紙に関すること: 2014年7月アーカイブ

 

例年、東京で開催されていた和紙文化講演会が、今年は福井県越前市で行われます。

今回は、講演会に展覧会と産地見学会が加わります。講演会と産地見学会は事前申し込みが必要ですが、詳細は後日発表されるとのことです。

 

① 第22回和紙文化講演会  

期 日: 20141124日(月) 1300~1730

会 場: いまだて芸術館(福井県越前市粟田部町11-1-1

テーマ: 「越前和紙の伝統と創造の世界」

      a)基調講演: 石川満夫(元福井県和紙協同組合理事長)

        増田勝彦 (和紙文化研究会副会長)

        名児耶 明(五島美術館副館長)

      b)パネルデスカッション 司会:増田勝彦 パネラー:石川満夫・名児耶 明、他

入場料: 1,500円 (和紙文化研究22号と要旨集代)

 

② 展覧会 〔 越前和紙を使った様々な分野の展覧会 〕

 期 日: 20141115日(土)~1214日(日)

 会 場: 卯立の工芸館全館 〈 オープニング・意見交換会は現在検討中〉

 テーマ: 「Echizen和紙を創作する」

 予想ジャンル: 日本画・書・版画・印刷・紙衣・表装・加飾・製本

 

③ 産地見学会  〈地図を参考に各々が自由に和紙工房を見学できる画期的な試み〉

期 日: 1125日(火)9:00~12:00

場 所: 越前市五箇地区

 参加費: 要(工房所在地図などの資料代)

 

詳細は:

http://washiken.sakura.ne.jp/admission/

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140702a.jpg

 201476日(日)430500のNHK番組「イッピン」にて「薄くてしなやか 極上の紙~高知 土佐紙」を放映予定。絵画や文化財などの修復に使われている、厚さ0.03mmという世界一薄い和紙「土佐典具帖紙」が紹介されます。

 

詳細は:

http://www4.nhk.or.jp/ippin/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック