文献: 2015年4月アーカイブ

saigai150419.jpg

 

本書は、人間文化研究機構の連携研究プロジェクト「大規模災害と人間文化研究」がもとになっています。編者は国立国語研究所教授です。おもに、20113月の東日本大震災以降に行われた、同プロジェクトの講演やレスキュー活動などが述べられています。

 

人間文化研究機構:

国立歴史民俗博物館、国文学研究資料館、国立国語研究所、国立民族学博物館、総合地球環境学研究所、国際日本文化研究センターの6つの機関が所属しています。

http://www.nihu.jp/

 

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき 木部暢子

第一部    震災を知る

講演 津波を越えて闇から光へ 山浦玄嗣

第二部    死者との対話

生者の記憶、死者との対話 林 勲男

「無名の死者」の捏造

―阪神・淡路大震災のメモリアル博物館における被災と復興像の演出の特徴 寺田匡宏

第三部    文化財をレスキューする

文化財レスキュー活動を展示する

―文化財レスキュー活動を通した地域の多元的ネットワークと博物館 葉山 茂

文化財レスキューと生活文化の再創造

―気仙沼少々汐オオイの事例から 小池淳一・川村清志

生活文化の記憶を取り戻す

―文化財レスキューの現場から 日髙真吾

東日本大震災における被災文書の救助・復旧活動 青木 睦

第四部    過去から未来へ

昭和三陸津波後の集落に見るコンパクトな復興 岡村健太郎

多文化共生社会における外国人支援

―災害時・通院時のマニュアル作成を通して 金愛蘭

民間所在資料保全の過去・現在・未来 西村慎太郎

執筆者プロフィール

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『災害に学ぶ―文化資源の保全と再生』 

編者: 木部暢子

発行所: 勉誠出版株式会社

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100450

発行日: 2015331

判型: 四六判・上製 256

定価: 3,200円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hozon150428.jpg

 

本書は、古代ギリシアや近代イタリアの絵画修復の歴史を振り返りながら、修復の技術や考え方の変遷をまとめたものです。201411月に京都大学大学院人間・環境学研究科に筆者が提出した博士論文「保存修復の技法と思想―チェーザレ・ブランディ(4906-1988)の介入論理を軸として」が本書のもとになっているそうです。巻末には絵画修復にかかわる用語集(57語)もついています。

 

チェーザレ・ブランディは、1939年ローマに中央修復研究所を創設し所長を務めたのち、大学で美術史などを教えていた方です。同氏が著した"Teoria del restauro, Einaudi Editore, Torino 1977"は、各国語に翻訳され、その後の絵画修復家に多くの影響を与えています。日本でも『修復の理論』(三元社)という題名で2005年に出版されました。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

序章「診断」

第一章 洗浄の哲学―可逆性

1 「ここに、特定の「病気」は存在しない」

2 古色再考

3 近現代フィレンツェの修復学

第二章 補彩の技法―判別可能性

1 「再び花開く」こと

2 作者を騙る―贋作、複製、偽造

3 中間色の考案

第三章 甦る芸術の生を求めて―適合性

1 素材の調和へのまなざし

2 副次的なもの(パレルゴン)と保存修復

3 ヴァンダリズムとバーンネット・ニューマン論争

第四章 修復という「嘘/ファンタジー」―最小限の介入

1 介入倫理

2 「不変」の創造は可能か

3 パブリック・アートの救出

第五章 欠落と証言のアーカイヴ―保存修復としてのドキュメンテーション

1 記憶し、救い出すこと

2 ドキュメンテーション制度の起源

3 現代美術への介入

第六章 保存修復学再考―「修復は、一瞬の閃光ではない」

1 ブランディ『修復の理論』のアクチュアリティと応用可能性

2 日本とイタリアの修復学の交差

3 修復における「余剰なもの」「埃」

資料

あとがき

参考文献

用語集

人名索引

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『保存修復の技法と思想 古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで』 

 

著者: 田口かおり

発行所: 株式会社平凡社

http://www.heibonsha.co.jp/

発行日: 2015331

判型: A5判、333

価格: 4,800円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

koubunn150419.jpg

 

著者は国立公文書館研究職を経て、現在は筑波大学人文社会系教授です。

本書は3部構成となっています。第1部はアーカイブズとは何か、に始まる基本的な考え方を述べています。第2部は国の行政機関に関する公文書等とその管理について。第3部は、公文書やアーカイブズなどの管理体制にかかわる5冊の著書の書評を転載しています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はしがき

第1部      公文書管理法の制定とアーカイブズをめぐって

―「歴史公文書等」とは何か―

第1章      公文書とは何か

第2章      アーカイブズと史料

第3章      公文書管理法と歴史学研究

第4章      公文書・私文書の活用と近代史研究

第2部      近現代史料としての公文書の発生と保存

―我が国の中央行政機関を例にして―

第5章      公式制度の変遷と太政官・内閣における公文書管理

第6章      内閣記録局における公文書の編纂と保存

第3部      公文書/アーカイブズ/史料をめぐる課題

5冊の著書への書評をとおして―

第7章      鈴江英一著 『近現代史料の管理と史料認識』

第8章      青山英幸著 『記録から記録史料へ ―アーカイバル・コントロール論序説―』

第9章      大石 学著 『近世公文書論 ―公文書システムの形成と発展―』

第10章   丑木幸男著 『戸長役場史料の研究』

第11章   瀬畑 源著 『公文書をつかう ―公文書管理制度と歴史研究―』

初出一覧

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『公文書管理法とアーカイブズ 史料としての公文書』 

著者: 中野目 徹

発行日: 20154月(初版 800部)

発行所: 岩田書院

http://www.iwata-shoin.co.jp/

判型: A5判、120頁 並製本

定価: 1,600円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150417.jpg

 

本報告書は、2014124日(木)に東京文化財研究所にて開催された同タイトルの研究会の報告書です。

研究会「これからの文化財防災―災害への備え」:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2014/10/post-438.html

 

4で全182ページのPDFファイルを7分割でダウンロードできます。

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

序・主催者あいさつ

【セッション1】 レスキュー後に得られた技術的知見と課題

 「修復の課題―岩手県陸前高田市から救出された紙を素材とする資料を例にして―」

 赤沼英男(岩手県立博物館)

 「水損資料の処理」 高妻洋成(奈良文化財研究所)

「放射能対策」 佐野千絵(東京文化財研究所)

「記録に関する課題」 森井順之(東京文化財研究所)

【セッション2】 モノを引き継ぐ―復興への道しるべ

 「文化財ドクター派遣事業」 関口重樹(文化庁文化財部建造物担当付)

 「埋蔵文化財調査」 近江俊秀(文化庁文化財部記念物課)

 「無形文化遺産の復興」 吉田純子(文化庁文化財部伝統文化課)

【セッション3】 今後の備え1-自治体の文化財防災対策

 「愛知県~災害への備え―まず、できることから―」 村田眞宏(愛知県美術館)

 「三重県~東日本大震災以降の三重県における博物館等の災害時に向けた取組について」

 間渕 創(三重県総合博物館)

 「和歌山県~和歌山県施設博物館等連絡会議の設置に向けて」

 浜田拓志(和歌山県立近代美術館)

【セッション4】 今後の備え2-文化財関連団体の体制構築と連携

 趣旨説明

 文化財保存修復学会 日髙真吾(愛知県美術館)

 全国美術館会議 村上博哉(国立西洋美術館)

 自然史系博物館 窪寺恒己(国立科学博物館)

 全国歴史民俗系博物館協議会 久留島 浩(国立歴史民俗博物館)

 資料館 青木 睦(国文学研究資料館)

 図書館 大島康作(国立国会図書館)

 資料ネット 奥村 弘(歴史資料ネットワーク)

 国立文化財機構 岡田 健(東京文化財研究所)

 文化庁 朝賀 浩(文化庁文化財部美術学芸課)

 

 パネルディスカッション

 コーディネーター 半田昌之(日本博物館協会)

 パネラー 日髙真吾、村上博哉、窪寺恒己、久留島 浩、

青木 睦、大島康作、奥村 弘、岡田 健、朝賀 浩

【ポスター】一覧

•津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト

•陸前高田市被災民俗資料の安定化処理と修復

•陸前高田市被災民俗資料の安定化処理と抜本修復

•文化財の放射線対策に関する調査研究

•東日本大震災における宮城県の活動

•救え!故郷の証-つながれ! MIYAGI

•東日本大震災における仙台市博物館市史編さん室の資料レスキュー活動

•東日本大震災における東北歴史博物館の活動

•東北地方太平洋沖地震文化財等救援事業における東京国立博物館の活動報告(1

•東北地方太平洋沖地震文化財等救援事業における東京国立博物館の活動報告(2

•被災文化財等救援活動における資料保存処置トリアージの重要性

•被災文化財等救援活動における保存修理

•被災文化財等救援活動における人材育成

•被災当世具足の保存修復

•石巻文化センター被災文化財

•東日本大震災で被災した民俗資料の脱塩に関する一考察

•文化財レスキュー作業日報

•文化財レスキュー活動を通じて得られた画像の整理の試み

•大津波被災文書の換装経過観察と紙質分析

奥付

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

報告書「これからの文化財防災―災害への備え」:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/report_h27/index.html

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

201503-46971102.jpg

 

2015318日に吉田南総合図書館(京都府京都市)で開催された資料保存講習会「こわれた本、なおしませんか?」のスライドが、「縦に並べて見るサイトSSSSLIDE」にアップされました。壊れた本の修理だけでなく、用紙の酸性紙問題や予防的保存など書籍の保存修復に関する基本的なことがらが述べられています。

SSSSLIDEは、パワーポイントなどのプレゼンテーションソフトを共有するサービスのSlideShareSpeakerDeckにアップされたスライドを「縦にスクロールしながら読むこと」ができるサイトです。

 

(参考)

SlideShare

http://www.slideshare.net/

SpeakerDeck

https://speakerdeck.com/

 

「こわれた本、なおしませんか?」SSSSLIDE

http://sssslide.com/www.slideshare.net/yoshidasouthlib/201503-46971102

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SCN_0001150414.jpg

 

「東京大学経済学部資料室年報」第5号(平成26年度)が刊行されました。東京大学経済学図書館で閲覧することができます。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

特集1 2014公開ワークショップ

  Jeremy Bentham and the Computer AgeReflections on Crowdsourcing the

Transcription of Hand written Documents Philip SCHOFIELD, Tim CAUSER

「2014公開ワークショップ デジタル・ヒューマニティーの最前線と経済学史研究」

参加記 森脇優紀

 

特集2 文化資産としてのマイクロフィルム保存に関する基礎研究:

  実態調査からの実証的分析

  日本の専門図書館におけるマイクロ資料の保存の現状: 質問紙に「よる調査結果から

   安形麻理・矢野正隆・上田修一・佐野千絵・小島浩之

  統計からみた日本の図書館のマイクロフィルム 小島浩之

  日本におけるマイクロフィルムの状態調査 矢野正隆

 

論説

 中世における牛玉宝印の料紙について 富田正弘

 伊波普猷文庫『遺老説伝』四冊本の装幀と料紙について 前村佳幸・小島浩之

資料紹介

 オウエン文庫「THE TOWN OF LANARK」について 宮下千代

 近世・近代社会経済資料デジタルアーカイブ 矢野正隆

彙報

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「東京大学経済学部資料室年報」第5号(平成26年度)」(非売品)

発行日: 2015331

編者: 東京大学経済学部資料室

発行者: 東京大学経済学部資料室

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=6376

判型: A4版、94

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

book150413.jpg

 

本書は、マイクロフィルムの構造や製造方法とその歴史などの基礎知識に始まり、大規模マイクロ化の実例や劣化のメカニズム、保存環境や取り扱いなどの実践的な内容まで、幅広くマイクロフィルムに関する知識を取り上げています。

 

全体は、第Ⅰ部 フィルム資料の基本、第Ⅱ部 マイクロフィルムの劣化と保存環境、第Ⅲ部 現状と課題、の3部に分かれていますが、特に「現状と課題」には全180ページの約半分のページ数を割いており、マイクロフィルムの保存の現状や保存の考え方などが詳しく述べられています。

