修復: 2014年3月アーカイブ

hakubutukannsiryou140331.jpg

 

神庭氏は東京国立博物館の学芸研究部資料保存課長です。15年前から同館に勤めるようになり、取扱い資料の点数が多いこと、収蔵庫や展示室も改善の余地があることなど、複雑に問題を抱える博物館業務の中から「臨床保存学」が生み出されたといいます。

 

本書は、臨床保存学に基づいて博物館における資料保存、保存環境の改善や修理保存、保存教育、環境保護と博物館などについて解説しています。著者は臨床保存学を東日本大震災後の被災資料の保全という実践にも活かしているそうです。

 

はじめに

1 章 博物館における資料保存の意義

1 節 文化財資料に求めるもの

2 節 保全をおびやかすリスクとは

3 節 臨床保存学の必要性

4 節 職業倫理

5 節 資料保存を支える専門家

2 章 環境と資料の状態診断

1 節 資料の保存公開と環境の関係

2 節 環境をモニタリングして状態を評価する

3 節 資料の調査診断と記録

3 章 環境と予防保存

1 節 環境を改善して資料を保全する

2 節 博物館資料を安全に輸送する

3 節 保存箱で安全な環境をつくる

4 章 劣化と修理保存

1 節 修理を行う前に状態を調査する

2 節 対症修理と本格修理の役割

3 節 修理報告書を作成する

4 節 本格修理の事例

5 章 教育と普及

1 節 保存活動の公開

2 節 保存教育

6 章 環境保護と博物館の役割

1 節 低炭素社会との共存

2 節 自然災害への対応

3 節 環境と調和する資料保存

 

『博物館資料の臨床保存学』

著者: 神庭信幸

発行: 武蔵野美術大学出版局

http://www.musabi.co.jp/books/463014/

判型: A5判、248

定価: 2,000円(税別)

発行日: 201441

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

recruit140326.jpg

 

東京文化財研究所は下記の通り有期雇用職員を募集しています。

1)   文化遺産国際協力センター 研究補佐員(壁画の保存修復および保存環境と劣化原因にかかる調査研究の補佐) 採用予定日は201461日、応募締切は2014416日です。

2)   研究支援推進部管理室 事務補佐員(総務担当、経理担当)

採用予定日は201461日、応募締切は2014417日です。

3)   文化遺産国際協力センター アソシエイトフェロー(文化遺産国際協力センター文化遺産国際協力センターが受託している文化遺産国際協力コンソーシアム事務局業務)

4)   採用予定日は201471日、応募締切は201459日です。

 

詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/recruit.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140317-2.jpg

 

国会図書館が資料保存専門職員の募集をしています。職務内容は、各種図書館資料の保存修復業務(製本実務を含む。)、資料保存(マイクロ資料、電子情報等、紙媒体以外の資料の保存を含む。)に関する企画・調査研究及び当該専門的知識を必要とする業務(国内外関係者への研修、外部関連機関との交流等)です。

受付期間は41日(火)~417日(木)です。(特定記録郵便による郵送のみ受付)

 

試験日は下記の通り。

第一次    511日(日) 教養試験

会場は東京大学教養学部、同志社大学田辺校地

合格発表は521日(水)

第二次    621日(土) 専門試験(記述式)、英語試験(記述式) 

会場は東京大学教養学部

合格発表は718日(金)

第三次    86日(水)または7日(木) 人物試験(個別面接)、適性試験 

会場は国会図書館東京本館

最終合格発表は813日(水)以降

 

受験資格は下記の通り。

1.昭和6042日から平成641日までに生まれた者

2.平成642日以降に生まれた者で次に掲げるもの

a.学校教育法による大学を卒業した者又は平成273月までに卒業する見込みの者

b.学校教育法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は平成263月までに卒業する見込みの者

c.館長がa又はbに掲げる者と同等の資格があると認める者

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/employ/index.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140317.jpg

 

東京国立博物館では2014330日(日)まで、平成館企画展示室にて特集陳列「東京国立博物館コレクションの保存と修理」を開催中です。これに合わせて、同館のスタッフが最新情報の発信をしている「1089ブログ」では、掛軸や大型の紙資料の対症修理の例を写真入りで紹介しています。

 

1089ブログ」:

http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/2014/03/12/%E6%9B%B8%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%BF%AE%E5%BE%A9%E3%81%A8%E4%BF%9D%E5%AD%98/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

event20140218.jpg

東日本大震災に伴う福島原子力発電所の放射能漏れに関して、東京文化財研究所は文化財の除染対策を検討してきました。第1回研究会が20133月で、第2回が2014212日でした。研究所では研究会成果の一部をウェブに公開しました。

パブリックコメントも募集しています。締め切りは2014320日。

詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/~ccr/news/event20140218radmeet/event20140218.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック