙に関すること: 2016年4月アーカイブ

indexb160430.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第3回が歴史史料ネットワークのブログに掲載されました。記録映画『フィレンツェのために』を通じてアルノ川の氾濫の翌日の様子を語っています。

 

1966114日、フィレンツェ」の第3回「天使の誕生」:

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

1966114日、フィレンツェ」の第2回「あふれた川-114日」:

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

1966114日、フィレンツェ」の第1回:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2016/01/1966114.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Defaultb160428.jpg

 

日本図書館協会の図書館災害対策委員会が熊本地震による被災図書館の方へ、安全確保後の施設・資料の保全、サービスの再開について注意するポイントを掲載しています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<被災図書館の方へ>

図書館内の点検

資料の保全

復旧作業・資料レスキュー

市民の読書環境の確保、サービスの再開

震災の記録

<被災地周辺地域の図書館の方へ>

 防災マニュアルや事業計画を確認しましょう

 余震に注意し、防災・減災の対策をとりましょう

 貴重資料は中性紙の保存箱や封筒に入れるなどして安全な場所に置きましょう

<図書館の地震対策の参考になる図書>

<リンク>

<ご相談は>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本図書館協会 図書館災害対策委員会:

http://www.jla.or.jp/committees//tabid/600/Default.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

school160425.jpg

 

一橋大学では、西洋社会科学古典研究、西洋書誌学、西洋社会科学古典資料の保存・管理などをテーマに、第17回西洋古典資料講習会を2016629日(水)~71日(金)に開催。受講希望者を募集しています。定員は10名です。

 

会場は、一橋大学(東京都国立市中2-1)です。

受講料: 12,000

応募締切日: 2016513日(金)必着。

受講対象者: 国公私立大学図書館及び大学その他研究機関に所属する者で、西洋古典資料の

整理または調査研究に従事している者。ただし、応募者多数の場合は西洋社会

科学古典資料講習会終了者を優先。

内容: 西洋古典資料をはじめとする資料の修復保存の実習を中心にした講習。

WEB上では過去の講習会テキストを読むことができます。

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

18-25.jpg

 

沖縄県公文書館は沖縄県公文書館研究紀要の第18号(平成27年度)を発行しました。

 

主な内容は下記の通りですが、吉嶺 昭氏による「資料保存の取り組み~一筆地調査図の代替化を中心に~」では、琉球政府から日本復帰後に沖縄県で実施された地籍調査の過程で作成された一筆ごとの地調査図について、媒体変換前の修復や実際のデジタル化の手順などが詳しく述べられています。

 

「沖縄県公文書館研究紀要 第18号」・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・沖縄戦に関する新資料の紹介~援護業務関係文書を中心に~仲本 和彦

・県文書の利用状況から考察する評価選別のあり方福地 洋子

・資料保存の取り組み~一筆地調査図の代替化を中心に~吉嶺 昭

・公文書館の展示業務を考える豊見山 和美

・沖縄県公文書館ホームページのアクセス解析仲宗根 良江

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

沖縄県公文書館研究紀要の第18号(平成27年度):

http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/research/141

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160408.jpg

 

京都大学は、近年の国家財政状況や少子化、教育のグローバル化などさまざまな環境変化から、高い教育研究水準を維持・発展させることを目標に、2007年に京都大学基金を設立しました。基金は、教育・研究支援で「こころの未来基金」や「iPS細胞基金」など10件を設置しています。このほかにも課外活動支援や記念事業・資料保全事業で5件の基金がありましたが、新たに「文学研究科所蔵貴重資料修復基金」を設けました。

 

基金の用途は資料保存で、約100万冊あるといわれる文学研究図書館の蔵書のうち保存状態のよくない貴重資料の修復費用に充てられるとのことです。

 

京都大学基金 文学研究科所蔵貴重資料修復基金:

http://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/contribution/letters/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  07160407.jpg

 

国立国会図書館の情報誌「びぶろす」平成284月号が発行され、昨年12月に開催「平成27年度国立国会図書館長と行政・司法各部門支部図書館長との懇談会」の「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨が掲載されました。佐野氏は独立行政法人国立文化財機構保存修復科学センター副センター長です。

 

「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨

主な内容は、

1)    図書館資料の特徴

2)    立地と保存環境つくり

3)    フィルムの保存

4)    資料保存の基本

質疑応答です。

 

「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/2016/4/07.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事