紙に関すること: 2016年3月アーカイブ

soukou.jpg

 

本書は、文化庁の「国宝重要文化財等保存整備費補助金」の助成により制作されたものです。伝統的な装こう技術(*)に加え、現代の科学的な裏付けに基づいた修理や修理理念、修理倫理などを踏まえて書かれています。

 

当初の構想が「教科書(テキスト)」であったそうで、東洋絵画や書跡の素材や構造にはじまり、劣化の現象や修理技術、修理材料、道具類に至るまで、修理に関する基本的なことがらが述べられています。後半には、修理事例も多数載っています。写真やイラストも豊富で、初心者にもわかりやすい内容です。

 *装こうの「こう」はサンズイに「黄」です。

 

 

主な内容:

第1章     装こう文化財の素材と構造

本紙と装丁

本紙の素材と構造

1       基底財

2       彩色層

3       各種装丁に共通する素材・構造

4       装丁各論―各装丁(形態)ごとの構造と素材

5       保存収納

第2章     劣化・損傷を見分ける

1       現象別分類

2       部位別分類

3       原因別分類

 

修理技術・材料・道具

修理技術

1       装こう基礎技術

2       記録調査

3       クリーニング

4       シミ抜き(漂白処置)

5       剥落止め

6       肌裏紙取り替え

7       欠失部を補填する

8       折れ伏せ

9       乾燥

10    補彩

11    本紙補填材

12    接着剤

13   

14    補彩用絵具

15   

16    有機溶媒

17    施設

18    設備・道具

 

事例篇

第1章     絹本絵画の修理

第2章     紙本絵画の修理

第3章     紙・絹以外の基底材の絵画の修理

第4章     書跡の修理

 

 

『装こう文化財の保存修理 東洋絵画・書跡修理の現在』 

編集・発行: 選定保存技術保存団体 一般社団法人 国宝修理装こう師連盟

発行日: 2015年3月31日

監修: 稲葉政満、岡 興造、増田勝彦、三浦定俊

著者: 大林賢太郎

判型: B5判、395ページ、初版1,000

非売品ですが国立国会図書館をはじめ、一部の大学図書館などに収蔵されています。

 

国立国会図書館サーチ:

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026989534-00

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

entry-12126440772.jpg

 

紙を基材にした美術品や文化財を中心に保存修復を行っている伝世舎が「セロハンテープ痕の修復作業」をブログにアップしています。全3回のシリーズです。

 

紙の破れをセロハンテープで補修すると、その場ではよいのですが、長い年月でテープの粘着剤が劣化し、作品などを傷めてしまいます。「伝世舎のブログ」では、紙に浸透してしまったテープの粘着剤を除去するために溶剤と自作のサクションテーブルを使った修復事例を紹介しています。

 

 

セロハンテープ痕の修復作業 その1

http://ameblo.jp/denseisya/entry-12126440772.html

セロハンテープ痕の修復作業 その2 サクションテーブル:

http://ameblo.jp/denseisya/entry-12134144847.html

セロハンテープ痕の修復作業 その3 サクションテーブルでの作業

http://ameblo.jp/denseisya/entry-12136202628.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc160323.jpg

 

埼玉県立図書館の資料保存のページ「資料保存~未来へつながる保存の技術~」では同館の資料保存の取り組みや補修技術などを紹介。

本の劣化原因や日頃からできる本のケア、資料保存の基礎、修理の技術など基本的な知識が書かれています。

 

「資料保存~未来へつながる保存の技術~」:

https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/hozon/index.html#STEPUP

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb160309.jpg

 

国立国会図書館が図書館向けに資料保存に関する講義と実習「図書館における資料保存」の講師派遣の募集を開始しました。

 

研修時間は3時間で、「図書館における資料保存の考え方に関する講義」と「図書館資料の軽微な破損(ページの破れ、12ページ程度の脱落など)に対する簡易な補修手当ての実習が行われます。

募集期間: 平成2832日(水)~25日(金)

実施期間: 平成2841日(金)~平成29331日(金)

講師の旅費(交通費、宿泊費)は依頼者の負担です。

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/1214522_1485.html#theme4

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事