修復: 2015年9月アーカイブ

hpg000000026a.jpg

 

宮崎県立図書館は県内学校専用ページに「本の修理」をテーマにA412ページのPDFファイルを載せています。

 

内容は・・・

1 ページはずれ

2 糸がゆるんでいる場合

3 やぶれ(のり代がある場合)

4 セロテープをはがす場合

5 背表紙が壊れた場合(カバー無し)

6 カバーがやぶれた場合

7 糸とじ修理1(糸が切れたり、ゆるんでバラバラになった場合)

8 糸とじ修理2(無せん綴じの本や利用の多い本)

9 本のカバーの掛け方

10 補修用品

11 本の嫌いなこと

以上の内容は、図書館で貸し出ししている一般的な書籍の修復で、貴重書などは対象になっていません。

 

県内学校専用ページ:

http://www.lib.pref.miyazaki.jp/hp/menu000000100/hpg000000026.htm

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=1#1443157448-499135.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込みは不要。

 

開催概要

講 師: 脇谷助作

題 目: 絵画を守る―国宝から地方文化財まで

日 時: 20151022日(木) 10001130

会 場: 愛知県立芸術大学 新講義棟

 

詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1443157448-499135

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

watch?v=w6xwrEctUpo.jpg

 

2015811日にNHKラジオ深夜便で放送された、絵画修復家 山領まり氏の「戦没画学生の絵を修復する」がYou Tubeにアップされています。山領氏は昨年、山領絵画修復工房の代表を退いていますが、信濃デッサン館の分館である「無言館」に収蔵されている戦没画学生の作品の修復を今でも続けていらっしゃいます。一般的な修復では絵画の作品表面のホコリを除去しますが、「画学生の作品はホコリすらも時間の経過を物語るものなので、どこまで取り去ってよいか」という悩みがあるそうです。

放送時間は4351秒です。

 

NHKラジオ深夜便 明日へのことば2015.08.11

https://www.youtube.com/watch?v=w6xwrEctUpo

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2467c9ee-d032-b86a-e6b7-552cf72184f4.jpg

 

下記の通り開催されます。お申込み締め切りは9/28(月)です。

 

タイトル: 「絵画鑑賞の視点が変わる修復の話」

講師名: 文化財保存修復学会会員・絵画修復家 尾形 純

講座内容: 

絵画修復とは/ビジュアルで眺める絵画の組成と技法の歴史

修復に先立つ絵画の観察技術と調査/スライド講義

油彩画の修復技術と実技の実習を解説/スライド講義 

 

日時・日程: 火曜 10:30-12:00 10/6, 11/3, 12/1 3

受講料(税込み)

10月~12(3)会員 8,748円 一般 10,692 

 

お申込み詳細は:

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/2467c9ee-d032-b86a-e6b7-552cf72184f4

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2015yuzen.jpg

 

染織文化財の技法・材料に関する研究会『ワークショップ 友禅染―材料・道具・技術―』が下記の通り開催されます。お申込みの締め切りは2015930日(水)です。

 

日時: 20151016日(金)、17日(土) 各10001600

会場: 文化学園大学(東京都渋谷区代々木3-22-1

定員: A=講義+ワークショップ実技 20

     B=講義+ワークショップ見学のみ 20

     Aのみ材料代(2,000円)がかかります。

内容: 講師 瀬藤貴史(桜美林大学 非常勤講師)

1016日(金)

1000 講義Ⅰ「下絵から地入れまでの材料と道具 伝統と現在それぞれの技法」

1130 昼食休憩

1300 ワークショップⅠ ・下絵描き(青花紙と合成青花)

                ・糸目引き(友禅糊とゴム糸目)

                ・地入れ(豆汁作り、地入れ作業)

1600 終了

1017日(土)

10::00 講義Ⅱ「天然染料と合成染料の違い」

1130 昼食休憩

1300 ワークショップⅡ ・彩色(合成染料)

                ・蒸し、水元、乾燥

1600 終了

 

お申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/ich/public/other/2015yuzen

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150919.jpg

 

米国議会図書館の資料保存部門が、資料の取り扱いや保存修復にかかわるヒントなどが載っているポスターやしおり、蔵書票、カードなどのデータをサイトにアップしました。PDFファイル形式で無料ダウンロードができます。

 

The Library of Congress Educational Materials(英語):

http://www.loc.gov/preservation/resources/educational/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SCN_0001.jpg

 

「月刊 文化財」平成277月号が重要無形文化財(手漉和紙技術)の保存と活用を特集しています。

主な内容は下記の通りです。

 

●総論

日本の手漉き紙の発展 増田勝彦

●制度

重要無形文化財(手漉和紙技術)の保存と活用 近藤都代子

●各論

重要無形文化財 「石州半紙」の現在 榊原博英

重要無形文化財 「本美濃紙」の現在 清山 健

重要無形文化財 「細川紙」の現在 大久根 茂

重要無形文化財 「越前奉書」の現在 佐藤登美子

重要無形文化財 「土佐典具帖紙」の現在 上田剛司

重要無形文化財 「名塩雁皮紙」の現在―「滴の音の幻想」―

工芸技術記録映画「名塩雁皮紙―谷野剛惟のわざ―」を演出して 黒崎洋一

選定保存技術 「手漉和紙用具製作」の現在 宮崎謙一

●「和紙: 日本の手漉和紙技術」のユネスコ無形文化遺産

代表一覧表への記載について 守山弘子

・・・・・・・・・・・・・

第三回国連防災世界会議の枠組みにおける国際専門家会合

「文化遺産と災害に強い地域社会」について 下間久美子

登録有形文化財(建造物)一覧

81回登録有形文化財(建造物) 文化庁文化財部

平成26年度新設定の「ふるさと文化財の森」 文化庁参事官(建造物担当)

発掘された日本列島2015 国武貞克

連載・文化財を活かす(第47回)――――――――――――

金沢湯桶茅場―茅文化の普及啓発活動― 谷重義行

 

表紙解説 重要無形文化財の手漉和紙技術と選定保存技術「手漉和紙用具製作」

口絵解説 手漉和紙

 

「月刊 文化財」平成277月号

監修: 文化庁文化財部

発行所: 第一法規㈱

http://www2.daiichihoki.co.jp/dh/product/500611.html

判型: B5判、56

発行日: 平成2771

定価: 714円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

426078996.jpg

 

仏像文化財修復工房(新潟県田上町、代表 松岡誠一氏)が水に浸かってしまった仏像彫刻の対処法をブログ『ぶつぶつ日記』に掲載しました。水損資料の対処法については、「資料ごとの初期対応メモダイジェスト」を東京文化財研究所がウェブサイトに掲載していますが、仏像彫刻は含まれていなかったため書いたそうです。仏像修復家の立場から「どれもその御像の状態によるので、一概には言えないなと思いつつ、基本的な事だけまとめてみました」(松岡氏)とのことです。

 

仏像文化財修復工房のウェブサイトでは一般の方にもわかりやすい内容で、仏像の「保存修復のまめ知識」や修復事例などが載っています。

 

『ぶつぶつ日記』「水に浸かってしまった仏像彫刻に対しての対処方法」:

http://mokujiki.seesaa.net/article/426078996.html

仏像文化財修復工房:

http://www.h7.dion.ne.jp/~butsuzou/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1344.jpg

 

ユネスコ世界遺産センターとカンボジアの国家委員会は、カンボジアのシェム・リアップで20151125日(水)から123日(木)の9日間にアジアの世界遺産フォーラムを開催予定です。

対象は、 アジア、オセアニア地域の2030歳の青年で、できれば建築やエンジニアリング、観光、考古学、経済学や社会科学などを研究している方々が希望とのこと。お申込み締め切りは2015930日(水)(パリ時間)です。

 

お申込み詳細は(英語):

http://whc.unesco.org/en/news/1344

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

#osirase150913.jpg

 

横浜市立磯子図書館では10月から開催する講座「学校図書館・本の修理講座(初級編・中級編A・中級編B)」の受講者を募集しています。対象は磯子区内の学校などで図書にかかわるボランティア活動をしている方だそうです。お申し込みは916日(水)930~です。

 

(初級編)1020日(火)・27日(火)

       対象:区内の学校等で図書に関わるボランティア活動をしている人

           原則2回連続で参加できる人

(中級編A)1110日(火)・17日(火)

対象:今回の〈1〉初級編を受講する人、

           または昨年の本の修理講座「初級編」を受講した人で

           原則2回連続で参加できる人

(中級編B)121日(火)・8日(火)

時間は各1000から。会場は同館会議室。

 

詳細は:

http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/isogo/#osirase

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150912.jpg

 

下記の通り開催されます。定員500名、お申し込み締め切りは1020日(火)です。

 

日時: 2015114日(水) 16:0020:30

場所: 有楽町朝日ホール 有楽町マリオン11

 

プログラム

 

総合司会...文化財調査官 禰冝田 佳男(埋蔵文化財部門)

 

1

15:30 受付開始

16:00 挨拶..............................文化庁長官 青柳 正規

16:05 工芸技術記録映画解説......文化財調査官 佐藤 直子(工芸技術部門)

16:15 工芸技術記録映画① 献上博多織 -小川規三郎のわざ-上映(35分)

16:50 休憩

17:00 工芸技術記録映画解説......文化財調査官 佐藤 直子(工芸技術部門)

17:05 工芸技術記録映画② 瀬戸黒 -加藤孝造のわざ-上映(37分)

17:42 終了

 

2

17:40 受付開始

18:00 シンポジウム開始

◆シンポジウム開催にあたって.................................文化財鑑査官 齊藤 孝正

◆文化財の保存・継承・活用と文化財調査官の役割について......文化財調査官

  ① 天然記念物の指定と保護 ............................................. 本間 暁(天然記念物部門)

  ② 伝統的建造物群の選定・保存・活用 ..................... 島田 敏男(伝統的建造物群部門)

  ③ 絵画作品の修理と調査 ................................................ 朝賀 浩(絵画部門)

◆質疑応答......................................................文化財鑑査官(司会)、文化財調査官

20:30終了

 

お申込み詳細は:

http://www.exjp.co.jp/bunkacho2015/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  news150906.jpg

 

企業史料協議会が下記の通り研修講座を開講します。事前申込制で定員は各回30名(先着順)です。締め切りは「基礎コース」が9/18(金)、「応用コース」が講義の10日前になります。

 

日 時: 2015101日(木)~1210日(木) 13:0016:15

      毎週木曜日開講で全10日間(115日のみ休講)

場 所: 東京大学本郷キャンパス 小島ホール1階 第1セミナー室

      東京都文京区本郷7-3-1

料 金

 会員:基礎コース20,000円、応用各回6,000

 一般:基礎コース27,000円、応用各回7,500

 

(基礎コース)

 講義時間 13:0014:30(休憩15分)14:4516:15 (4日間通しのコース)

 初日101日は12:50よりオリエンテーションを行います。

基礎1  101日(木)

「アーカイブズの意義とアーキビストの役割」

学習院大学大学院 人文科学研究科 教授 安藤正人

基礎2  108日(木)

「レコードマネジメントとアーカイブズ」

 (株)出版文化社 アーカイブ研究所所長 小谷 允志

基礎3  1015日(木)

「社史とアーカイブズ概論」

東京理科大学大学院 イノベーション研究科教授 橘川 武郎

基礎4  1022日(木)

「企業制度の発達と企業史料」

 東京大学名誉教授 武田 晴人

 

(応用コース)

 講義時間 13:0014:30(休憩15分)14:4516:15  

 応用3のみ 13:0014:30 14:4015:40 15:4017:00  

 応用1~6は、各日ごとに選択して受講できます。

応用1  1029日(木)

「資料の収集、評価・選別、管理と活用」

  麗澤大学大学院経済学研究科教授 佐藤 政則

応用2  1112日(木)

「ビジネスアーカイブズに関わる著作権等の法律について」

  ライツ法律特許事務所 弁護士・弁理士 伊藤 真

応用3  1119日(木)

「ビジネスアーカイブズでの資料の保存と管理」

  国立文化財機構東京文化財研究所保存修復センター副センター長 

佐野千絵

「資料の劣化要因と保存対策」

 (株)TTトレーディング テクニカルアドバイザー 神谷 修治

「経済学部資料室見学」

  東京大学大学院経済学研究科講師 小島 浩之

応用4  1126日(木)

「企業資料デジタル化の基礎知識 」

 尚美学園大学芸術情報学部准教授 樫村 雅章

「企業資料デジタル化の実践と課題」

  (株)堀内カラーアーカイブサポートセンター所長 肥田 康

応用5  123日(木)

「企業とミューアジアムの関わりについて」

  (株)丹青研究所文化空間情報部部長 石川 貴敏

「事例研究:企業博物館 製粉ミュージアム 記念館からミュージアムへ」

 (株)日清製粉グループ本社 製粉ミュージアム主幹 田中 良和

応用6  1210日(木)

「多様な価値を持つ企業アーカイブズとは」

 (公財)渋沢栄一記念財団 企業史料プロジェクト担当 松崎 裕子

「事例研究:社史編纂とアーカイブズ」

 東洋紡(株)コーポレートコミュニケーション室 松下 豊

 東洋紡(株)総務部社史資料室 村上 義幸

 

お申込み詳細は:

http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=14

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事