新潟大学が災害・復興科学研究所シンポジウム「災害史研究と資料保存」を開催します。

indexa161006.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日 時: 平成281211日(日) 130017:50

場 所: 新潟大学 五十嵐キャンパス総合教育研究棟 大会議室

内容:

タイトル 「災害史研究と資料保存」

報告

矢田俊文 新潟大学災害・復興科学研究所

安政2 年江戸地震と安政3 年台風

中村 元 新潟大学人文学部

1964 年新潟地震と歴史資料―20 世紀後期日本の災害を歴史学から考えるために―

三村昌司 東北未来大学モチベーション行動科学部

東京足立の災害史と郷土史

蝦名裕一 東北大学災害科学国際研究所

岩手県・宮城県における被災資料保全と歴史津波研究

原田和彦 長野市立博物館

善光寺地震と2014 年長野県北部地震資料保全

添田 仁 茨城大学人文学部

関東・東北豪雨水損文書に刻まれた水害史

田中洋史 長岡市立中央図書館文書資料室

昭和36 年豪雪・長岡地震・集中豪雨・第2室戸台風の記録写真

       -長岡市災害復興文庫・歴史公文書と災害史研究-

パネルディスカッション

司会 矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所)、パネラー 報告者

 

詳細は:

http://www.niigata-u.ac.jp/news/event/2016/24623/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新潟大学が災害・復興科学研究所シンポジウム「災害史研究と資料保存」を開催します。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1425

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事