紙に関すること: 2015年5月アーカイブ

indexa150529.jpg

 

特定非営利活動法人 日本農学図書館協議会(JAALD)が「酸性紙図書の脱酸性化処理技術」の見学会を開催します。合わせて破損本の補修講習も行われます。

破損本を持参すると、補修についてのアドバイスもいただけるそうです。

 

セミナータイトル: 破損本の補修講習と脱酸処理技術の見学会

セミナープログラム:

・破損本の補修講習(実習あり)

・プリザベーション工場における脱酸処理作業の見学

講師: 株式会社プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン

開催日時: 2015624日(水) 14:00-17:00

開催場所:

株式会社プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン

埼玉県さいたま市中央区円阿弥7-3-23

集合:大宮西口1階のタクシー乗り場付近に1345分までにお集まり下さい。

参加費:

資料代: 会員(購読会員)1000円、非会員2000

定員: 25

お申込み締切日: 2015610日(火)

 

お申込み詳細は:

http://jaald.ac.affrc.go.jp/%e7%a0%b4%e6%90%8d%e6%9c%ac%e3%81%ae%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e8%ac%9b%e7%bf%92%e3%81%a8%e8%84%b1%e9%85%b8%e5%87%a6%e7%90%86%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%81%ae%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e4%bc%9a/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150528.jpg

 

カナダ国立図書館・公文書館(Library and Archives Canada: LAC)は、カナダ議会図書館に保管されていた1800年代以前の貴重書518冊の保存状態を調査しました。書籍の大半は革装本で、ほかにも紙や布、羊皮紙などが使われた本もあります。これらの本は湿気や温度、光、ホコリなどの環境要因によって傷んでいたということです。特に革装本は、革が赤茶けて粉状になった「レッドロット」と呼ばれる劣化現象のものもありました。

 

状態の良かった書籍は全体の5%程度で、30%の書籍は重大なダメ―ジがあり、残りの65%は何らかの劣化が見られました。15%の書籍は改めて容器などで保護したそうです。後日、詳しい報告書が出るようです。

 

Library and Archives Canada Blog(英語):

http://thediscoverblog.com/2015/05/27/new-additions-to-the-rare-books-collection-a-census/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=1#1432522430-847849.jpg

 

特定非営利活動法人 文化財保存支援機構が、今年度の文化財保存修復専門家養成実践セミナーを下記の通り開催いたします。

 

    「陸前高田学校」(文化財保存修復専門家養成セミナー・レベル?B

日程: 2015727日(月)〜82日(日)の7日間

会場: 陸前高田市立博物館ほか(岩手県)

参加資格: レベルⅠ・A、Bコースを修了、または27年度に修了予定の者(有料)

       東日本大震災被災区域の文化財保存修復従事者(無料)

 

    「文化財保存修復専門家養成セミナー・レベルIA

日程: 2015829日から98日の10日間

会場: 黒田記念館 セミナー室(東京都)/ その他

参加資格: 現役の文化財保存修復専門家

      大学等で文化財コースを履修中、あるいは卒業した者(専門家を目指す者)

      ※希望者多数の場合は監修者と委員会が選抜

 

お申込み詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1432522430-847849

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150525.jpg

 

書籍や紙資料、紙をベースにした絵画作品ほかの修復を手掛けている埼玉県さいたま市の㈱Conservation for Identity(CFID)が、修復時に本の背を補強する「クータ」と呼ばれる背幅に合わせて作った筒状の紙について、機能や有効性について考察しています。

 

数種の製本方法で、「クータ」の有無や幅の違い、素材の違いを比較しており、「クータ」を使用することによって、本の開きがよくなったことが確かめられたとのことです。

「クータ」の語源は「空袋(くうたい)」ということばが変化したものとも言われているそうです。

 

詳細は:

http://www.cfid.co.jp/2015/05/25/hollow-tube/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150508.jpg

 

資料保存講座(関東地区)

日 時: 2015520日(水) 14:3017:30

場 所: 日本図書館協会会館 2階 研修室

テーマ: 講義と実習:「図書館における資料保存」

1.     はじめに: 講義

 「図書館における資料保存の基本的な考え方」(30分)

2.     実習「傷んだ資料への手当て」

 ページの破れ、12ページ程度の脱落など

 図書館資料の軽微な破損に対する簡易な補修手当の実習

定 員: 20名(申込み先着順)

参加費: 会員無料、 非会員 3,000

 

お申込み詳細は:

http://www.jsla.or.jp/5-20/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

public-event-magna-carta-under-the-microscope.jpg

 

英国図書館では201591日までマグナカルタ制定800年記念の特別展を開催しています。

会期に合わせ、626日(金)に図書館の保全チームが公開イベント開催予定。

彼らは3年間をかけて科学的な調査のもと、マグナカルタを再額装しました。オリジナルのフレームを検査したのち憲章が入っていた小環境の空気を調べました。新しいフレームに使われる材料の安定性や適合性を赤外線分光法やpH測定、リグニンンのチェックなども行いました。

これらと同時に、近赤外分光法(NIRS)200倍の倍率の高解像度デジタル顕微鏡で原稿の表面(羊皮紙とインク)も調査しています。

 

詳細は:

http://britishlibrary.typepad.co.uk/collectioncare/2015/05/public-event-magna-carta-under-the-microscope.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc150507.jpg

 

下記の通り、和紙文化研究会の年度総会が行われますが、総会に合わせて動画の放映や特別講義も開催されます。見学代1,000円、事前登録制です。

 

月例会

日 時: 2015516 日(土) 1300 1700

会 場: 小津和紙本社ビル 6階会議室

1300 1320  「明暗」(早稲田大学會津八一記念博物館蔵)修復作業動画放映

1330 1440 特別講義「百万塔陀羅尼の料紙」  宍倉佐敏 会員

1500 1650  「2015年度第26期定期総会」

 

お申込み詳細は:

http://washiken.sakura.ne.jp/meeting/2670/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック