国際フィルムアーカイブ連盟が「オーラルヒストリー・プロジェクト」のガイドラインを公表しています。

Oral-History-Project-Guidelines.jpg

 

映画フィルムを破壊や散逸などからまもるために結成された国際組織fiafInternational Federation of Film Archives:国際フィルムアーカイブ連盟)が2004年に開始した「オーラルヒストリー・プロジェクト」(映画の歴史研究のため、関係者から直接話を聞き取り、記録してまとめるプロジェクト)のガイドラインを公表しています。

 

内容は、計画と調査からインタビューの準備項目、インタビュー後の手続きなどとなっています。リンク先にA45ページのpdfファイル(46.2KB)も用意されています。

Fiafの日本会員は、東京国立近代美術館と福岡市総合図書館の2館です。

 

FIAF Oral History Project Guidelines(英語):

http://www.fiafnet.org/pages/History/Oral-History-Project-Guidelines.html?PHPSESSID=q36c8k7b6booeq6pmoim69a8p7

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国際フィルムアーカイブ連盟が「オーラルヒストリー・プロジェクト」のガイドラインを公表しています。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1553

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事