修復: 2014年11月アーカイブ

AMindexbycategory.jpg 

 

福井県文書館では、2007年以降の企画展示の内容をカテゴリー別に紹介しています。「近世」、「近代」「時代を通して」など9つのカテゴリーに分けられています。

 

たとえば、「資料保存」のカテゴリーの「むしばまれる資料」では、虫食いや酸性紙でもろくなった資料と和紙を使った修復事例などを写真入りで掲載。「和紙のちから」では、紙漉きの原理を応用したリーフキャスティング(漉き嵌め)という技法による紙の補強について順を追って紹介しています。

 

カテゴリー別 福井県文書館 収蔵資料紹介:

http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/08/m-exhbt/AMindexbycategory.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  background_tour141128.jpg

 

下記の通り開催されます。対象は、大学生、大学院生、短期大学生です。参加費は無料ですが、事前申込制で毎回先着15名です。

 

日時: 201524日(水) 13301530

     201526日(金) 13301530

会場: 国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園32号)

主催: 国立公文書館

内容(予定):

1)    国立公文書館紹介

2)    修復室見学

3)    書庫見学

4)    常設展・企画展(『明治の学び』)説明展覧

5)    所属学校に関する資料をみてみよう

 

お申込み受付は121日(月)から:

http://www.archives.go.jp/about/activity/background_tour.html

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  index141128.jpg

 

下記の通り開催されます。定員は先着順12名です。

 

日時: 20141217日(水) 14:0017:00

会場: 日本図書館協会会館 2階 研修室 (東京都中央区新川1-11-14

主催: 専門図書館協議会

講師: 岡本幸治先生(製本家、書籍修復家、アトリエ・ド・クレ主宰)

テーマ: 「図書館の現場で実践する劣化・破損資料の補修 <基本実習>

参加費: 専門図書館協議会会員は無料、非会員は3,000円、学生は1,000

 

お申込み詳細は:

http://www.jsla.or.jp/12-17/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  hyakumanntou.jpg

 

元特種製紙(現特種東海製紙)の宍倉佐敏氏(女子美術大学 特別招聘教授)が「紙の五大発明と洋紙原料の変遷」というタイトルで、(公)紙の博物館が発行する「百万塔」に投稿しています。(p3872)宍倉氏は和紙の研究や繊維分析の専門家ですが、製紙会社勤務時代から行っていた洋紙の分析も長い経験があり、今回は主に特種東海製紙Pamが所蔵する資料の分析結果を書いています。

 

「百万塔」149

発行日: 20141031

発行: (公)紙の博物館

判型: A5判、87

http://www.papermuseum.jp/

定価: 700

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  20141124session.jpg

 

TBSラジオで1124日(月)に放送された番組「荻上チキSession22」に絵画修復家 岩井希久子氏が出演しました。内容はポッドキャストにより配信されています。(収録時間は約35分) 岩井氏が絵画保存修復家になった経緯や、油彩を中心とした絵画修復にかかわる理念やさまざまな技術、保存方法などを紹介しています。

 

荻上チキ Session2220141124日(月)岩井希久子「絵画保存修復家とは?」Session袋とじ:

http://www.tbsradio.jp/ss954/2014/11/20141124session.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  spt_yoshidake2.jpg

 

国会図書館の東日本大震災復興支援活動、岩手県指定有形文化財「吉田家文書」の修復が20149月に終了しました。Facebookによる修復の記録をPDF(1.36MB)でサイトに掲載しています。

 

国会図書館「平成261110日 岩手県指定有形文化財「吉田家文書」の修復が終了しました」:

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/spt_yoshidake2.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

shuuhukuha14111.jpg

 

本書は、主に1900年以降の紙本作品の修復のうち、とくに「補彩」について、歴史的、倫理的、実用的な側面から解説している専門書です。著者はティナ・グレッテ・プールソンで、ノルウェーのオスロ・ナショナル・ギャラリー(現オスロ国立美術館)で保存修復の実習をしていたときに書いた論文に彼女が修正を加えたものです。現地の言葉では一部の人しか利用できないので、あえて英語で出版したそうです。

 

翻訳は、国宝装こう師連盟の工房の一つ、岡墨光堂です。同社の創立120周年の記念事業として、社内の有志が杉下 彩氏(元日本銀行金融研究所アーカイブ)の協力のもと翻訳をしました。監訳を㈱プリザベーション・テクノロジーズ・ジャパンの鳥海(大竹)秀美氏が担当しています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第1章      はじめに

2章 紙本絵画の補彩の歴史

3章 紙本絵画作品と歴史意識

4章 補彩の倫理

5章 補彩と復元の実際

6章 結び

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RETOUCHING OF ART ON PAPER 紙に描かれた芸術作品の補彩 修復は紡ぎだす詩』

著者: ティナ・グレッテ・プールソン

監訳: 鳥海秀美

翻訳: 岡墨光堂、杉下 彩

発行日: 201496

判型: A5判、207

発行者: 美術の図書 三好企画

http://homepage3.nifty.com/miyoshi-kikaku/book.html

価格: 2,800円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック