文献: 2015年5月アーカイブ

indexa150528.jpg

 

20124月に開設された東京学芸大学の大学史資料室が「大学史資料室報」Vol.2を発行しました。

428頁(pdf1.84MB)です。

 

主な内容は以下の通りです。

・大学資料の電子化をめぐる諸問題 大学史資料室室長 藤井健志

・元田直小伝―東京府尋常師範学校長就任時までの経歴・活動を中心に― 

大学史資料室専門研究員  小正展也

・大学史資料室展示報告「學藝アルバム-学生生活とキャンパスの移り変わり(2)-」

 人文科学講座准教授  及川英二郎

・平成26 年度活動報告

 

「大学史資料室報」:

http://www.u-gakugei.ac.jp/shiryoshitsu/newsletter/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=476.jpg

 

東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センターが『あなたにもできる!文化遺産 日常管理マニュアル』を制作しました。同研究センターのウェブサイトからデータをダウンロードできます。

豊富な事例写真やイラストで初心者にもわかりやすい内容の冊子です。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

地域文化遺産をお持ちの方へ

文化遺産に影響を与える環境と予防保存

文化遺産を守る日常管理サイクル

 

日常管理マニュアル

   仏像編・掛軸編・絵馬編

   油絵編・日常管理の必需品

 

コラム

 地域における文化遺産劣化予防対策の実践

 寒冷地の歴史的建造物、石造文化財の劣化と対策

 地域の文化遺産を守るということは

 

よくある質問

おわりに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

マニュアルはB534ページ、付録に「文化遺産日常管理チェックシート」がついています。

発行日: 2015319

発行: 東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター

執筆者: 石崎武志(保存科学)、米村祥央(保存科学)、岡田靖(仏像修復)、大山龍顕(東洋絵画修復)、森田早織(東洋絵画修復)、大場詩野子(西洋絵画修復)、石井紀子(仏像修復・研究補助)

 

『あなたにもできる!文化遺産 日常管理マニュアル』:

http://www.iccp.jp/?p=476

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

akaibukisosiroua150514.jpg

 

冒頭の8ページは「アーカイブを知る」と題しアーカイブに関する基本的なことがらを簡潔に解説しています。「法令編」では公文書管理法や国立公文書館法などの法令、地方自治体の関連条例など諸原則を網羅。巻末の付録には内外のアーカイブ関連施設一覧やアーカイブ関連法年表、公文書管理条例制定状況などがコンパクトにまとめられています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

■アーカイブを知る

1.     アーカイブとは

2.     情報から記録へ

3.     記録の発生から完結まで

4.     記録のライフサイクルとアーカイブ

5.     デジタルアーカイブとアーカイブ構築

6.     アーカイブの諸原則

7.     アーカイブ:残すということ

8.     アーカイブに関する法令とその基盤

 

■法令編

1 公文書管理法、2 公文書管理法施行令、3 行政文書の管理に関するガイドライン、4 特定歴史公文書等の保存、利用及び廃棄に関するガイドライン、5 公文書館法、6 公文書館法の解釈の要旨、7 国立公文書館法、8 情報公開法(抄)、9 特定秘密保護法(抄)、10 個人情報保護法(抄)、11 図書館法(抄)、12 博物館法() 13 著作権法(抄)、14 札幌市公文書管理条例、15 山口県文書館条例、16 神奈川県立公文書館条例、17 寒川文書館条例、18 大阪大学アーカイブズ規程、19 アーキビストの倫理綱領、20 文化財を守る青い盾―ブルーシールドとハーグ条約、21 世界アーカイブ宣言、《付録》 アーカイブ関連施設、アーカイブ関連法年表、公文書管理条例制定状況

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

発行日: 2015430

編著: 小川千代子・菅 真城

発行所: 大阪大学出版会

http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-495-9.html

判型: A5判、166ページ

定価: 1,500円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

konnnatoki.jpg

 

本書は、2005年に発行された『こんなときどうするの?図書館における危機安全管理マニュアル作成の手引き』の改訂版として20137月に編集会議がスタートして、201410月に出版されました。全国の各館が危機管理マニュアルを作成するためのヒントが書かれています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はしがき

本書を手にとられた皆様へ

危機管理を考える前に

0章    心構え

危機発生時の心がまえ~総合共通事項

犯罪発生時の対処~総合共通事項

1章    利用規則やマナーをめぐるトラブル

    利用規則の違反、過剰要求

    利用マナーをめぐるトラブル

2章    利用者からの申し立て

子どもが助けを求めてきたとき

DV(ドメスティックバイオレンス)

ストーカー・つきまとい

3章    職員への不当行為

職員への暴言、大声で威嚇、暴力

職員へのセクハラ

職員へのつきまとい・わいせつ電話

4章    不審な行動をとる利用者をみかけたとき

不審な行動

認知症によるトラブル

自閉症の人への対応

5章    施設・備品の破損

トイレの水漏れ、水道管破裂、ガス漏れ

図書館施設の汚損

6章    病人や事故が発生したとき

急病・ケガ・意識不明・急死

感染症の発生

子どもの事故

自動ドア、エレベータ―などに挟まれる

移動図書館車の事故

敷地内での交通事故

7章    施設(敷地)内での犯罪行為

利用者の持ち物の盗難・置き引き

痴漢行為を発見、通報を受けた

子どもへのわいせつ行為

凶器を持って入館

一方的な暴力行為

薬物の使用

図書館備品の盗難

盗難資料の売却

開館時間延長によるセキュリティの問題

8章    施設(敷地)内でのトラブル

遺失物

不審物の放置

家庭ごみなどの廃棄および放置物

動物の放置・遺棄

動物の侵入

害虫・昆虫の侵入

駐車場の利用に関するトラブル

戦争

9章    災害

自然災害1 台風・大雨・浸水・土砂災害・落雷・竜巻

自然災害2 寒波・熱波・雪害

自然災害3 噴火・溶岩噴出・火山ガス噴出・火砕流・火山泥流など

自然災害4 地震・津波・液状化現象

原子力災害

10章  職員倫理にかかわる問題

    情報管理

    職務規律

    その他

参考資料

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『みんなで考える こんなときどうするの?―図書館における危機安全管理マニュアル作成の手引き』

編者: 日本図書館協会図書館政策企画委員会『こんなときどうするの?』改訂版編集チーム

メンバー 石川敬史(十文字学園女子大学)

      加藤孔敬(東松島市図書館)

      倉持正雄(文京区立真砂中央図書館)

      白井恵子(君津市立図書館

      鈴木史穂(福島県立図書館)

      戸張裕介(調布市立図書館国領分館)

      中沢孝之(草津町立図書館)

発行者: 公益社団法人 日本図書館協会

http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000408/Default.aspx

発行日: 20141010

判型: A5判、244ページ

定価: 1,500円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック