シンポジウム「なぜ地域資料を保全するのか」を福島大学と富岡町が開催します

14681915_509433665928936_6491141468350353165_o.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

シンポジウム「なぜ地域資料を保全するのか」

 

日時: 20161022日(土) 13001615

会場: 福島大学附属図書館1階ラーニングコモンズ1

内容:

開催趣旨 柳沼賢治(福島大学うつくしま

ふくしま未来支援センター 特任准教授)

  基調講演 徳竹剛(福島大学行政政策学類准教授)

  報告

  三瓶秀文(富岡町富岡町教育委員会主任学芸員)

   「富岡町の歴史資料保全活動と今回の企画展の内容」

  佐藤新(福島大学行政政策学類4年)

   「歴史資料の保全活動に参加して」

  菅家美和子(歴史資料保全活動参加ボランティア)

   「富岡町の歴史資料に接して」

  吉岡崇(埼玉県杉戸町役場・他自治体復興支援職員・

元富岡町歴史・文化等保存プロジェクトメンバー)

   「内と外からみた歴史・文化等保存プロジェクト」

  大原弘道(富岡町民資料寄託)

   「地域の歴史資料の保全活動に期待すること」

パネルデイスカッション

 コーディネーター 阿部浩一

(福島大学行政政策学類教授・富岡町文化財保護審議会会長)

 パネリスト 徳竹剛 三瓶秀文 門馬健 佐藤新

        菅家美和子 吉岡崇 大原弘道

 

1022日(土)から30日(日)まで、企画展「~地域の大学と町役場の試み ふるさとを 想う まもる つなぐ」が福島大学附属図書館1階資料展示エリアで開催されます。時間は100016001022日は1100から、1030日は1500まで)です。入場無料です。

 

詳細は:

https://www.facebook.com/events/560646627477923/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンポジウム「なぜ地域資料を保全するのか」を福島大学と富岡町が開催します

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1443

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事