月刊誌「博物館研究」が「復興への道と博物館の役割」と震災を特集しています

hakubutukann161020.jpg

 

日本博物館協会の月刊誌「博物館研究」が「復興への道と博物館の役割」と震災を特集しています。

 

特集の内容は、

・巻頭エッセイ 福島県の被災博物館と「震災ミュージアム」  菊地芳朗

・震災から復興へ―山田町立鯨と海の科学館の再開館に向けた取り組み  

湊 敏 川向聖子 松井敏也

・博物館が復興に果たす役割  山内宏泰

・東日本大震災・原子力発電所事故からの資料保全への取り組み

―東日本大震災から5年を経過して  三瓶秀文

・科学博物館は自然災害をどのように伝えていくべきか  佐藤公

 

詳細は:

https://www.j-muse.or.jp/03books/ms.php

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 月刊誌「博物館研究」が「復興への道と博物館の役割」と震災を特集しています

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1447

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事