文献: 2012年10月アーカイブ

bigcomicspirits121022.jpg

この企画は、小学館の発行する週刊ビッグコミックスピリッツに漫画家の細野不二彦氏が提案したものです。「3.11を忘れないために」と題し、大震災復興支援協力企画として細野氏を含む8名の漫画家が小学館の漫画雑誌に描き下ろす読み切りシリーズ。各作品は来春に単行本化し、必要経費を除くすべての収益と印税を東日本大震災の復興支援に寄付するそうです。

 

「ギャラリーフェイク 特別編」は47号(10/22)と48号(10/29)に連載されます。作者は、宮城歴史資料保全ネットワーク(代表者 東北大学 平川 新教授)のレスキュー活動を取材したようです。作品には津波で被災した文書群の修復シーンなどが出てきます。(文責 神谷)

 

「ビッグコミックスピリッツ」 No.47

発行日: 20121022

発行: 小学館

http://spi-net.jp/this_week/index.html

定価: 340円(税込)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

mizunobunnka41.jpg

 

食酢の製造で200年以上の歴史がある㈱ミツカンは2004年に「ミツカン水の文化センター」を設立しました。同センターが発行する機関誌「水の文化」No.412012年7月号)が「和紙の表情」を特集しています。和紙にかかわっているさまざまな分野の専門家やアーティストを取材、内容はWEB上で読むことができます。(文責 神谷)

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伝統産地の和紙ソムリエが語る

和紙の今昔物語 杉原 吉直

越前和紙の息使い 編集部

植物繊維としての和紙 宍倉 佐敏

近世出版事業の隆盛と和紙需要 藤實 久美子

石碑を写す拓本の妙技 河合 荘次

デザインをプラスする産地の力 毛利 元信

心を包む折形礼法 山根 一城

シリーズ里川

心優しい人たちが守る

アカタンの水 五十川 嘉美

木版画を見立てる審美眼 デービッド ブル

文化をつくる

和紙の表情 編集部

水の文化書誌 32

東日本 名水の旅へ 古賀 邦雄

里川文化塾ご案内

インフォメーション

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「水の文化」No.41のページ:

http://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no41.html#01

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

jouhounokagakutogijutsu10.jpg

 

一般社団法人 情報科学技術協会が発行する機関誌「情報の科学と技術」201210月号が「アーカイブズの現在」と題して特集を組んでいます。主な内容は下記の通りです。

同協会では、雑誌の発行から6カ月経過で内容を無料公開しています。(文責 神谷)

 

特集:アーカイブズの現在・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

・総論:アーカイブズをいかに位置づけるか:

      日本の現状からのレビュー...古賀 崇

・利用者の視点からみた米国国立公文書館

      -丸裸にされた軍事関係文書を追い求めて...三輪宗弘

・資産としてのビジネスアーカイブズ:

      付加価値を生み出す活用の必要性と課題...松崎裕子

・公文書管理法施行と国立公文書館の活動...高山 正也

・国立国会図書館憲政資料室のいま...藤田 壮介

・資生堂企業資料館における企業アーカイブズの戦略的取り組み...西川 康男

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「情報の科学と技術」ページ:現時点では10月号はまだ載っていません。

http://www.infosta.or.jp/journal/journal.html

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック