文献: 2016年3月アーカイブ

soukou.jpg

 

本書は、文化庁の「国宝重要文化財等保存整備費補助金」の助成により制作されたものです。伝統的な装こう技術(*)に加え、現代の科学的な裏付けに基づいた修理や修理理念、修理倫理などを踏まえて書かれています。

 

当初の構想が「教科書(テキスト)」であったそうで、東洋絵画や書跡の素材や構造にはじまり、劣化の現象や修理技術、修理材料、道具類に至るまで、修理に関する基本的なことがらが述べられています。後半には、修理事例も多数載っています。写真やイラストも豊富で、初心者にもわかりやすい内容です。

 *装こうの「こう」はサンズイに「黄」です。

 

 

主な内容:

第1章     装こう文化財の素材と構造

本紙と装丁

本紙の素材と構造

1       基底財

2       彩色層

3       各種装丁に共通する素材・構造

4       装丁各論―各装丁(形態)ごとの構造と素材

5       保存収納

第2章     劣化・損傷を見分ける

1       現象別分類

2       部位別分類

3       原因別分類

 

修理技術・材料・道具

修理技術

1       装こう基礎技術

2       記録調査

3       クリーニング

4       シミ抜き(漂白処置)

5       剥落止め

6       肌裏紙取り替え

7       欠失部を補填する

8       折れ伏せ

9       乾燥

10    補彩

11    本紙補填材

12    接着剤

13   

14    補彩用絵具

15   

16    有機溶媒

17    施設

18    設備・道具

 

事例篇

第1章     絹本絵画の修理

第2章     紙本絵画の修理

第3章     紙・絹以外の基底材の絵画の修理

第4章     書跡の修理

 

 

『装こう文化財の保存修理 東洋絵画・書跡修理の現在』 

編集・発行: 選定保存技術保存団体 一般社団法人 国宝修理装こう師連盟

発行日: 2015年3月31日

監修: 稲葉政満、岡 興造、増田勝彦、三浦定俊

著者: 大林賢太郎

判型: B5判、395ページ、初版1,000

非売品ですが国立国会図書館をはじめ、一部の大学図書館などに収蔵されています。

 

国立国会図書館サーチ:

http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026989534-00

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

butuzousaikou1.jpg

 

著者の牧野隆夫氏は仏像修復を手掛ける吉備文化財修復所の代表です。本書は修復所開設以来300体以上の仏像を修復してきた著者30数年の経験の中から書かれたものです。

美術品や文化財の保存修復は科学的な裏付けの下で行われるのが現代の潮流ですが、信仰の対象となる仏像には単に材料学的な保存修復学だけでは割り切れないものがある、と著者は述べています。仏像の修復を通じて、日本人にとって仏像とは何か、文化財とは何か、などを語っています。

 

主な内容は、

仏像と修復について 少し長いまえがき

第一章 再興の再考 秘仏の移動で開幕したドラマ ――普門坊馬頭観音菩薩立像修理

第二章 修復家への道 ――国清寺釈迦如来坐像修理

第三章 東北へ――地域に根ざす仏像修理 ――向居薬師堂仁王像、薬師如来坐像修理

第四章 住職が求めた「もっと違う修理」――皎圓寺全仏像の修理

第五章 足場の上で考えたこと ――浅草寺仁王像修理

第六章 再び、再興の再考 ――願成寺光背化仏復元

第七章 調査から見えた神仏分離 ――修復家にとっての仏像

第八章 「仏の里」を守る仏二十四の魂 ――桑原薬師堂仏像群の修理

第九章 仁王尊百五十年ぶりの山門帰還 ――修禅寺仁王像修理・遷座

第十章 鎮魂と継承の再修理 ――地福寺地蔵菩薩坐像修理

あとがき 仏像とは何なのか?

資料1 旧桑原薬師堂仏像群修理工程

資料2 像種・部位名称・技法

 

『仏像再興 仏像修復をめぐる日々』

著者: 牧野隆夫

発行日: 2016220

発行所: 株式会社山と渓谷社

http://www.yamakei.co.jp/products/2815330670.html

判型: A5判、336ページ

定価: 1,800円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

160330.jpg

 

本書は、ネット検索では得られない図書館ならではの情報収集方法を解説しています。

著者の奥野宣之氏は大学卒業後、出版社や新聞社に勤務後フリーのライターとして活動、司書資格も取得されているそうです。

 

主な内容:

序章 図書館の「場」としての力

    図書館、その3つの力

第1章 「集中力」編

第2章 「発想力」編

第3章 「思考力」編

第4章 「教養力」編

5章 図書館のトリセツ

6章 「使える図書館」を探すための7つのチェックポイント

あとがき 利用者が「使える図書館」をつくる

付録 1枚!図書館ポートフォリオ

    ざっくりNDC一覧

 

 『図書館「超活用術」 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける』 

著者: 奥野宣之

発行日: 2016330

発行: 朝日新聞出版

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17852

判型: 四六判、224ページ

価格: 1,300円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

shasinnhozonnsennta.jpg

 

公益社団法人 日本写真家協会が発行している小冊子『日本写真保存センター4号』が、「日本写真保存センター」の設立構想や設立推進連盟の活動報告を載せています。同時に、写真の劣化と保存の現状なども報告しています。特に、写真フィルムの劣化事例や状態調査、実際のクリーニングや新包材への詰め替えなどの具体例は、写真フィルムの保存をされている個人や機関の方々にも参考になる内容になっています。

 

主な内容:

はじめに

「日本写真保存センター」の設立構想

「日本写真保存センター設立推進連盟」役員

「保存が望まれる写真」

後世に写真を残し伝えるために(田沼武能)

「日本写真保存センター」の活動

「日本写真保存センター」設立運動の歩み

写真の劣化と保存の現状

東京国立近代美術館フィルムセンター相模原フィルム保存庫

収集した写真の利活用

「日本写真保存センター」設立賛同者

広くみなさまのご理解とご協力をお願いいたします

「日本写真保存センター」事業実施体制

 

『日本写真保存センター4号』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

発行: 公益社団法人 日本写真家協会

編集: 松本徳彦・多田亞生

執筆: 松本徳彦・大亀哲郎・中川裕美・打林 俊・川村 惇

発行日: 平成251120

判型: A5判、63ページ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『日本写真保存センター4号』についてのお問い合わせ先:

http://www.jps.gr.jp/archive/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160328.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載を1月に開始しましたが、第2回が掲載されました。アルノ川の氾濫による国立中央図書館とガリレオ博物館の浸水の様子が述べられています。

 

1966114日、フィレンツェ」の第2回:

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

1966114日、フィレンツェ」の第1回のご紹介:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2016/01/1966114.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事