日仏共同研究『日本とフランスにおける手漉き紙の技術:その理解、使用、保存』を昭和女子大学で開催します

776921832410564.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 20161030日(日) 9301730

会場: 昭和女子大学 研究館7702教室

 

予定講演: 順不同

■明治時代の製紙工業揺籃期について

増田勝彦(元昭和女子大学大学院教授・東京文化財研究所名誉研究員)

■懸垂短網抄紙機による楮紙の製造方法について

有吉正明(高知県立紙産業技術センター主任研究員)

■作品に使われる"洋紙"の例およびその損傷

 川村朋子(山領絵画修復工房 紙本修復家)

1750~1860 頃の西洋における伝統的な紙から近代的な紙への移行

ジャック・ブレジュー(ムーラン・デュ・ヴェルジェ紙漉き師)

■異なる製紙機械の比較と、生産される紙の品質への影響

ジャン=クロード・ルー(フランス国立グルノーブル INP パゴラ製紙技術大学校教授)

■紙の製造法は、洋書籍の挙動へどう影響するのか

 ナディーヌ・デュマン(洋装丁・製本修復)

■本共同研究の今後の展開

ヴァレンティーヌ・デュバール(ルーヴル美術館 紙本修復室責任者)

参加費: 500

 

お申込み詳細は:

https://www.facebook.com/washibunka/posts/776921832410564

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日仏共同研究『日本とフランスにおける手漉き紙の技術:その理解、使用、保存』を昭和女子大学で開催します

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1438

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事