地域歴史文化大学フォーラム「地域歴史文化継承における大学と研究機関の役割~広域災害への備えと人材育成~」が開催されます。

2016_11_12_01.jpg

 

神戸大学では、災害からの地域歴史文化資料の保全や、その担い手を育成するため、大学間や大学共同利用機関の連携による基盤の構築のためのフォーラムを開催します。定員70名、事前申し込み制で、お申込みの締め切りは2016117日(月)です。

 

開催概要

日時: 20161112日(土) 1300

会場: 神戸大学文学部C棟5F大会議室・参加無料

   奥村 弘(神戸大学地域連携室長)

   佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所准教授)

   伊藤昭弘(佐賀大学地域学歴史文化研究センター准教授)

   寺内 浩(愛媛大学法文学部教授)

主催: 神戸大学大学院人文学研究科

     神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター

共催: 人間文化研究機構(国立歴史民俗博物館・国立民族学博物館)

     東北大学災害科学国際研究所

     COC+ひょうご神戸プラットフォーム協議会

協力: 科学研究費補助金基盤研究S

     「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」研究グループ

 

お申込み詳細は:

http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/event/2016_11_12_01.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 地域歴史文化大学フォーラム「地域歴史文化継承における大学と研究機関の役割~広域災害への備えと人材育成~」が開催されます。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-tb.cgi/1421

コメントする

株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事