文献: 2010年10月アーカイブ

coverdesigncompression.jpg

 

このたび、特種紙商事は『貴重な資料を未来へ―資料保存のためのハンドブック―』を発行します。紙資料の劣化原因に始まって、保存対策や保存容器の効果などについてまとめた冊子です。体裁はA4版、4色刷り、48頁です。

1029日(金)に開催される第4回資料保存シンポジウム「デジタルアーカイブの最前線―現状と未来」の企業展示会場で配布をいたします。

なお、シンポジウムの申し込み締め切りが近付いています。お申し込みはお早めに。

(文責 神谷)

 

4回資料保存シンポジウムのページ:

http://www.e-jhk.com/html/symposium.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ca1724.jpg

 

国立国会図書館のカレントアウェアネスに、国立公文書館 業務課 電子情報係の八日市谷哲生氏が同館のデジタルアーカイブについて投稿しています。

国立公文書館のデジタルアーカイブは、「国立公文書館デジタルアーカイブ推進要綱」に沿ってすすめられています。これまでに蓄積されたデータは目録データで約120万冊、公文書等デジタル画像約868万画像、大判・貴重資料等1,170点です。国や地方の関係機関との連携や電子公文書等への対応などの課題があるといいます。

詳細は、

http://current.ndl.go.jp/ca1724

 

なお、1029日(金)に開催される情報保存研究会(JHK)シンポジウムにおいて、八日市谷氏が「国立公文書館デジタルアーカイブ」のタイトルで講演されます。参加者を募集中です。(10/22申込締切)

お申込みなど詳細は、

http://e-jhk.com/html/symposium.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック