文献: 2012年1月アーカイブ

nouwotukurudokusho.jpg

 

著者の酒井邦嘉氏は東京大学大学院総合文化研究科の准教授です。専門分野は言語脳科学で脳機能解析学を研究しています。この分野はまだ若い境界領域だそうですが、紙の本の読書は人間の想像力を高めたり考えを深めることなどに有効であるようです。本書は酒井氏の研究をもとに書かれていますが、同氏の造詣が深いネイチャーフォトや音楽、蔵書家としての経験なども交えてわかりやすく解説しています。

2010年は電子書籍元年と騒がれましたが、日本ではまだあまり普及していません。発展途上にある電子書籍と紙の本のそれぞれ良い部分を読者は享受すべきと著者は言っています。

(文責 神谷)

 

東京大学大学院総合文化研究科 相関基礎科学系 酒井研究室

http://mind.c.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

 

『脳を創る読書 なぜ「紙の本」が人にとって必要なのか』

著者: 酒井邦嘉

発行日: 2011年12月17日

発行所: 実業之日本社

判型: 四六判、200

定価: 1,200円(税別)

http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-10907-X

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・読書は脳の想像力を高める

・脳の特性と不思議を知る

・紙の本と電子書籍は何がどう違うか

・紙の本と電子書籍の使い分けが大切

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hakubutukankennkyuu201201.jpg

 

(財) 日本図書館協会発行の月刊誌「博物館研究」平成241月号が「資料の公開と保存」を特集しています。

内容は博物館資料の公開(展示・研究)と保存について民族資料、隕石資料、動物園、総合博物館などコレクションの異なる4つの館種からの取組み報告です。

 

月刊「博物館研究」(平成241月号、vol.47 No.523))

発行日: 20111225

発行: (財)日本博物館協会

判型: B5判、58

年間購読料(4月~翌3月):12,600円(送料込)

バックナンバー:11,260円(送料別途)

 

月刊「博物館研究」:

http://www.j-muse.or.jp/home/katsudou01.html

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■特集「資料の公開と保存」

資料の公開・活用をささえる予防保存―国立民族学博物館での取組みから 園田直子

隕石資料の公開と保存―神奈川県立生命の星・地球博物館の事例 平田大二 山下浩之

動物園における資料の公開と保存 堀秀正

展示手法の変化に見る保存とデザインの関係性 神庭信幸

 

・海外博物館だより イギリスの大学美術館調査―キングストン大学スタンリー・ピッカー・ギャラリーを例に 小林昌夫

・支部情報 東海支部「開館35周年記念 特別展 濃尾震災120年」について 山田昭彦 西谷徹 竹村宗近

・コレクション 石川県立美術館 高嶋清栄

・展覧会

・普及活動

・アンテナ

・日博協だより

・ミュージアムクリップ

・編集後記

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(文責 神谷)

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

akaibutohananika111226.jpg

 

原書は、国立ヴェネツィア文書館併設のアーキビスト養成のための学校の教材としても用いられているアーカイブズ入門書で、2008年に出版されました。本書はこれを邦訳したものです。

 

主な内容は、アーカイブの概念からイタリアのアーカイブ行政や文書館の紹介、アーカイブの成立と運営上の注意点、文書館の活動内容やデジタル化への取り組み、などです。各章には要約が載っており読者の理解を助けています。

 

サブタイトルの「石板」にもある通りイタリアのアーカイブの歴史は古いですが、アーカイブズ法が成立したのは1963年。国立の文書館は全国の県庁所在地に設置されており、その他都市の文書館が下部組織として存在しています。100館ある国立文書館のうち17館にはアーキビスト養成の学校が設けられていますが、現在ではアーキビストの人員過剰が問題になっており、新規採用はほとんどないとのことです。

 

近年のデジタル化についても述べており、情報化におけるアーカイブズは発展途上にあり、さまざまな課題も挙げています。

「デリケートなこの段階ではまだ、アーキビストは記憶の番人として信頼性を得ている。真の伝統を携え、それを放棄せずに時代とともに歩みをすすめ、情報処理技術者と法曹関係者との対話を進めるのであれば、デジタル・アーカイブズの未来への橋渡し役として成功するであろう。」(第五章要約より抜粋)

 

著者 マリア・バルバラ・ベルティーニ氏は、国立ミラノ文書館館長および付属古文書学校の校長。訳者の湯上良(ユガミ リョウ)氏は、東京外国語大学トルコ語科卒、(株)日本電気勤務の後、2002年度よりヴェネツィア大学史学科に入学、現在はScuola dottorale del Veneto奨学金給付生です。

(文責 神谷)

 

『アーカイブとは何か 石板からデジタル文書まで、イタリアの文書管理

著者: マリア・バルバラ・ベルティーニ

訳者: 湯上良

発行日: 2012113

発行: 法政大学出版局

判型: 四六判、186

定価: 2,800円(税別)

ISBN978-4-588-35006-1 C1022

http://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-35006-1.html

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第一章 アーカイブという概念

1 記憶の保存

2 アーカイブの定義

3 アーカイブの特徴

4 アーカイブズの法的要件

5 書類のライフサイクル

要約

 

第二章 イタリアのアーカイブ行政・組織

1 多種のアーカイブズ

2 イタリアのアーカイブ行政

3 教会関連アーカイブズ

4 ヨーロッパ連合のアーカイブズ

5 いわゆる「新史料」について

要約

 

第三章 アーカイブの運営

1 アーカイブの形成

2 非現用文書と長期保存選別

3 史資料

要約

 

第四章 運用

1アーカイブすなわち長期保存用スペース

2 閲覧と閲覧許可

3 専門意見―アーキビストの役割と教育

4 価値評価

要約

 

第五章 情報化とアーカイブズ

1 はじめに

2 国際情勢

3 ヨーロッパの情勢

4 イタリアの状況

5 問題点と展望

要約

 

付録

1 「アーキビストの倫理に関する国際規定」

2 2003630日暫定措置令第196

訳者あとがき

関連法規

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

info20120103.jpg

 

アメリカ・アーキビスト協会(SAA)が2010年に発行したマニュアル"Preserving archives & manuscripts"(第二版)(英文、525ページ、pdfファイル)を無償提供。東日本大震災の被災資料の救済が目的であればどなたでも利用できるそうです。(文責 神谷)

 

詳細は全史料協の新着情報一覧ページに:

http://www.jsai.jp/info2011/info20120103.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック