修復: 2010年2月アーカイブ

 

 

shashinnhozonn.jpg

 

著者は京都造形芸術大学 歴史遺産学科の准教授で、絵画や書跡、古文書の材質構造、技法、修復に使用する材料や技術、想定の歴史、様式などを中心に研究しています。以前に勤めていた修復工房時代の1991年に東京富士美術館写真コレクションの保存事業に携わったことが写真保存との出会いです。20071月に開催された、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会資料保存委員会・近畿部会の例会での発表が本書を執筆するきっかけになったといいます。

 

「なぜ写真を残すのか」という話に始まり、事前の調査票の作成、写真(プリント)の種類識別、劣化や損傷、保存環境の整備から修理にいたるまで、写真保存の実際を具体的に解説しています。後半ページにはプリントの劣化や修理の豊富な事例をカラー図版で解説。

 

写真の保存・修復を実際に手がけた多くの経験の中から、さまざまな保存対策が初心者にもわかりやすい形で書かれています。たとえば、「修理・処置」の項目では、物理的な劣化・損傷に対する処置として、「本紙欠失/膜面欠失」や「破れ」、「折れ」などに対する具体的な修理・処置が紹介されています。

 

著者から:「写真保存の実務がテーマなので、現場ですぐに使えるような内容にしました。写真の保存というと、どうしても技術にかたよりすぎてしまうので、技術を適用するための前提である「何のために写真を保存するのか」にページを割きました。この本はプリント写真を対象にしていますが、近い将来、ガラス乾板などネガの保存についてもまとめてみたいと思います。」(大林賢太郎さん)

(文責 神谷)

 

 

主な内容---------------------------------------------

まえがき

序 章 「写真を保存する」とは

第1章 調査票の作成

第2章 プリントの種類の識別

第3章 写真の劣化・損傷

第4章 写真の保全

終 章 再び「写真資料を保存する」とは

写真図版(図表)

コンパクト解説

参考文献

あとがき

 

『写真保存の実務』

大林賢太郎 著

ISBN978-4-87294-595-9 C0014

20101月発行 初版1,200

5判、127

岩田書院

http://www.iwata-shoin.co.jp/

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

hayashibaratop.jpg

 

㈱林原生物化学研究所(岡山市中区)は、(独)東京文化財研究所(東京都台東区)、㈱岡墨光堂(京都市中京区)と共同で古糊(ふるのり)を開発しました。古糊は文化財の仕立てや修復に欠かせない接着剤です。通常、小麦のでんぷんを水に溶かし鍋で加熱、焦げないようにかきまぜてできたものが新糊と呼ばれ、本紙の裏打ち紙の接着に使われます。新糊を土中の甕(かめ)の中で10年寝かせると、作品を傷めない程度に接着力が落ちた古糊になるといわれています。乾燥後も硬くなりにくいので掛け軸や巻物などの2層目以降の裏打ちに使われる接着剤です。

 

林原研究所によると、古糊の熟成過程で酵素(古糊様多糖)が関与していることを確認。安全性を調べるため4年近くの経過観察をしたのち商品化。「新古糊」は約2週間で製造できるといいます。

価格は250gで10,000円(税別、送料込)

 

詳細は林原グループ(プレスリリース)で : http://www.hayashibara.co.jp/

 

参考文献 : 文化財保存修復学会 第28回大会研究発表要旨集P019(2006.06)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 hozonntoshuuri.jpg

東京国立博物館では、所蔵コレクションの保存と修理に関する活動を紹介する目的で、特集陳列 「東京国立博物館コレクションの保存と修理」を開催します。会期は2010316日(火)~59日(日)です。2001年から始めて今回で10回目になります。

企画展の関連事業で、318日(木)と19日(金)に見学ツアー「保存と修理の現場へ行こう」が開催されます。文化財の保存と修理についての解説と修理室の見学会です。刀剣や書画の修理やX線調査など日頃は見ることのできないバックヤードの現場を見学できます。参加費は無料、各回定員40名、事前申し込みが必要です。(文責 神谷)

 

詳細は:

http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=C01&processId=00&event_id=7360

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック