修復: 2011年5月アーカイブ

AMindex.jpg

福井県文書館では69日の国際アーカイブズの日にちなみ、「伝えたい 私たちの記録―身近な資料の劣化と保存」展を開催しています。身近な紙資料の劣化例として、ステープラーの錆やセロファンテープによる文書の劣化、水害に遭った古文書などを展示し、簡単な修復方法や保存のポイントなどを紹介しています。会期は2011527日(金)~622日(水)まで。入館無料。(文責 神谷)

 

「伝えたい 私たちの記録―身近な資料の劣化と保存」

http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/08/m-exhbt/AMindex.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

#1304320591-606002.jpg

 

テーマ: 被災文化財救済の初期対応の選択肢を広げる ―生物劣化を極力抑え、かつ後の修復に備えるために―

日時: 2011510日(火)13301700

場所: 東京文化財研究所 地下会議室(またはセミナー室)

お申込み締切は5月6日(金)。

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1330 開会あいさつ

13401420 フリーランス・パパーコンサバター 坂本 勇氏

「インドネシア・アチおよび東北の大津波で被災した文化遺産の救出活動について」

14201500 東京大学大学院農学生命科学研究科 江前敏晴氏、と東嶋健太氏

「紙文書類のカビ抑制に与える塩水の効果について」

1515 紙修復家 谷村博美氏

「プラハ洪水の際、被災文化財レスキューに使われたスクウェルチ・パッキング法」

16001700 情報交換・意見交換

 

コメンテーター(順不同):

高妻洋成氏(東京文化財研究所)、青木睦氏(国文学研究資料館)、日高真吾氏(国立民族学博物館)、岡泰央氏(国宝修理装こう師連盟)、木島隆康氏(東京藝術大学)、今津節生氏(九州国立博物案)、山下好彦氏(東洋文化財研究所客員研究員)、山口孝子氏(東京都写真美術館)(ほか交渉中)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申し込みは:

http://www.jcpnpo.org/topics/#1304320591-606002

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事