 

マイクロフィルムの保存については、過去にリーフレットやマニュアル、劣化調査報告書などが様々な機関などから出版されていますが、ここまでまとめられた日本語文献はなかったように思われます。博物館や美術館、公文書館など、図書館以外の機関においても十分に役立つ文献です。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

第Ⅰ部 フィルム資料の基本

1章          マイクロフィルムの基礎知識

1.1資料としてのマイクロフィルム

1.2マイクロフィルムの構造と種類

1.3マイクロフィルムの取り扱いと収納

2章          メディアとしてのマイクロフィルム

2.1マイクロフィルムの出現と影響

2.2 20世紀中期のニューメディア

2.3マイクロフィルムのコレクションの種類

2.4資料保存の媒体としてのマイクロフィルム

3章          製造・撮影現場からみたマイクロフィルム

3.1フィルムの製造から撮影・現像まで

3.2マイクロフィルムの特性

3.3大規模マイクロフィルム化の作業

第Ⅱ部 マイクロフィルムの劣化と保存環境

1章       マイクロフィルムの保存と劣化対策

1.1マイクロフィルムの劣化とその要因

1.2マイクロフィルム劣化対策の基本

附節 水損フィルムの復旧について

2章       フィルムの保存環境

2.1資料保存のための環境整備

2.2温湿度管理とカビ対策

2.3空気清浄と酢酸対策

第Ⅲ部 現状と課題

1章       日本の図書館におけるマイクロフィルムの保存の現状

1.1公的統計からみたマイクロフィルムの現状

1.2訪問調査からみたマイクロフィルムの現状

1.3質問紙調査からみたマイクロフィルムの現状

1.4自由記入から浮かび上がる諸問題

2章       マイクロフィルム保存のための方策

2.1マイクロフィルム保存の考え方

2.2劣化発症の前に

2.3劣化対策の初動

2.4状態調査

2.5調査のあとで

おわりに

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 『図書館資料としてのマイクロフィルム入門』 

編者: 小島浩之

著者: 安形麻理・上田修一・小島浩之・佐野千絵・野中治・矢野正隆

発行者: 公益社団法人 日本図書館協会

http://www.jla.or.jp/publications//tabid/87/pdid/p11-0000000420/Default.aspx

発行日: 2015330

定価: 1700円(税別)

 

  SCN_0001150413.jpg

 

なお、東京大学経済学部資料室では上記出版に合わせ、『図書館・博物館・文書館のためのマイクロフィルム保存ガイド』(A3、二つ折り、フルカラー)も制作しています。マイクロフィルム保存のためのエッセンスが豊富な写真図版とともに書かれています。

 

上記の保存ガイドは、4/27にサイトにアップされました。(pdf5.75MB)

http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/bitstream/2261/56684/1/micro_guide.pdf

詳しいお問い合わせは、

東京大学経済学部資料室へ FAX 03-5841-5531、 e-mail shiryoe.u-tokyo.ac.jp (@は半角に)

 

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150410.jpg

 

「博物館総合調査」は約5年おきに実施されていますが、このたび平成25年度の調査結果がウェブサイトに掲載されました。全国4045館を対象に平成252013)年12月に実施し、有効回答2258館(55.8%)とのことでした。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

•表紙

•平成25年度の「博物館総合調査」のデータと「基本データ集」の作成について

•博物館総合調査(平成25年度版)調査票

•「博物館総合調査」の概要

•基本データ集

回答館の基本属性

1. 館の特質について

2. 館の設置・運営

3. 組織について

4. 敷地・建物及び設備

5. 来館者向けのサービス施設

6. 開館状況

7. 入館料

8. 入館者

9. 資料と調査研究

10. 展示

11. 教育普及活動

12. 広報・出版活動

13. 友の会

14. 後援会・協力会

15. ボランティア

16. 部外連携・交流

17. 財政

18. 危機管理

19. 貴館(自館)と我が国の博物館界の課題

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の博物館総合調査:

http://www.museum-census.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

sub19150408.jpg

 

