市民活動資料センター「市民アーカイブ多摩」がセミナー「アーカイブを市民の力に―道場親信の仕事と私たち―」を開催します。

indexa161225.jpg

 

下記の通り開催されます。ご参加には資料代500円(学生・会員無料)がかかります。

タイトルに出てくる道場親信さんは和光大学の教授で、市民アーカイブ多摩の設立時の運営委員として市民活動資料センター開室への運動に関わってこられましたが、本年9月に49歳の若さで急逝されました。

 

日時: 201719日(月・祝) 13301630(開場1315

会場: 一橋大学職員集会所(JR国立駅南口徒歩8分)

プログラム:

「成田空港問題"歴史伝承委員会"で残したこと」

 波多野ゆき枝さん(NAA歴史伝承委員会)

「"市民・住民運動資料研究会"等の活動を通じて」

 平川千宏さん(元国会図書館職員、住民図書館運営委員)

「東京南部サークル運動資料と道場さん

 ―文化工作研究会との関わりを中心に」

 山本唯人さん(青山学院女子短期大学助教)

「3人の報告を受けて-道場さんにとっての市民アーカイブ」

 杉山 弘(ネットワーク・市民アーカイブ)

 

司会:町村敬志(一橋大学、ネットワーク・市民アーカイブ)

 

詳細は:

http://www.c-archive.jp/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 市民活動資料センター「市民アーカイブ多摩」がセミナー「アーカイブを市民の力に―道場親信の仕事と私たち―」を開催します。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1509

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事