『和紙文化研究』24号が発行されました。

170227.jpg

 

和紙文化研究会が発行している『和紙文化研究』の24号が昨年末に発行されました。

 

内容は、

顕彰 久米康生先生の業績  和紙文化研究会編集委員会編

月例会における講義の記録・著作一覧・著作紹介

【月例会・特別公演】

一七世紀オランダ東インド会社のアーカイブにみられるオリエンタルペーパーについての考察  

安田智子

【月例会・会員発表】

戦国時代の紙と武将  宍倉佐敏

伊藤若冲が愛用した画紙について

―早期から晩年までの九作品の料紙観察・検証―

付論:若冲の筆についての考察  景山由美子

【報告】

6回ミニ研修会「菊池襖紙工場を訪ねて」  阿久津智広

和紙文化研究会活動概要

会則

 

『和紙文化研究』24

判型: A5判、100

価格: 1,500

発行月: 201612

発行: 和紙文化研究会

http://washiken.sakura.ne.jp/admission/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『和紙文化研究』24号が発行されました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1573

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事