広島県立公文書館は、土砂災害などで被災したアルバムや写真への対処方法を、同館が行った作業経験をもとに「土砂災害で被災したアルバム・写真への対処法(手引き)」をまとめ、サイトに掲載しました。

主な内容は

1.     被害を受けたアルバムから写真を取り出す

2.     写真の洗浄

です。

 

広島県立公文書館「保存管理講座」のページから:

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/monjokan/sub19.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

post-5b3e.jpg 

 

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会広報・広聴委員会が編集する「記録と史料」第25号が発行されました。「日本のアーキビストblog版」に目次が掲載されています。

 

日本のアーキビストblog版:

http://archivists.cocolog-nifty.com/archivists/2015/04/post-5b3e.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

0609r_report.jpg

 

東京都公文書館が調査研究年報<WEB版>を3月に創刊しました。

「当館は、歴史資料として重要な公文書等の収集、保存及び公開・閲覧を行うとともに、都に関する修史事業を通じて、公文書等を都民共有の財産として広く利用していただく役割を担っております。(中略)今回、この成果をより広く共有し活用していただくために、「東京都公文書館調査研究年報<WEB版>」を刊行することとなりました。」(「創刊にあたって」より)

 

主な内容は下記の通り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・表紙・奥付

・創刊にあたって / 東京都公文書館長

・【研究報告】東京都公文書館の歴史 文書疎開から 30年公開まで / 白石弘之

・【研究ノート】占領期都政史研究の可能性

―国立国会図書館収集「プランゲ文庫」の新聞調査から― / 齊藤伸義

・【活動報告】東京都公文書館・国立ハンセン病資料館共催展示

 『人権の歴史とアーカイブズ―ハンセン病、隔絶の歴史を超えて』 / 西木浩一

・【活動報告】東京都公文書館 企画展示

「子どもの見た戦争 手紙が語る学童疎開」 / 長谷川怜

・【アーカイブズの動向】

小谷允志『文書と記録のはざまで―最良の文書・記録管理を求めて』

から見える2000年代の動向 / 工藤航平

・刊行物案内

・利用案内

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

調査研究年報(WEB)・研究紀要のページ:

http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/0609r_report.htm

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

nihonnmonodukuri.jpg

 

本書は、国立科学博物館に2014年までに登録された「重要科学技術資料(略称 未来技術遺産)」184件を一冊にまとめたものです。

「重要科学技術資料」とは、日本で育まれてきたすべての科学技術を対象に重要な資料をくまなく調査し、それらの保存と活用を図ろうというものです。

「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ」ものと「国民生活、経済、社会、文化のあり方に顕著な影響を与えた」ものを企業や業界団体、行政・学術機関などと協力しながら登録候補を選んでいます。登録された製品は一部は非公開のものもありますが、大半は開発した企業や保存している博物館などで実物を見ることもできます。

 

弊社の親会社である特種東海製紙㈱の製品「パンチカード(レミントン統計カードとIBM統計カード)」も2013年、未来技術遺産に登録されています。パンチカードには、耐久性や寸法安定性、静電気の発生低減、パンチ穴の打ち抜きに対する機械適性などが求められました。これら製品は、継続的な高品質化が行われ、日本の情報用紙分野の技術が高まったことが登録の理由です。

 

主な内容は、

先人たちの努力と経験を、未来へ伝えるために

Q&A「未来技術遺産」って何ですか?

Systematic Field1 映像・情報・コンピュータ

Systematic Field2 電気・電力

Systematic Field3 産業機械

Systematic Field4自動車・船・一般機械

Systematic Field5 金属

Systematic Field6 化学

Systematic Field7 繊維・紙・木材

Systematic Field8 鉱業・建設・窯業

Systematic Field9 食品・農林漁業

国立科学博物館 重要科学技術資料(未来技術遺産)全リスト(20082014年度登録分)

 

『日本のものづくり遺産―未来技術遺産のすべて―』

監修: 独立行政法人国立科学博物館、産業技術史資料情報センター

発行日: 2015410

発行所: 山川出版社

https://www.yamakawa.co.jp/product/15068

判型: B5判、232

価格: 1,800円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事