紙に関すること: 2013年5月アーカイブ

kaminobunnkasi.jpg

 

著者はドイツの作家、ジャーナリストです。

「印刷することもできれば、モノを書くことも、破ることも折りたたむこともできる、白い魔術の顕現―紙。

電子ペーパーの時代を迎えた今、近代以降の礎となったアナログの世界、すなわち「グーテンベルクの時代」とそれを包括する「紙の時代」を新たに検証し、文学・史料の援用をまじえながら、物質/情報両面の媒体(メディア)たる紙を論じる。」(扉の解説より引用)

 

主な内容は、

プロローグ―紙を蝕む細菌

Ⅰヨーロッパにおける紙の普及

第1章      サマルカンドからの紙片

第2章      高まるざわめき

第3章      普遍物質

Ⅱ版画の裏で

第4章      <印刷されるもの>と、<印刷されないもの>

第5章      冒険者と紙

第6章      透明な活字

Ⅲ大規模な拡大

第7章      製紙機の悪魔

第8章      新聞用紙と、大衆紙の成立

第9章      照らし出される内面世界

第10章   近代の紙

エピローグ―アナログとデジタル

解説

参考文献

原注

索引

 

『メディアとしての紙の文化史』

著者: ローター・ミュラー

訳者: 三谷武司

発行日: 2013531

発行: 株式会社東洋書林

http://www.toyoshorin.co.jp/detail.php?isbn=9784887218130

判型: A5変形判、402

定価: 4,500円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

school130502.jpg

 

14回西洋古典資料保存講習会を73日(水)~5日(金)に開催。受講希望者を募集中です。

受講料: 12,000

応募締切日: 524日(金)必着。

 

社会科学古典資料センターでは、メンガー文庫、フランクリン文庫、ギールケ文庫保存修復事業での実績と経験をふまえて、図書館職員、西洋古典資料の研究者等を対象に、保存・修復に関する講習会を平成12年度から開講しています。少人数に対してきめ細かに実技指導を行う実習のほか、事前に受講生から提出されたレポートをもとに、専門家を交えて保存・修復のあり方を討議するコマも設けています。

 

講義内容は、「保存計画のための材料と環境」「劣化調査と保存計画」「資料保存と製本構造、調査票の記入・活用」「本のクリーニング、革装本の手入れ、書見台の制作」「ページ修理の基礎、保護ジャケットの制作」「保存箱と封筒フォルダーの制作」「保存製本」「国立国会図書館における東日本大震災被災資料への対応」です。

講師は、増田勝彦氏(昭和女子大学)と岡本幸治氏(製本家)、村上直子氏(国立国会図書館)です。

 

WEB上で過去の講習会テキストを読むことができます。

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事