修復: 2016年12月アーカイブ

Berlin_2017.jpg

 

東京文化財研究所 文化遺産国際協力センターが「紙や絹に描かれた日本の美術品修復に関するワークショップ」を開催します。修復に関して高度な知識を持っている海外の専門家を対象にしたワークショップです。日程は2017710日(月)~14日(金)。

使用言語は英語で定員9名、応募締め切りは2017316日(木)です。

 

詳細は

http://www.tobunken.go.jp/~kokusen/berlin_2017/Berlin_2017.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
bijutukannnohiitsu.jpg

 

本書は、美術館の役割やしくみ、作品の展示や保存方法、学芸員の仕事や美術館を支える専門家の仕事を紹介しています。対象は児童となっていますが、美術館の業務を網羅しています。美術輸送や修復などについても専門業者を取材しています。

 

主な内容は、

第1章  美術館に行ってみよう!

美術館にはさまざまな種類の美術作品がある

美術館の展覧会に行ってみよう

美術館のことを知ってもっと楽しもう

美術館は美術を専門とする博物館

さまざまな種類がある美術館

第2章 美術館の仕事を知ろう!

美術館の役割は展覧会を開くだけではない

美術館が行う美術作品の集め方

美術作品をトラブルから守るための工夫

展示の方法とレイアウトのテクニック

所蔵品展と企画展のちがい

企画展の流れ―準備から開催まで

地道な調査・研究がよい展示につながる

第3章 美術館で働く人びと

 さまざまな人がいて美術館は成り立っている

美術館をより魅力的にする学芸員の仕事

学芸員になるにはいくつかの方法がある

美術作品を梱包、運搬、展示する専門職

未来に残すため美術作品を直す専門家

 

『美術館のひみつ 展覧会の準備・開催から学芸員の仕事まで』 

監修: 草薙奈津子(平塚市美術館館長)

発行: 株式会社PHP研究所

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-78613-1

発行日: 20161220

判型: A4判変型

価格: 3,000円(税別)

(文責 神谷)






| | コメント(0) | トラックバック(0)

article_view.jpg

 

韓国国立中央図書館が米国プリザベーション・テクノロジーズ社の大量脱酸システムを導入し、試運転を終えたそうです。施設の面積は138㎡で、年間810万冊の処理能力があるようです。すでにソウル大学中央図書館など11機関から委託処理の申請がきているそうです。

 

脱酸の方式は「ブックキーパー法(Bookkeeper)」で、酸化マグネシウムの微粒子を分散させたフルオロ・カーボンの処理液に紙資料を浸して酸性紙を中和させるものです。本や地図、新聞、雑誌などの酸性紙資料が対象で、脱酸により紙の寿命が35倍延びることが期待されています。

プレスリリースによれば、ブックキーパー法は米国議会図書館やポーランド国立図書館、南アフリカ国立図書館などでも採用しているとのことですが、日本でも2008年から稼働しています。

 

韓国国立中央図書館プレスリリース(韓国語):

http://www.nl.go.kr/nl/commu/libnews/article_view.jsp?board_no=8888&notice_type_code=3&cate_no=0

米国Preservation Technologies(英語):

http://ptlp.com/en/

プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパン:

http://preservationtechnologies.jp/overview-jp.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

#section1-5.jpg

 

開催日: 2017126日(木)・27日(金)(2日間)

      1030開会(1000開場)

会場: 東京国立近代美術館フィルムセンター 2階大ホール

定員: 250名(事前申込み先着順)

参加費: 無料

 

プログラム:

■1/26(木) 現状と課題

1030- 開会挨拶 東京国立近代美術館長 馬渕 明子

1035- イントロダクション

             「BDCプロジェクトの概要と本シンポジウムについて」

フィルムセンター 大関 勝久

1045- 基調講演「ポストアナログ時代のフィルムアーカイブ」

東京国立近代美術館フィルムセンター 主幹 岡島 尚志

1115- 第一部:日本映画のデジタル化の変遷

「総論 ~撮影・VFX・上映を中心に~」

フィルムセンター 佐崎 順昭・三浦 和己

「アニメ・CG 編」

一般社団法人 日本映画テレビ技術協会

アニメーション部会 部会長 馬渡 貴志

「音声 編」

協同組合 日本映画・テレビ録音協会 理事

港 郁雄

=====休憩======

1340- 第二部:映画におけるデジタル化の現状

「デジタル映画の保存に対する警鐘とこれまでの動向」

フィルムセンター 大関 勝久

「日本の映画界におけるデジタルデータの保存と活用の現状」

フィルムセンター 佐崎 順昭

「デジタルアーカイブの取り組み、

   スキャンからMAMシステム導入まで」

株式会社 松竹映像センター

メディア・アセット・マネジメント部 部長

五十嵐 真

「アニメーションにおけるデジタル保存の現況と

   先進的な取り組み・展望」

一般社団法人 日本動画協会 副理事長

データベース・アーカイブ委員会 担当理事

吉田 力雄

「存在の耐え難き軽さ ~デジタルメディアの命運~」

福岡市総合図書館 映像資料課 映像管理員

松本 圭二

「フィルムセンターにおけるデジタル化の取り組み」

フィルムセンター 主任研究員

=====休憩======

1540- 第三部:映画におけるデジタル保存と活用の課題

「技術的課題の整理 ~映画とデジタルを技術的側面から眺めて~」

フィルムセンター 中西 智範

「国立国会図書館におけるデジタルデータの長期保存」

国立国会図書館

関西館 電子図書館課 研究企画係 係長

本田 伸彰

「デジタル社会とフィルムアーカイブの法的課題」

フィルムセンター 松山 ひとみ

「映画のデジタル保存と活用の法的課題」

五常法律会計事務所 弁護士 

数藤 雅彦

「文化・記録映画の著作権情報に関する調査を担当して」

公益社団法人 映像文化製作者連盟 事務局長

中嶋 清美

 

■1/27(金) 対応と今後

1030- 第四部:映画におけるデジタルデータの保存対象

「映画におけるデジタルデータの保存対象」

フィルムセンター 三浦 和己

「デジタルマスターの考え方」

株式会社IMAGICA

メディア制作事業部 シニアテクニカルディレクター

清野 晶宏

「シーンリニアワークフロー/ACESとアーカイブにおけるその展望」

株式会社ロゴスコープ 代表取締役

亀村 文彦

「映画音響制作の進化と将来(Dolby StereoからDolby Atmosへ)」

コンチネンタルファーイースト株式会社

ドルビーフィルム制作室 課長

河東 努

=====休憩======

1300- 第五部:映画におけるデジタルデータの保存方法

「デジタルにおける保存の基本とフィルムセンターの取り組み」

フィルムセンター 岡本 直佐

「映画アーカイブにおける映像データの長期保存システム

の調査研究の成果について」

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

第一公共事業本部 第三公共事業部 部長

杉野 博史

「持続可能な『システム』と『コミュニティ』とは」

フィルムセンター 中西 智範

「たゆまぬ発展と進化を続けるデジタルアーカイブを創るには」

慶応義塾大学 理工学部情報工学科 

デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター 専任講師

金子 晋丈

=====休憩======

1440- 第六部:映画におけるデジタルコレクションの公開と活用

「公開のためのデジタル化とデジタル文化資源の活用」

フィルムセンター 松山 ひとみ

「デジタルアーカイブに関わる法政策の国際的動向」

東京大学 大学院情報学環 客員准教授

生貝 直人

「映画を語るLinked Data

ゼノン・リミテッド・パートナーズ 代表

神崎 正英

「データベースの統合によるナショナルフィルモグラフィー

   実現の可能性」

国立民族学博物館 先端人類科学研究部 准教授

丸川 雄三

=====休憩======

1620- 第七部:今後に向けて

「フィルムアーキビストに<新たに>求められる知識と技術」

フィルムセンター 三浦 和己

 

パネルディスカッション

            「映画におけるデジタルシフトへの対応を誰が、どう担ってゆくか」

            司会:大関 勝久(フィルムセンター)  

            パネリスト:

       東映株式会社 映像本部 コンテンツ事業部 業務室 係長

       谷本 萌生

     株式会社IMAGICA 映画・CM制作事業部 

             アーカイブプロデュースグループ

      水戸 遼平

        東京大学 大学院情報学環 客員准教授

        生貝 直人

        慶応義塾大学 理工学部情報工学科 

    デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター 専任講師

        金子 晋丈

       フィルムセンター 主任研究員

       とちぎ あきら

閉会挨拶 東京国立近代美術館フィルムセンター 主幹 岡島 尚志

 

お申込み詳細は:

http://www.momat.go.jp/fc/research/bdcproject/#section1-5

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb161220.jpg

 

ビジュアルやパフォーミング・アーツの分野で、米国とアジア、アジア諸国間での国際文化交流を支援している米国の非営利団体、アジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)が「ACCトーク第3回:小谷野さん」を開催します。

講演される小谷野匡子氏は日本の絵画修復の草分けのおひとりで、40年以上にわたり第一線で活躍されてきました。講演会は先着50名、事前申込制です。

 

タイトル: 

「修復家小谷野匡子がひもとく、名画の秘密--藤田嗣治の乳白色の肌とその知られざる技法--」

講演者: 小谷野匡子(絵画保存研究所)

日時: 2017120日(金) 15001630

会場: ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

 

お申込み詳細は:

http://www.asianculturalcouncil.org/japan/acctalk003/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Endangered-Heritage1.jpg

 

地域紛争や自然災害から文化遺産を緊急避難させるためのハンドブック"Endangered Heritage: Emergency Evacuation of Heritage Collections"ICCROM(国際文化財保存修復センター)が発行しました。pdf3.36MB(429ページ)で、ダウンロード無料です。

 

主な内容は、

1)危険性や脅威を見積り、これを遮断しコレクションに優先順位をつける

2)移動のための準備をする

3)文書化し梱包、移動

4)再配置し記録を残し、監視を続ける

 英語版ですが、豊富なイラストと写真でとても分かりやすい内容です。

 

Free publication on emergency evacuation of collections(英語):

http://www.fitzmuseum.cam.ac.uk/gallery/utc

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

utc161220.jpg

 

英国のケンブリッジ大学にあるフィッツウイリアム美術館が1414年にパリで制作された写本MS251の修復事例を紹介。事前の状態調査から修復内容の意思決定、解綴、補修、再製本までの工程を豊富な写真とイラストで解説しています。

 

Under the Covers: The Conservation and Rebinding of Fitzwilliam MS 251(英語):

http://www.fitzmuseum.cam.ac.uk/gallery/utc

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa161220.jpg

 

下記の通り開催されます。

日時: 2017323日(木) 13301630

定員: 60名(応募者多数の場合は抽選)

申込締切: 2017131日(火)

 

お申込み詳細は:

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=8835

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

112961.jpg

 

本書の初版は200412月に出版されました。東京藝術大学大学院美術研究科における保存環境学講座の「保存環境計画論」の講義ノートがもとになっています。以後10年以上経過し、この間、「博物館資料保存論」が学芸員資格を取るための必修科目となったことや内容的に新しくしなければならない部分が出てきたことなどから第2版を出版したそうです。2011年の東日本大震災や、各地での気象災害の発生があり、「気象災害」の章を加え、Preventive Conservation(保存環境づくりまたは予防保存)の考え方が世界的に認知されたことも背景となって「博物館資料保存に関する倫理」の章も追加しています。そのほか、「空気汚染」や「生物」、「衝撃と振動」ほかの章についても一部を改めて書き下ろしています。

 

主な内容は(太字は第2版で特に改まったところ)・・・・・・・・・・・

 

1章 温度

 1.1 温度

 1.2 温度と熱

 1.3 温度と劣化

 1.4 温度測定

2章 湿度

 2.1 湿度

 2.2 湿度と劣化

 2.3 湿度の調節

 2.4 湿度測定

3章 光

 3.1 光と波長

 3.2 光と色

 3.3 光の明るさ

 3.4 光と劣化

 3.5  照明

4章 空気汚染

 4.1 研究の歴史

 4.2 室内汚染物質の文化財への影響と発生源

 4.3 調査法(モニタリング法)

 4.4 空気汚染への対策

5章 生物

 5.1 制限要因

 5.2 生物被害をもたらす生物

 5.3 生物被害の防止

 5.4 生物被害への対処法

6章 衝撃と振動

 6.1 輸送過程の解析

 6.2 衝撃

 6.3 振動

 6.4 輸送機関の揺れの大きさ

7章 火災

 7.1 火災と消化

 7.2 消火設備

 7.3 防火

 7.4 火災検知設備

8章 地震

 8.1 地震と地震動

 8.2 地震の発生

 8.3 地震による被害

 8.4 展示収納機器の耐震対策

9章 気象災害

 9.1 気象災害と異常気象

 9.2 日本における気象の長期的変化傾向

 9.3 異常気象の影響

 9.4 水害対策

10章 盗難・人的破壊

 10.1 防犯環境設計

 10.2 防犯診断

 10.3 防犯対策

11章 文化財公開施設に関する法規

 11.1 文化財保護法と公開

 11.2 博物館施設

12章 博物館資料保存に関する倫理 

 12.1 博物館資料をめぐる倫理

 12.2 博物館組織に関する倫理

 12.3 文化財の価値と本体との関係

 12.4 保存修復の職業倫理

 12.5 保存修復倫理の意義

 

参考文献

索 引

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財保存環境学(第2版)』

著者: 三浦定俊・佐野千絵・木川りか

発行: 朝倉書店

https://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-10275-8/

判型: A5判、224

発行日: 20161125

定価: 3,500円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa161219.jpg

 

39回文化財保存修復学会は、下記日程で開催されます。研究発表の申し込みは1219日(月)から、機器等展示や研究発表要旨集広告掲載の申し込みはすでに受け付けています。参加申込みはセカンドサーキュラー(第2報)で発表される予定です。

 

会期: 201771日(土)・2日(日)

会場: 金沢歌劇座(石川県金沢市下本多町)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

630日(金)

プレイベント 

1)石川県文化財保存修復工房 見学 

2)石川県立歴史博物館と近代化遺産をめぐるヘリテージツアー

 

71日(土)

口頭発表

ポスターセッション

機器等展示

特別講演 「地域に根差した文化財修復」(仮題) 

中越一成((一財)石川県文化財保存修復協会代表理事/第39 回大会実行委員会委員長)

懇親会(ANAホリデイ・イン金沢)

 

72日(日)

口頭発表

ポスターセッション

機器等展示

総会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

https://jsccp.or.jp/taikai39/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  indexa161217.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第10回が歴史資料ネットワークのブログに掲載されました。

 

10回 キリストの帰還:19761214

修復家のウンベルト・バルディーニが、洪水の被害からの復活の象徴でもあるチマブーエ作《十字架降下》を修復しました。彼の補彩についての専門家の議論について書かれています。

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-10/

 

過去の連載は以下の通りです。

•はじめに

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-00/

•第1回「前夜―113日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-01/

•第2回「あふれた川―11月4日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

•第3回「天使の誕生―115日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

•第4回「荒れ果てた聖堂、水浸しの作品群、涙―11月6日からの闘い」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-04/

•第5回「修復家たちの奮闘[1]:ウンベルト・バルディーニとウーゴ・プロカッチ(前編)」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-05/

•第6回「修復家たちの奮闘[2]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-06/

・第7回「修復家たちの奮闘[3]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」(後編--「支持体の構造の強化」そして「補彩」へ)

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-07/

•第8回「修復家たちの奮闘 [3]:ディーノ・ディーニとエンツォ・フェッローニ 

―― 傷ついたフレスコ画群への介入」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-08/

・第9回「修復家たちの奮闘[4]:チェーザレ・ブランディと「予防的修復」」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-09/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa161202.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第9回が歴史資料ネットワークのブログに掲載されました。

 

9回 修復家たちの奮闘[4]:チェーザレ・ブランディと「予防的修復」

ドナッテロ作"ダヴィデ像"の修復、チェーザレ・ブランディの考える予防的修復と現代の保存修復などに与えた影響について書かれています。

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-09/

 

チェーザレ・ブランディに関する参考図書は、

『修復の理論』チェーザレ・ブランディ著 小佐野重利監訳 池上英洋・大竹秀美訳(2005

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2010/12/post-758.html

『保存修復の技法と思想 古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで』 田口かおり著(2015

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2015/04/post-522.html

です。

 

過去の連載は以下の通りです。

•はじめに

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-00/

•第1回「前夜―113日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-01/

•第2回「あふれた川―11月4日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

•第3回「天使の誕生―115日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

•第4回「荒れ果てた聖堂、水浸しの作品群、涙―11月6日からの闘い」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-04/

•第5回「修復家たちの奮闘[1]:ウンベルト・バルディーニとウーゴ・プロカッチ(前編)」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-05/

•第6回「修復家たちの奮闘[2]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-06/

・第7回「修復家たちの奮闘[3]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」(後編--「支持体の構造の強化」そして「補彩」へ)

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-07/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

6-museum-practitioners-at-work-conservation-lab.jpg

 

米国の半導体メーカーのインテルと組んでアートなどの情報発信をしているThe Creators Projectが修復動画をサイトに6本アップしました。

 

1)    米・メトロポリタン美術館

「油彩画の修復6つのステップ」(505

2)    英・V&A(ヴィクトリア&アルバート美術館)

「修復に使用する韓国の韓紙(ハンジ)の手漉き工房の訪問」(340

3)    米・ゲティ美術館

「グルジア国立博物館所蔵の青銅ランプの修復」(335

4)    アメリカ自然史博物館

"Lonesome George"と呼ばれるガラパゴス諸島で死んだウミガメの保存プロセス」(434

5)    米・モルガン・ライブラリー

「チャールズ・ディケンズ手稿の修復」(431

6)    英・テート・ギャラリー

「マーク・ロスコ作"Black on Maroon"の修復」(1726

 

6 Mesmerizing Videos of Museum Practitioners at Work | Conservation Lab

(英語):

http://thecreatorsproject.vice.com/blog/6-museum-practitioners-at-work-conservation-lab

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事