紙に関すること: 2014年12月アーカイブ

bunkazaiseminar2015.jpg

 

関西大学 国際文化財・文化研究センターが下記の通り「文化財保存修復セミナー」を開催します。対象は大学生、院生のほかに一般社会人も含まれています。講義日程は2015222日(日)から31日(日)までのうちの8日間です。全日程終了者には修了証書が与えられます。定員は30名、希望者多数の場合は選抜、お申込み締め切りは2015125日(日)です。参加費他は下記の通り。

 

実施期間: 2015222日(日)~28日(土)と31日(日)の全8日間

受講時間: 48時間(8日間) 

        講義が39時間で実習・見学が9時間

時間: 9301100110012301400153015301700

場所: 関西大学 国際文化財・文化研究センター 実験・講習室

    大阪府吹田市山手町3-3-35 関西大学千里山キャンパス 総合研究棟2

参加費: 一般 20,000 円 / 学生・院生 10,000 円 / 関西大学学生・院生 5,000

※当日、学生の方は学生証をご持参ください。

 

平成26年度文化財保存修復セミナー内容(予定)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

初級篇(48時間)

基礎文化財論

    人類の歴史と文化財」3時間 西浦忠輝(国士舘大学)

    文化財と自然科学」  1.5時間 澤田正昭(東北芸術工科大学)

    文化財保護と行政」 3時間井上  敏(桃山学院大学)

    基礎構造力学」1.5時間伊藤 淳志(関西大学)

 

文化財と環境

    自然環境と文化財」 1.5時間 西山 要一(奈良大学)

    文化財の生物劣化と対策()カビ」1.5時間 高鳥 浩介(東京農業大学)

    収蔵ならびに展示環境」1.5時間 魚島 純一(奈良大学)

 

文化財各論(保護と活用)

⑧「遺跡と構造物」3時間 上野邦一(奈良女子大学)

⑨「考古遺物」 1.5時間 増澤文武(NPOJCP

⑩「民俗資料」1.5時間 伊達仁美(京都造形芸術大学)

⑪「歴史資料」1.5時間 大林賢太郎(京都造形芸術大学)

⑫「美術工芸品(Ⅰ)絵画」1.5時間 園田直子(国立民族学博物館)

⑬「美術工芸品(Ⅱ)工芸」1.5時間 北村 繁(漆工芸家)

⑭「文化遺産の保存と活用」 1.5時間 平澤 毅(奈良文化財研究所)

 

文化財材料論

⑮「紙と布」 1.5時間 岡岩太郎(岡墨光堂)

⑯「木材」1.5時間 西浦忠輝(国士舘大学)

⑰「石材・レンガ等」1.5時間 西浦忠輝(国士舘大学)

⑱「金属」1.5時間 桐野文良(東京藝術大学)

 

特講

⑲「文化財保護における国際協力」1.5時間 澤田正昭(東北芸術工科大学)

⑳「世界遺産とユネスコの役割」1.5時間 西村 康(ユネスコ・アジア文化センター)

㉑「災害と文化財救援活動」 1.5時間 日高真吾(国立民族学博物館)

㉒「社会と文化財」 1.5時間 天野幸弘(元朝日新聞記者)

㉓「博物館の役割」1.5時間 魚島純一(奈良大学)

実習6時間 今津節生(九州国立博物館)

 

シンポジウム参加3時間

天空の古代都市「マチュピチュ遺跡」を護れ

-日本・ペルー国際共同研究の成果-

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.kansai-u.ac.jp/chc/bunkazaiseminar2015.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  iccrom141224.jpg

 

東京文化財研究所ではICCROMと共催で、日本の紙文化財の保存修復への基礎的な理解の向上を目的とした国際研修を開催します。対象は海外の紙文化財の保存修復を担当する学芸員、修復技術者等。研修では講義や実習を通じて日本の紙美術品の基本的な取扱いや保存修復に必要な材料・技法の基礎知識を学習します。今回のスタディツアーは美濃と京都です。

 

募集人員は10名です。申し込み締め切りは201532日(月)です。講義は英語で行われます。

 

日程: 2015831日(月)~918日(金)まで

会場: 東京文化財研究所(東京)ほか

主催: 東京文化財研究所、ICCROMInternational Centre for the Study of the Preservation and Restoration of Cultural Property、国際文化財保存修復センター)

参加費: 900ユーロ

 

詳細は(英語):

http://www.iccrom.org/international-course-on-conservation-of-japanese-paper-jpc/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141219.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、定員100名、申し込み先着順で申し込み期限は2015130日(金)です。

 

日時: 201524日(水) 13:3016:30(受付開始13 :00~ )

会場: 池袋サンシャイン文化会館7階 710号室

 

テーマ: 「木村伊兵衛の写真原板は...」

講師:田沼武能(公益社団法人 日本写真家協会 会長)

 

「写真の保存方法―包材を中心に―」

講師:吉田成(東京工芸大学芸術学部写真学科教授)

 

「包材メーカーと商社関係者による講習」

講演:()コスモスインターナショナル、(株)資料保存器材、()TTトレーディング(旧社名:特種紙商事())、日本無機()、フォト・ギャラリー・インターナショナル、ラーソン・ジュール・ニッポン ()

中性紙の包材とはどんなものか、どこで購入できるのかなど聞きたい内容について、国内の主要なメーカー、輸入業者の担当者が現物を手に紹介します。

 

詳細は:

http://www.jps.gr.jp/20150204-2/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  sennmonntoshokann268.jpg

 

専門図書館協議会が発行する隔月刊の雑誌「専門図書館」No.2682014.11月号の連載「ごぞんじですか?」の 第93回に「酸性紙の保存対策について―国立国会図書館の取組みを中心に」を国立国会図書館の山口佳奈さんが投稿しています。

 

投稿文には、酸性紙とその保存対策、国会図書館の取り組みなどが述べられています。国会図書館は酸性紙の保存対策の一環として、中性紙の使用率調査や所蔵資料のpH測定を行ってきました。同館では、調査結果をもとに酸性紙資料の脱酸処理を行っています。とくに、大量脱酸は昨年から正式にスタートしています。このほか、蔵書の媒体変換や保存容器、環境管理などにも言及しています。

 

「専門図書館」No.268201411月号

発行: 専門図書館協議会

http://www.jsla.or.jp/publication/bulletin/no268/

判型: B5判、74

頒布価格: 2,240円(年間予約、年6回 13,000円)価格は税込みです。

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック