㈱金剛が情報誌「PASSION」VOL.38を発行

161111_1525_001.jpg

 

オフィスや文化施設関連設備の製造・販売をしている㈱金剛が情報誌「PASSIONVOL.38(A4 40ページ)を発行しました。今号の特集は「平成28年熊本地震」です。熊本地震は今年414日に発生し、2日後に震度7の本震が発生しています。熊本市に本社・工場を置く同社も被災し、復旧もままならない中で本誌を編集したそうです。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

01巻頭特集 平成28年熊本地震 震災資料を次世代へ 災害から生まれるもの

                     ―新たな郷土史の萌芽

                  宮脇薫子(金剛㈱ 社長室)

02図書館 インタビュー "図書館のプロ"として地に足がついた復旧作業

                   奇をてらわず、図書館の役割をしっかりと

               白浜香織(熊本市立城南図書館)

              津村秀夫(熊本市立城南図書館)

              北嶋千夏(熊本市立城南図書館)

03図書館 インタビュー 地震から得た学び 

                  震災時に取るべき図書館職員のアクションとは何か

                笠 彩子(熊本大学附属図書館)

                 田中まゆみ(熊本大学附属図書館)

                廣田 桂(熊本大学附属図書館)

                大木 綾(熊本大学附属図書館)

04図書館 インタビュー 日常業務の延長線上に見えた、災害時の図書館の役割 

                 収集・整理・分類・公開―情報を届けるプロがいる場所

              宮野 薫(大津町立おおづ図書館)

05図書館 インタビュー 県下図書館の被災・復旧の概況と今後の教訓について 

                有事にこそ見えてくる"図書館の価値"

             山田美幸(熊本学園大学)

06文化施設 インタビュー 被災文化財の救援 

    「IPM」から「防災・危機管理」へ

    ~被災文化財を救う県境を越えた平時のネットワーク

           本田光子(九州国立博物館)

07文化施設 インタビュー 熊本に息づく郷土史への自負心 

                熊本史料ネットと被災文化財救援事業

            稲葉継陽(熊本県被災史料レスキューネットワーク代表) 

08公文書館 インタビュー 熊本地震を通じて見えた公文書保全の課題と展望 

              災害に強い地域社会を作り出す公文書の可能性 

          橋本竜輝(天草アーカイブズ)

平成28年熊本地震での自社および自社製品の被害状況について 

         小田部 隆(金剛㈱)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お問い合わせは:

http://www.kongo-corp.co.jp/passion/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ㈱金剛が情報誌「PASSION」VOL.38を発行

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1466

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事