修復: 2015年12月アーカイブ

151228.jpg

 

国立公文書館が特定歴史公文書等の修復係員(技能職)を若干名募集しています。採用年月日は平成284月1日です。書類審査(1次審査)の提出期限は平成28212日(金)です。

 

詳細は:

http://www.archives.go.jp/saiyou/151228.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa151219.jpg

 

下記の通り開催されます。定員は30名、お申込み締め切りは平成28129日(金)です。

 

タイトル: 被災資料の安定化処理技術に関するワークショップ(東京会場)

日時: 平成28 2 2 日(火) 9301630

会場: 東京藝術大学美術学部 中央棟 第4講義室

 

プログラム:

開 会 式 9:30 - 9:40

主催者挨拶

 中山 敏(プロジェクト実行委員会会長)

 半田昌之(公益財団法人日本博物館協会専務理事)

共催者挨拶

 稲葉政満(東京藝術大学大学院美術研究科教授)

講義の部 9:40-10:20

被災文化財の安定化処理における現状と課題

赤沼英男(岩手県立博物館首席専門学芸員)

実習の部 10:30-12:10

文書資料の安定化処理について

皆上小冬・及川甲子(陸前高田市立博物館学芸員)

12:10-13:00 昼食・休憩、ポスター見学

13:00-14:30

被災自然史標本の安定化処理

鈴木まほろ(岩手県立博物館専門学芸員)

14:50-15:50

漆工芸資料の安定化処理

松本達弥(漆芸文化財修復家・漆芸作家)

ま と め 15:50-16:25

質疑応答・総括

神庭信幸(東京国立博物館特任研究員)

16:25-16:30 閉会のことば

半田昌之(公益財団法人日本博物館協会専務理事)

定 員: 30 名 (この他に10 名まで傍聴可)

 

お申込み詳細は:

https://www.j-muse.or.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

osirase15028.jpg

 

神奈川県立川崎図書館では、ミニ展示:「文化財を守る技術」を2016210日(水)まで開催しています。展示に関連して下記の通り講演会が開催されます。対象は高校生以上で定員50名、参加費無料ですが、事前申し込みが必要です。お申込み締め切りは2016114日(木)です。

 

日時: 2016123日(土)14001600

場所: 神奈川県立川崎図書館 2階ホール

テーマ: 「博物館の大きな役割としての資料保存-そのための環境と維持管理-」

講師: 吉田直人氏(東京文化財研究所保存修復科学センター保存科学研究室長)

 

お申込み詳細は:

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/osirase15028.htm

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

post_10382.jpg

 

紙の表面に付着する多種の汚れを分類、ドライ・クリーニングの道具の準備から手順、注意事項などを豊富な写真入りで解説しています。カビが生えた紙資料のクリーニング方法についてもわかりやすく解説、カビの発生や再発防止策については、㈱資料保存器材が手掛けた過去の事例を紹介しています。

 

報文は、20149月に行われた第34回文化財防虫防菌処理実務講習会での発表がもとになっているそうです。講習会の発表内容は公益財団法人 文化財虫菌害研究所(東京都新宿区)の機関誌「文化財の虫菌害」に掲載され、ウェブサイトで読むことができます。

 

「資料に付着した汚れやカビのドライ・クリーニング」:

http://www.hozon.co.jp/report/post_10382

「文化財の虫菌害」:

http://www.bunchuken.or.jp/information/organ/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事