紙に関すること: 2013年3月アーカイブ

045.jpg

 

国立公文書館の『北の丸』第45号(20131月発行)に表題の論文が掲載されています。『北の丸』は、同館の調査・研究の成果を掲載する雑誌です。国立公文書館のサイトからタイトルごとにpdfでダウンロードできます。

表題の論文は紙資料を中心とした物理的媒体の管理や保存の基準について、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスの3カ国の国立公文書館の取組について解説しています。

 

 

論文タイトル:

「紙媒体記録等の保管環境に関する標準化動向―諸外国の取組から―」

執筆者: 中島康比古

雑誌: 『北の丸』第45号 132151

発行日: 20131

 

『北の丸』第45号ダウンロードページ:

http://www.archives.go.jp/about/publication/kita/045.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130307.jpg

 

文化庁は、36日にユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に「和紙:日本の手漉き和紙技術」の提案をすることを発表しました。登録対象は、石州半紙(島根県浜田市)、本美濃紙(岐阜県美濃)、細川紙(埼玉県小川町)の3件です。このうち石州半紙は2009年に無形文化遺産として登録済みでしたが、他の2件を加えて新たに「和紙」として提案するものです。登録対象の3件は、国の重要無形文化財としてすでに保持団体認定されています。

 

文化庁報道発表:

http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/index.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック