修復: 2011年7月アーカイブ

biwotutaeru1.jpg

 

本書は、文化財保護法施行60周年記念事業として、20105月に京都国立博物館で開催されたシンポジウム『美を伝える』をもとに出版されたものです。国宝や重要文化財などの修理がどのように行われているのかを紹介。文化財の修理は、目立たないようにするのが通例ですが、一点ずつの作品解説とともに、調査・修理方針・修理工程を一般の方にもわかりやすい言葉で解説しています。(文責 神谷)

 

おもな内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1部 美の修理

 これまでに行った修理例(彫刻、屏風、掛け軸、障壁画、巻子、文書、染織、模写)

2部 修理とは何か 村上 隆(京都国立博物館 学芸副部長)

 文化財修理がなぜ必要なのか?をわかりやすく説明

3部 材料と技術

 修理に必要な道具や材料、科学調査の紹介

コラム

 「平等院 護り、伝える、ということ」 平等院 神居文彰 住職

 「選定保存技術者」廣信織物有限会社・西村彌兵衛商店

 「これからの文化財修理がめざすもの」 京都国立博物館館長 佐々木丞平

 

用語集

基本的な構造と修理の手順

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『美を伝える―京都国立博物館文化財保存修理所の現場から』

編者: 京都国立博物館

判型: 200220mm、128

発行: 京都新聞出版センター

定価: 1,800円(税別)

 

『美を伝える―京都国立博物館文化財保存修理所の現場から』:

http://www.kyoto-pd.co.jp/pub/detail.php?pid=261

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11mukeisympo_inf.jpg

201193日(土)~5日(月)の三日間、「染織技術の伝統と継承―研究と保存修復の現状―」のタイトルで国際研究集会が東京文化財研究所で開催されます。

基調講演にはじまり、「染織技術をまもる」「染織品保存修復のいま」「染織技術へのまなざし」「染織技術を伝える」などのテーマで、内外の染織技術者や研究者など約20名の講演があります。

 

参加登録料は8,000円(学生5,000円)、お申込み締め切りは20117月末日です。

 

35回 文化財の保存と修復に関する国際研究集会

「染織技術の伝統と継承-研究と保存修復の現状」

 

会期: 201193日(土)~5日(月)

会場: 東京文化財研究所セミナー室

主催: 独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所

 

プログラムやお申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/~geino/kokusai/11mukeisympo_inf.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

pen110702.jpg

雑誌「Pen」7/15号(7/1発売)が、「読めばもっと楽しくなる 美術館の秘密」を特集しています。ルーヴル美術館やMoMA(ニューヨーク近代美術館)など海外美術館の最新情報ほか「表舞台を支える、知られざる立役者たち」と題し、キュレーターや展示デザイナー、照明デザイナーなどをレポート。美術館の施工会社や図書館員ほかも記事にしています。「保存修復」のページでは東京国立博物館の保存修復課長の神庭信幸氏を取材。現代の保存修復の仕事について紹介しています。(文責 神谷)

 

「Pen」:

http://pen.hankyu-com.co.jp/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック