紙に関すること: 2011年7月アーカイブ

washiyougoshuu110701.jpg

Paper house「紙の温度」(名古屋市)が、小冊子「和紙用語集」(全29ページ)を出版しました。企画編集は宍倉ペーパー・ラボ(沼津市)の宍倉佐敏氏と元国立歴史民俗博物館の外来研究員の渡辺 滋氏です。内容は、和紙にかかわる90の用語解説。2010年の国立歴史民族博物館研究報告の論文「国立歴史民俗博物館蔵 古文書・古典籍料紙の調査」 http://p.tl/LC13 がベースになっています。

 

「紙の温度」では、一冊630円(税込)で販売していますが、今回、同社のご好意で50冊いただきました。希望者の方に先着順、無償で郵送いたします。

「和紙用語集希望」として、送り先の住所、お名前などを下記メールアドレスへ連絡ください。(文責 神谷)

 

特種紙商事:

shop-tpm.tt-paper.co.jp  (@を半角に変換してください)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「和紙用語集」を編集した宍倉氏は『古典籍 古文書 料紙事典』も執筆、7/20に八木書店から発売の予定です。http://p.tl/LC13

 

八木書店 出版部:

http://www.books-yagi.co.jp/pub/index.htm

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『古典籍 古文書 料紙事典』の出版記念セミナーが「紙の温度」で下記の通り開催されます。

定員20名、参加費無料です。

日時: 812日(金) 13301500

会場: 紙の温度 2F オープンスペース

お申込み詳細は:

https://www.kaminoondo.co.jp/papiest/infomage_3.html

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事