神戸大学人文研究科 地域連携センター 第15回 歴史文化をめぐる地域連携協議会のお知らせ

osirase161227.jpg

 

神戸大学大学院 人文研究科 地域連携センターが下記の通り研究会を開催します。参加費無料ですが、助以前申し込みが必要です。

 

タイトル: 第15回 歴史文化をめぐる地域連携協議会

       地域歴史文化をめぐる〈場〉―つながりを生み出す環境づくり―

日時: 2017129日(日) 11:0017:00

会場: 神戸大学瀧川記念学術交流会館(地図は下記参照)

主催: 神戸大学大学院人文学研究科・同地域連携センター

共催: 兵庫県教育委員会・COC+ひょうご神戸プラットフォーム協議会・

科学研究費基盤研究S「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立

──東日本大震災を踏まえて」研究グループ(研究代表者・奥村弘)

 

プログラム:

 11:00 開会挨拶  内田一徳(神戸大学理事/副学長)

 11:05 主催者挨拶 増本浩子(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター長)

 11:10 趣旨説明  奥村 弘(神戸大学地域連携推進室長)

□第1部 活動報告

11:20 活動報告① 伊藤導三(氷上古文書同好会代表世話人)

           「氷上古文書同好会の活動の経緯―結成から区有文書目録の完成まで―」

11:40 活動報告② 中島雄二(朝来市生野支所地域振興課参事・生野書院副館長)

          「歴史遺産を活かしたまちづくり」

12:00 質疑応答

12:10 昼食・交流会

□第2部 協議会「地域歴史文化をめぐる〈場〉―つながりを生み出す環境づくり―」

 13:10 問題提起 木村修二(神戸大学大学院人文学研究科特命講師)

 13:20 報告① 石野律子(神奈川大学日本常民文化研究所/地域史料保全有志の会副代表)

         「村が経糸、会が緯糸となって織り成す栄村歴史文化館」

 14:00 報告② 進藤輝司(三木古文書研究会)

         「襖下貼り文書の解読と市史編さんボランティア」

 14:20 コメント 川内淳史(神戸大学大学院人文学研究科特命講師)

         「自治体史編さんという〈場〉―三木市における地域活動と歴史文化―」

 14:30 報告③ 井上舞(神戸大学大学院人文学研究科学術研究員)

         「生野書院という〈場〉での古文書整理」

 14:50 報告④ 大津留厚(神戸大学大学院人文学研究科教授)

         「青野原俘虜収容所研究と地域社会―15年目の総括―」

 15:20 休憩・交流会

□第3部 全体討論

 15:50 討論(司会:木村修二+前田結城)

□情報交換会

 17:3019:30 (瀧川記念学術交流会館1階食堂/会費制)

 

詳細は:

http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~area-c/osirase.html#170129

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 神戸大学人文研究科 地域連携センター 第15回 歴史文化をめぐる地域連携協議会のお知らせ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1518

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事