オーストラリア国立海洋博物館におけるデジタル・データの保存

indexb161130.jpg 

 

オーストラリア国立海洋博物館の紙資料収蔵庫の温湿度管理は2350RHです。にもかかわらず、写真のネガフィルムは長い年月で加水分解を起こし、酢酸を発生させ(ビネガーシンドロームと呼ばれる)、変色や変形がすすんでいます。

フィルムはそれ以上の劣化を食い止めたり元に戻したりすることができなくなるので、ネガの劣化を最小限に抑えるため、デジタル化により画像の情報を保存。ファイル形式はTIFFです。

変形したフィルムはアクリルのPerspexシート(*)で挟んでスキャンしています。TIFF画像はPhotoshopでコントラストや明るさ、色などを調整したのちJPEGに圧縮しオンラインコレクションで共有できるようにしています。ネガは中性紙封筒に収納し、冷蔵庫に収蔵されています。

Perspexは英国のアクリル樹脂メーカーのブランド名です。

 

Digital preservation(英語):

https://anmm.wordpress.com/2016/11/14/digital-preservation/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オーストラリア国立海洋博物館におけるデジタル・データの保存

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1486

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事